家事代行サービスを頼んだら成り行きでセックスしてくれた

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

家事代行サービスを頼んだら成り行きでセックスしてくれた

エロい体験談

みねぢる 0 104,710 2023/07/05

私は家事代行サービスを利用する時は比較的安いところを利用します。いつものように安いところを探して家事代行サービスに連絡し、すぐに家に来てくれるように言いました。
家事代行サービスの人が来るのを待っていると、インターホンが鳴りました。扉を開けると、若い女性が立っていました。

「初めまして。家事代行サービスのまりかと申します。よろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いします。早速ですが、寝室の掃除から始めていただけますか?」
「分かりました。お客様はゆっくりと休んでいてくださいね」
「そうさせていただきます」

私はまりかさんを家に招き入れると、寝室に案内しました。


まりかさんが寝室を掃除している間、私はリビングでくつろいでいました。テレビを観ていたら、背後から足音が聞こえ、振り返ると、まりかさんが掃除機を持って立っていました。

「寝室の掃除が終わりました。次はどこを掃除すればいいですか?」
「えっと、そうですね。台所の掃除をお願いできますか?」
「分かりました」

まりかさんは頷くと、台所に移動し、掃除機をかけました。まりかさんはテーブルの下を掃除しようと、かがんだ際にスカートがめくれあがってパンツが見えました。驚いたことにまりかさんはTバックを穿いていました。あらわになったお尻に視線が釘付けになりました。

セックスする機会がない?
セフレを作ってみたい?

今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。日々エロ目的の男女を大量マッチングし続けてるサイトがハッピーメールです↓

健全なイメージですが、実はエロ度が高めなことで界隈では有名。
初心者は余裕をもって5,000円程度の課金がおすすめ!
即セックスやセフレを求める女の子にもピンポイントでアプローチできます。

\法令遵守サイトなのでプロフィール設定と年齢認証は必須です/


私の視線に気づいたのか、まりかさんは振り返りました。目が合った瞬間、まりかさんは微笑みました。思わず視線を逸らすと、今度は胸の谷間が視界に入りました。

「どうかしましたか?仕事はちゃんと務めさせていただきますので、テレビでも観ていてください」
「あ、はい、分かりました」

私はそう答えたものの、お尻が目に焼き付いて、どうしてもまりかさんのことをちらちらと見ずにはいられませんでした。


「次はどこを掃除すればいいですか?」
「リビングを掃除してもらえますか?」
「分かりました」

私がリビングから離れたのを確認したまりかさんはカーペットを外してから掃除機をかけ始めました。台所に立ってまりかさんを見ていたら、どうしても先ほどのお尻が脳内に浮かび、勃起してしまいました。

これはマズイです。ジャージなのでギンギンだとバレバレなくらい前が膨らんでいます。。前かがみの不自然な姿勢でいましたが…すぐに気取られてしまい

「あれ?勃起してる?」

私が勃起したことに気付き、まりかさんは呆然と立ちすくんでいました。勃起しているのを見られたことで、私は興奮がMAXになり理性が吹っ飛び、ジャージの下からいきり立つナニを見せつけ仁王立ちです。まりかさんも私の余りにも堂々とした態度に戸惑っています。

「少しだけで良いので触ってくれませんか?」
「え…でも…そういうのは…」

口調から判断するとまんざらではない感じです。まりかさんの手を優しくナニに近付けると…
服のペニスにそって手を滑らせてシゴいてくれるではありませんか!これは辛抱たまりません。

我慢できなくなって、まりかさんを押し倒してしまいました。

「ちょっと待ってください!」
「ごめんなさい、もう我慢できないんです」
「まだリビングの掃除は終わっていませんよ。それとも先に風呂掃除をした方がいいですかね?」
「ああ、それがいいかもしれませんね」

まりかさんの言葉の意味を汲み取り、私はそう返事しました。まりかさんは微笑むと、私の手を取って洗面所に向かいました。


洗面所に着くと、私とまりかさんは全裸になり、風呂場に足を踏み入れました。

「私はタイルを掃除しますので、その間、体を自由に使ってくださいね」
「お言葉に甘えさせていただきます」
「それじゃ、掃除を始めますね」

まりかさんはそう言うと、四つん這いの体勢でタイルの掃除を始めました。目の前には大きく突き上げられた尻と、その間に可愛く存在するアナルに女陰…いつまでも眺めていたい絶景です。ですが、今は本能のままに身を任せる時です。顔を尻の間に埋め激しいクンニを。

「あ…あ…」

短い喘ぎ声と、時折、ビクッと動く身体の反応が楽しみつつ、十分に前戯をすませると、私はまりかさんのオマンコにペニスを挿入し、ゆっくりと腰を動かしました。


「ああん!」

まりかさんは喘ぎ声を出しつつも、手を休めることなく、スポンジでタイルを丁寧に掃除していました。私はまりかさんの腰を掴むと、思いっきりオマンコの奥を突きました。何度もオマンコをペニスで激しく突いていると、まりかさんの体が痙攣し、タイルに突っ伏せました。

「はぁはぁ、イッちゃった」
「気持ち良かったですか?」
「はい、すごく気持ち良かったです」

まりかさんはうっとりとした表情を浮かべると、自ら腰を動かし、ペニスを刺激してくれました。

「お客様、私のおっぱいを揉んでくれませんか?」
「いいんですか?」
「はい、めちゃくちゃにしてください」

私はまりかさんの望み通りに激しくおっぱいを揉みしだきました。柔らかくて弾力のあるおっぱいでした。乳首をこねくり回していると、徐々に固くなってきました。

「やばい、もう出そう!」
「いいですよ。私の中にいっぱい出してください」
「出る!」

私はまりかさんに中出ししました。オマンコからペニスを抜くと、どろりと精液が流れ出てきました。


「汚れちゃいましたね。きれいにしてあげますね」

まりかさんは私のペニスに付着した精液をきれいに舐めとった後、喉の奥まで咥えてくれました。まりかさんは嬉しそうにペニスを舐め回したり、先の穴に舌を入れてくれたりしました。

「お客様のペニス、すごくおいしいです」

まりかさんは言いながら、両手で激しくペニスをシゴきました。まりかさんのきれいな手にシゴかれたペニスは先ほどよりも大きくなりました。

「うっ!」

私が呻くと同時に、ペニスから迸った精液がまりかさんの顔にかかりました。

「はぁ、精液がいっぱい」

まりかさんは舌で唇についた精液を舐めとりました。


「最後まで掃除できずにすみませんでした」
「いえ、謝らないでください。気持ちよくしてもらいましたし」
「そう言っていただけてありがたいです」
「またセックスしてもらえますか?」
「私を指名していただけたら、必ずセックスいたしますよ」

まりかさんはどこか満足そうに微笑むと、帰っていきました。


それから家事代行サービスを頼む時はまりかさんを指名し、何度もセックスをしています。

家事代行サービスや家政婦さんとエッチする方法

味をしめてその後も家事代行サービスを利用していますが、まりかさん以降、エッチな展開になる事はありませんでした。そのうちまりかさんも辞めてしまい途方に暮れていました。

他に方法はないものかと思案して、アダルト系に強い出会い系サイトを利用する事を思いつきました。参考になる記事をいくつか上げておきます。


出会い系サイトを使っても、家政婦さんとセックスというシチュエーションはさすがに難しいですが、素人女性とセックスする機会はかなり多くなりました。下記が私のオススメサイトになります。

1位 PCMAX(R18)
登録女性の数がとにかく多いので、家政婦さんを見つけられる可能性があるサイトです。私はここで2人見つけました。
2位 華の会メール(R18)
30代以降の中高年の女性が好きな方はここが一押しです。利用者年齢を限定しているので、スムーズに出会いまで到達できます。
3位 ワクワクメール(R18)
ここで一番流行っているのは、「マッサージをしてあげるので会いましょう」という手法です。マッサージからエッチな展開というのは鉄板です。

この記事を書いた人

みねぢる

フリーランスのライター兼イラストレーター。AIと最新技術を使ったエロエロな記事をよく書く変態です。

みねぢるのツイッター
みねぢるのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい