PixAI.artの登録方法からエロ画像を生成できる使い方まで完全解説致します

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

PixAI.artの登録方法からエロ画像を生成できる使い方まで完全解説致します

AIエロ

みねぢる 5 99,380 2024/03/03
※リンクにはアフィリエイト広告が含まれる場合があります


無料でチャチャっとAIグラビアを作りたい人にはPixAI.art(以下Pixai)がオススメです。複雑な操作や設定をしなくても、スマホ一台でエロ画像が簡単に生成できます。

この記事では、登録方法から使い方まで分かりやすく解説します。主要な機能だけでなく、細かな部分についても分かりやすく説明していますので、さっそく見ていきましょう。

ただし現在は利用規約が変わり、スマホアプリ版はエロに厳しくなりました。ただPCではリアル系のエロ画像が規制されても、微エロのセクシー画像は作れます。本記事で作っているようなリアル系のビキニガールや下着画像くらいなら、現状でも作れます。

二次元の絵はアニメ系から2.5次元くらいまでは寛容です。PCからのアクセスは今まで通りのエロ画像が作れます。

AIの世界は移り変わりが早いので、またエロエロOKになるカモです。その辺りは注視して動きがあり次第、また追記解説して行きますね。

PixAI.artとは

海外の無料画像生成サイトです。日本語に対応しているので使いやすく、複雑な操作をしなくても豊富な機能が使えます。それでいて奥が深く、初心者から上級者まで幅広く利用できます。

画風

リアルな実写系から可愛いアニメ絵まで幅広く対応しています。個人作成のモデルやLoRAも選べて、さまざまな画風を作れます。

利用方法

アカウント登録だけで使えます。

難易度:簡単

短いプロンプトでも良いエロ画像が出ます。

料金

無料で枚数制限なし!

商用利用

基本的にOKです。細かな条件は規約ページを参照にしてください。
モデルマーケットにある個人制作のモデルとLoRAは、商用利用NGの場合もあるので使うときは確認しましょう。

エロ許容度

とても寛容です。
こんな画像が作れます。
 




現在はリアル系のフェラ画像を直接出すのは難しくなりましが、i2iするなど抜け道はあります。

セックスする機会がない?
セフレを作ってみたい?

今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。日々エロ目的の男女を大量マッチングし続けてるサイトがワクワクメールです↓
ワクワクメール

健全なイメージですが、実はエロ度が高めなことで界隈では有名。
初心者は余裕をもって5,000円程度の課金がおすすめ!
即セックスやセフレを求める女の子にもピンポイントでアプローチできます。

\法令遵守サイトなのでプロフィール設定と年齢認証は必須です/

登録方法の解説

 
まずはPixAIのトップページにアクセスします。
右上のログインボタンか生成ボタンを押すと、自動的にログイン画面になります。

 
メールアドレス(捨てアドでもOK)で登録したい人は「新規のユーザー様はこちらへ」をタップします

もしくは画面の下にある

 
Google
Discord
Twitter

どれかのアカウントと連携させて使う事も出来ます。

登録するとプロフィールページにアクセスできますので、ニックネーム/名前を編集して保存します。

これで画像を生成できるようになりました。
メアドの確証は、してもしなくても大丈夫です。

 
まず始めに設定画面で、成人向けの表示をオンにします。
ブラーはエロ画像をぼかして表示するかどうかです。電車とか人の多い所ではオンにして置いた方がベターでしょう。オフにするとエロ画像でも気にせず表示してくれます。

左上のPボタンをタップしてトップ画面に戻ります。

まずは2.3枚画像を作ってみよう。

 
トップページは画像掲示板としても使えます。好きなキーワードを入れて検索すると、他の人の作った画像を見れます。

検索だけじゃなくてプロンプト入力画面にもなっていて「ビキニギャル」と入力して生成ボタンをタップしてみましょう。ちなみにプロンプトはAIにこんな画像を作って欲しいと指示する言葉の事です。

 
すぐに生成画面ページに移り、画像ができあがります。

今回の画像は初期設定のままで生成されました。画面を下にスワイプすると各種設定がありますので、他のイラストを作りながら基本的な機能を解説します。

イラストのプロンプト

 
ここに入力された言葉(プロンプト)を元にAIが画像を生成します。簡単な日本語なら大丈夫ですが、英語の方がAIの作る画像のクオリティーが高いです。DeepL翻訳などのツールを使い翻訳してから利用するといいでしょう。

高優先度

 
チェックを入れていると生成スピードは早いですが、クレジットの消費量も増加します。たくさん画像を作りたい人は、チェックを外しておきましょう。スピードは混み具合によって数分から数十分と大きく変わります。

画像枚数

一括(×4)と単一があり、慣れないうちは一枚ずつ丁寧に作成しましょう。

画像サイズの変更

 
画像サイズは縦横比を3種類から選べます。正方形が一番安定します。縦長は人物にフォーカスした構図。横長は人物だけじゃなく背景も含めた構図を作るのに適しています。

モデルについて

 
モデルは画風だと思ってください。変えることにより全く違う画像になります。モデルは最新の物を利用できるように、頻繁に入れ替わっています。現在もアニメ系ではSDXLという高性能な画像が作れるモデルも追加されています。
実写系のAIグラビアが作れるモデルは

PixAI Real Asian Style
Pixai Real V4.0
majicMIX realistic
PixAI Real Western Style

この辺りです。もしトップ画像に表示されてなくても、モデルの検索からサーチすれば見つけられます。

Pixai Asian Real Mix V2.0

日本人系のアジア顔が得意なモデルです。
基本はPixai Asianを使っておけばOKです。

V2.0からV3.0、そしてPixAI Real Asian Styleへと順次アップデートされてきたモデルです。最近はマシですが、プロンプトを練り込まないと顔が崩れる事があります。そんな時は顔修正機能を有効にしたり、ハイレゾ機能を使うなどしたりの小技を使うとかなり安定してます。

モデルマーケットからは旧バージョンのPixai Asian Real Mix V2や3が選べます。

↑みたいなAIグラビアでよく使われているモデルっぽい顔の女の子が生成されますので、こちらもお好みで使い分けてみるといいでしょう。

こちらのページから「このモデルを使用する」で使えます。

Pixai Real V3.0

デフォルトだとちょっと東南アジア系だったり、外人の雰囲気が入ったりした顔立ちで出力されます。japaneseとプロンプトに足せば日本人風の顔が出てきます。

上記の2つ以外はアニメ系のモデルで、横にサムネイル画像がありますが、何がどう違うか分かりにくいです。どれを使ったら良いのか分からない時は、とりあえずAnything V5がオススメです。

V5で作成

モデルは頻繁に増減&アップデートしますので、色々なモデルに触れておくといいでしょう。

もし、トップページからお気に入りのモデルが消えても、暫くしたらモデルマーケットでそっと復活している場合もありますのでチェックしてみましょう。

ネガティブプロンプトについて

プロンプトの反対で、描いて欲しくない物を指定するのがネガティブプロンプトです。自動で入っているので特に弄る必要はないのです。

ただし、nsfw(職場で見られないエロ画像の意味)だけは別です。一部のモデルにはnsfwの文字が入っています。この文字があるとエロ画像が出てこないので、手動で消しておきましょう。

クレジットについて

 
画像生成で使うクレジットは、毎日、朝9時以降に1万分もらえます。使用しない分は、翌日に持ち越されます。

クレジットは時間を短縮する高優先度での消費が一番多いです。後は画像の設定を変えて生成したり、バリエーションを作成したりする時など、何か作業をするのにクレジットを消費します。

Sampling MetodをEulerなどに変更すると、クレジット消費をゼロにして画像を作れます。

クレジットは買う事ができず配布以外の入手方法は、たまにあるアンケートやイベント、もしくはSNSで画像がバズると貰えます。

 
プロンプトを入力して、モデルを選び、クレジットを消費して画像を生成するのが、基本の流れです。後は好きに画像を作っていきましょう。

i2iについて

 
初歩的な部分は一通り解説しましたので、細かな機能を説明します。まずは設定の一番上にある参考画像ですが、ここはi2i機能が使えます。i2iはimage to imageの略語で、画像を元にして新しい画像を生成する機能です。

自分が生成した
アップロードした
掲示板で見かけた

この3種類が使えます。

今回は私が作った画像を使います。


Strengthでどの程度、元画像を参照にするかの数値です。数値が低いほど元画像の影響を受けて、ゼロにすると全く同じ画像が出てきます。

まずは初期設定の0.55のままで作ります。


顔が少しチェンジしたくらいの効果です。
生成モデルを変えた効果を少しだけ受けました。


0.7〜0.8位なら元ポーズがちょっとアレンジされた感じになりました。
ビキニの色が変わったりもしてます。


1まで数値をあげると、元要素は全く引き継ぎません。ビキニを着ているのはプロンプトの指示に従っているからですね。
ビキニからセーラー服にプロンプトを変更してみます。


0.75くらいが元画像とプロンプトの両要素を受けた画像が生成されやすいです。リアルな絵をアニメ絵に変換するなら0.8くらいで上手く変わってくれます。

編集レタッチで描く


画像をアップロードしてから横にある「描く」ボタンをタップすると、画像を編集できます。編集画面で使える機能はペンと消しゴムがあります。上部のボタンで切り替えられます。間違えたり塗りがはみ出した場合は左の矢印ボタンを押すと巻き戻せます。

試しに先ほどの画像でビキニの部分を青っぽく塗り、完成したらdoneをタップします。

 
0.55で再生成すると、ビキニの色が塗った青色に引っ張られて変わりました。
出来た画像の色合いが気に入らない時は、何度か生成してみましょう。

次は髪の色を変えます。

できた画像をダウンロードして、またアップして、また描くをタップして…
この手順は、もっと簡単にできます。


できあがった画像の右上にあるアイコンからできます。
ついでに左から説明します。

左のペンマークは「編集(レタッチ)」の画面に
真ん中の四角は「ベース画像として使用」でi2iに送れます
右はゴミ箱で画像の消去


ペンマークをタップして編集画面から、同様の手順で髪の毛を塗ります。


ピンクの髪の毛にチェンジできました。
良い画像ですが、下のビキニから毛が出ているので除去します。

消しゴム機能で消す


編集画面で、微妙にはみ出ている部分を消しゴムで消して再生成します。


綺麗にハミ毛が消えました。かなりの精度で対象物を消してくれます。

マスク機能


画像の任意の場所を変えるのがマスク機能です。
女性の髪を一部白く塗って「add hair ornaments(髪飾りを足して)」と入力して生成します。


髪飾りが足されましたが、なぜかイヤリングの形も変わりました。元の方がよければ再度マスク機能を使いイヤリングだけを塗ってハートの形に変える事もできます。

ポーズを選んで好きな体勢を取らせよう


自分が選んだポーズを参考にして画像を生成してくれます。以前は棒人間にポーズを解析するだけでしたが、顔のパーツと手の指情報も読み取れるようになりました。

この機能は現在はControlNetに移動して、OpenPose Full(棒人間)になりました。任意の画像を選ぶのではなく、自分の用意した画像から棒人間の要素を細かく抽出してくれます。従来の簡易的な棒人間機能も残っており、画像により使い分けると良いでしょう。

以前の記事で作るのに苦労した、顔の一部を手を隠すポーズも格段に出しやすくなってます。似た感じの構図があるので試してみます。



ちゃんとポーズを参考にして、作ってくれました。
ただ、指だけは相変わらず苦手みたいで、この機能でも反映されない時もあります。

サイトにあるポーズだけではなく、自分で用意した画像も使えます。
私が以前PixAIでつくった画像をアップロードします。




画像を解析して自動で棒人間になりますから、そのまま生成します。




同じような構図で画像が作れます。
実写系だけじゃなくて、アニメ系にもつかえます。

その他のコントロールも使おう


画像のアップロードの下から選べる、その他のポーズコントロール8種類を解説します。

Canny(輪郭線抽出)


元画像から線画像を出して別の画像にします。色合いや画像のタッチを少しだけ変えたい時に使うといいでしょう。
先ほどの女性の下着を白から黒に変えてみます。


線画を参照して下着の色だけ変わりました。髪や下着の色とか、言葉で指示を与えやすい変更は、マスク機能よりも使いやすいです。

画像の下にある「比重」はどれくらい元画像を参考にするかの数値でデフォルトは1です。0に近付くほど元画像を参照にする比重が減ります。

Depth(深度情報付き)


Depthは画像の奥行き情報を元にして、新しい画像を生成します。

線画とは違い全体の深度情報から画像を生成するので、細部だけじゃなく大幅な変更もできます。


元画像を白人女性にしました。


同じ構図のまま縄を足してSM風の画像に変えたりもできます。

他の棒人間などと合わして使えば、再現が難しい横向けや、後ろ向きのポーズを作るのにも適しています。

HED(輪郭抽出)


線画よりもざっくり輪郭線だけを抽出してくれます。元画像のイメージを大きく変えずに新しい画像を作るのに適しています。

猫耳は棒人間の解析で反映されないですし、Depthでも位置によっては認識が難しいものもあります。


似た感じで再構築してくれました。

mlsd(直線抽出)


建物とか直線で書かれた物体を描くのに向いている機能です。エロでは使わないです。背景をオリジナルで作りたい人は使うかもです。



一応やってみました…
ですが、何となくラインが反映されている気もしますが、普通に画像が生成された感じです。

OpenPose(棒人間)


前述のi2iの簡易版です。棒人間としてポーズをそのままにして、プロンプトで全体の雰囲気を変えるのに適しています。



猫耳でもアバター風でも好きに変えられます。

Segmentation(入力画像を領域分けする)


風景画とかを作るのに使います。画像をザックリとした範囲で分けて認識して、新しい画像に反映させて出力します。

エロにも使えて、女性の体のシルエットラインとして使い画像を作ります。



同じプロンプトでも、顔の向きが違いますね。
シルエットに合わせて、サングラスとか花の髪飾りが追加されているのもグッドです。

Normal Map(法線情報)


3Dポリゴンのテクスチャの奥行きとかを計るのに使ったりする技術です。画像を立体的に捉えて生成します。



比重の数値が1だと解析した凸凹の影響を受けすぎてしまい、画像生成に失敗する場合もあります。そんな時はもう少し比重を減らして試してみましょう。

Scribble(ラフ絵)


ラフ絵を着色して仕上げてくれる機能です。白黒だけじゃなくカラーの画像からも、主線を抜き出して生成してくれます。アニメ絵・実写風の両方を変換できます。

元絵のレベルでは比重が1では、ゴミ画像が出力されるだけなので、0.3とかくらいまで下げる必要があります。


0.3ならまだ見られるレベルです…


しかし、0.6に比重をあげると元絵のポーズに引っ張られて、手や足のぱらsんがおかしくなり破綻しました…

もちろん、元のラフ絵にレベルが高い画像を用意できる人は比重をあげても良い画像が出ます。

 
Pixaiで作ったアニメ絵のサキュバス。この位の絵ならば


比重1でアニメ絵に清書してくれます。


比重を0.6にくらいに落して生成したら、実写風のモデルでAIコスプレーヤーにできます。

凝った恰好のAIコスプレーヤーをつくるには、一旦、アニメ絵で作成してから実写絵に変換する方法もあります。

ご参考までに


元の画像にある要素を学習して、生成する画像に反映する機能です。試しに赤い衣装を着た女性で試してみます。


赤いリボンはなくなりましたが、何となく元の画像の要素が反映されているのがうかがい知れます。スタイル採用を強くすればより元画像の影響が濃く現れます。

以前の記事でティファのコスプレについて書いたのですが、この機能を使うとより簡単に理想の衣装に近付けられます。

落書きから画像を作れる

 
上記の手法を使えばi2iやラフ絵から、どんなクソ画像からでもセクシーガールが作れます。以前、Leonardo AIの記事の時に使った、私が描いた落書きも比重を落とせば一発でセクシーガールにしてくれました。

HiResとは

 
ハイレゾは画像が破綻しにくく綺麗になる機能です。ノイズとか難しい項目が並んでいますが、クレジットの消費量は増えませんので、理論が分からなくても有効にした方が得な機能です。

胸元が開いたエロ看護婦を生成してみます。

ハイレゾ オフ

ハイレゾ オン

数値MAX!

ハイレゾなし画像でオッパイが見えているのは、生成途中でプロンプトの補填をしなかったからです。オンにするとちゃんとプロンプトの指示通りの胸元が作られています。
MAXの画像がEXILEみたいになって分裂しているのは、指示通りに作りすぎて迷走したからです。

強くしても意味がないので、普通にオンにするだけで良いでしょう。

構図機能

構図で指定した場合に配置できる機能です。何回か使ったのですが、あんまり上手くできませんでした。

女性二人とかの簡単な構図でも崩壊します。


エロメイド2人がこちらを見ているようにして生成したのですが…


ご覧のありさまです…

全体を和室にして真ん中に着物ガールを出す位の簡単な構図ならできました…
別にプロンプトで簡単に作れるから、ムリして使う必要は現状ないです。

 
和風ソープ店のような雰囲気です。

各種機能について

細々とした機能を解説します。

Sampling Steps

増やすほど画像が綺麗になるが、その分クレジットの消費が増えます。一定の数値以上は逆効果になる場合もあり、通常は20から多くても35くらいで利用しましょう。

Sampling Metod

 
画像を作っていく生成の手法で、基本はモデルごとに自動で選ばれる初期設定で使えばOKです。クレジットの消費をゼロで抑えたい時はメゾットを「Eula a」に変更してサンプリングステップを34にすると、そこそこ良い画像ができます。

CFG Scale

どのくらいプロンプトの指示に従わせて生成させるかの数値です。
ビキニギャルで試します。

↑普通に作った場合

MAXの50まであげて生成すると

 
サイバーパンクのよく分からない画像になりました。ここも初期値のまま弄らなくてOKです。

SEED値

画像を生成のさいにランダムで発生させているノイズの数値です。SEED値・プロンプト・モデルなどの設定を同じにすると、ほぼ一緒の画像ができます。

同じSEED値でも、プロンプト次第で、全く違った画像になる事もあります。その辺りは以前の記事で深掘りしていますので、良かったら参照にしてください。

ゼロを入れると参考にした画像と同じ数値のままで作成します。画像のSEED値は自分のプロフィールや生成履歴からみられます。

トップページの画像掲示板では、他の人の画像からSEED値を知ることもできます。

メモ

 
気に入った画像のプロンプトやSEED値などの設定をマルっと全て保存してくれます。よく使う設定があれば覚えさせておくと便利です。

モデルマーケット

 
特定の画風やキャラクター・ポーズを出しやすくした機能がモデルやLoRAです。さまざまな人が作った追加機能です。利用規約は色々ありますが、個人で利用する分にはほぼ全てのモデルが自由に使えます。商業利用OKのモデルもたまにありますので、使う場合はチェックしておきましょう。


このLoRAならシャツを加えてオッパイをみせてくれる画像が出やすくなります。


以前の記事で試したこのLoRAなら、生成される画像の顔が、この娘になります。

学習元の画像が30枚ほどあれば、自分でモデルやLoRAを作る事ができます。

生成画像にでるアイコンについて

 
生成できた画像に表示される各種アイコン右上部分は、i2iで解説しましたので、次は下段のアイコンについて解説します。

バリエーション

左下の別れた矢印マークの「バリエーション」を押すと、似た感じの画像を新たに3枚作ってくれます。


ポーズがちょっと変わった画像が生成されました。
できた画像を元に、またバリエーションを生成する事もできます。

アップスケール

真ん中の四角は画像を大きくする機能です。アップスケール方法には2種類あります。単純に画像を大きくするのは画面の左にある「アップスケール」です。細かく倍率を設定でき4倍の約2000ピクセルくらいの大きさまで拡大できます。


どの方法で大きくするかアップスケーラーを選びます。R-ESRGAN-4x+はリアル系に強く、その下にあるR-ESRGAN-4x+Anime6Bはアニメ系に強いです。


イメージエンハンスは元画像から再生成してアップスケールするので、細部が変わる場合もあります。

公開

自分が生成した画像を他の人にも見られるようにできます。

簡単な漫画がつくれます


生成時に出るアイコンから、簡単な漫画やアルバムが作れます。同一サイト内で編集できるのは便利ですが、まだ使える機能が少ないので今後に期待の機能です。


Canvaやお絵かきソフトの方が使いやすいです。

画像のキーワード摘出は神機能


好きな画像からプロンプトを摘出してくれる機能です。アップされた画像の要素をAIが解析して、プロンプトを4種類出してくれます。もし気に入らなかったら、再度考えさせることもできます。

試しに一番上を選んで作ってみます。


元画像とは似て異なるテイストの画像ができました。

Discordページ

絵のコミュニティだけじゃなく、pixai-newsのページでは最新のアップデート情報が分かりますので、たまにチェックしておくといいでしょう。

動くイラスト機能は別次元のエロさがあるよ

PixAIではプロンプトで作成したイラストを元にAIが動画を作ってくれます。時間こそまだ数秒と短いですが、これは激アツです。

実は少し前からAI動画作成はできたのですが、無料でエロもOKとなると中々ありませんでした。

やり方は簡単でPixAIで作ったイラストにある「動け!」の文字をタップするだけ。後は数秒まてば完成です。今はクレジットの消費量が激しいので、ここぞというイラストに使っていきましょう。

このM字開脚したお姉さんで試してみます。


はい!動きました!
もし動きが気に入らないなら。やり直しを押せば再度作ってくれます。


今度は白目を向いたアヘ顔になりましたね。
個人的な性癖ですが綺麗な人のアへ顔がすきなので、この画像をさらに「スムーズになれ!」ボタンをタップして仕上げます。


すると、さっきのイラストを元に間のコマ割りを描いてくれて、より滑らかな動きになりました。 

まとめると

・プロンプトでイラストを生成
・気に入った画像ができたら「動け!」ボタンで動かす
・さらに気に入ったら「スムーズになれ!」で仕上げる

この手順で作成できます。


実写系だけじゃなく、アニメ系の画像も動かせます。 

ただし、画像を作る時と同じで失敗する事も多々あります。 
失敗例をあげると 


手から謎の物体が出てきたり、


下の男性の顔がなくなったりですね。

まあ、この辺は今後の技術進歩で、すぐに改善されていくでしょう。 

初心者から上級者まで使える良いサイトです

PixAIは簡単なプロンプトでも良いエロ画像が出力されます。画像生成に興味のある初心者の人にも優しいサイトで、慣れてきたら色々な機能を使いステップアップもできます。

更新も盛んで勢いのあるサイトなので、良かったらこの機会に使ってみてはいかがでしょうか。


【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX

2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
7位
サンマルサン(R18)
定額サイトでポイント代を気しなくていい。エロ確実なのはサイトを見れば分かります。マニアックスから267人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

みねぢる

フリーランスのライター兼イラストレーター。AIと最新技術を使ったエロエロな記事をよく書く変態です。

みねぢるのツイッター
みねぢるのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい