ブルセラブームの再来はもはやありえない?!「フリー制服」人気と使用済みマスクの闇売買から新たな時代の流れを読む!

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

ブルセラブームの再来はもはやありえない?!「フリー制服」人気と使用済みマスクの闇売買から新たな時代の流れを読む!

裏ネタ

なかぞの 0 337 2022/05/13
2019年の夏、私は現存するブルセラショップについて調査し、そのレポートを『現在も営業を続ける老舗ブルセラショップの裏事情』という記事にまとめました。

あれから2年が過ぎ、未曽有のコロナ騒ぎの渦中で、数少ないブルセラショップはどのような状態にあるのか。また、ブルセラというニッチなジャンルの今後の展望などについて、私見もまじえ、今回の記事では、この2年のあいだに新たに見えてきたことをレポートとしてまとめてみました。

マッチングアプリは現時点で最強の出会いの場

セックスする機会がない?
セフレを作ってみたい?

今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。日々エロ目的の男女を大量マッチングし続けてるサイトがハッピーメールです↓


健全なイメージですが、実はエロ度が高めなことで界隈では有名。
初心者は余裕をもって5,000円程度の課金がおすすめ!
即セックスやセフレを求める女性にピンポイントでアプローチできます。

\法令遵守サイトなのでプロフィール設定と年齢認証は必須です/

現在も営業を続ける老舗ブルセラショップ3店

大阪府下で現在も営業を続けているブルセラショップ3店をご紹介します。単なるコスプレグッズ店ではなく、着用済みの制服や下着といったブルセラ関連グッズをメインに取り扱う店として現存している3ショップです。

ショップ名と所在地、通販サイトのURLを明記していますので、ブルセラショップに興味のある方がいらっしゃれば、是非いちど覗いてみていただければと思います。

アド大阪

新大阪駅からほど近いビジネス街の一角にある地産第6新大阪というビルには、ほんの十数年前まで3店舗ものブルセラショップが入っていました。その中で唯一、現在も営業を続けているのが、こちらの『アド大阪』。

扱っている商品は単なるコスプレ用ではない、コアなブルセラマニアをターゲットにした品ぞろえで、昔ながらのブルセラショップといった趣が感じられる店内です。普通のオフィスビルの中にこんな異空間が存在しているのが、ちょっと意外な感じがします。

大阪府大阪市淀川区西中島4-3-4 地産第6新大阪508号

ラブ&レディー大阪店

創業35年の老舗。広い店内にずらりと並ぶ大量のブルセラグッズ。入手困難な有名女子校の制服も、ここに行けば手に入るかもしれません。学校関連グッズだけでなく、着用済みの競泳水着やユニフォームといったスポーツ系衣類の品ぞろえも豊富です。

この店に行くといつも、そこだけ時間が止まったように感じられます。どちらかというとマニア向けですが、ビギナーでも店内を見て歩くだけで楽しめるショップだと思います。

こちらの『ラブ&レディー』が入っている堂山町の山よしビルですが、かつて松ノ木ビルという名前だった頃は中国エステの巣窟のような場所でした。ビルの前には派手な電飾看板がひしめき合うように並んでいて、怪しさがムンムンと漂っていて、近寄りがたい雰囲気でした。現在はビルもその周辺もスッキリして綺麗になり、気軽に立ち寄れる場所になっています。

大阪府大阪市北区堂山町11-2 堂山山よしビル3F

ときめきポニーテール

大阪・日本橋にあるバラエティー系のブルセラショップ。以前は『新・ポニーテール日本橋店』として独立した店舗を構えていましたが、現在は隣接する『買取本舗ドットコム日本橋本店』の2Fで、店名を新たに『ときめきポニーテール』として営業しています。

売り場面積は今回ご紹介した3店舗中もっとも広く、昔ながらの純粋なブルセラショップとはちがい、コスプレ用品や大人のおもちゃ、アダルトDVDなど幅広いジャンルの商品が販売されています。ビギナーからマニアまで楽しめるショップです。

『アド大阪』と『ラブ&レディー』は店舗と通販サイトで同じ内容の商品を扱っていますが、こちらの『ときめきポニーテール』の通販サイトは店舗とは独立しており、店舗では扱っていない有名校の制服や着用済み下着類といった純粋なブルセラ商品を多く販売しているようです。

大阪府大阪市浪速区日本橋5-11-7「買取本舗ドットコム日本橋本店2F」

ブルセラショップではない〝フリー制服ショップ〟が人気

最近、若い女性たち(男性も)のあいだで人気があるのは、上で紹介した3店ような、いわゆるブルセラショップと呼ばれるものではなく、新品の制服や学校関連グッズを販売する、制服ブランドショップです。

「制服ディズニー」や「なんちゃって制服」を楽しむ若者たちのほとんどが、すでに高校を卒業した年齢で、同じ大学や専門学校に通う仲間どうしでJK制服のコスプレをすることが多いといいます。

彼女たちは仲間どうしお揃いのデザインの制服を着て出かけることを基本としています。全員が同じ高校の出身であれば、その制服を着ればいいわけですが、実際には出身校がばらばらのことのほうが多く、そのため、彼女たちはわざわざコスプレ用の制服を買いそろえるのです。

ネットショッピングやコスプレショップで制服を購入する女性たちは多いです。しかし、最近は本物志向の若者が増えてきており、質の悪いコスプレ用の制服では満足しないといいます。

彼女たちが制服ディズニーやなんちゃって制服を楽しむ際の一番の目的は、制服姿の自分たちの写真を撮ってSNSにアップすることなのです。できればお洒落に撮りたい、映える写真をアップしてたくさんの人に見てもらいたい、という気持ちが強いと、身に着けるものにもそれなりに気を遣うようになってくるのだといいます。

縫製もあまりしっかりしていない、ぺらぺらの生地のコスプレ用の制服では満足できず、学校で着るような本物の制服を求めるようになるのです。少々お金がかかっても、SNS映えする写真を撮るためには、やはり質の高い制服を身に着けたいというわけです。

そんな若者たちの要望に応えるために、最近では本物の学校用と同質の制服を販売する制服ブランドショップが、大都市圏の大型ファッションビルやショッピングモールなどに店舗を構えるようになってきています。

こういった制服ブランドショップは「フリー制服販売ショップ」と呼ばれており、学校指定ではなく、あくまで普段着として着用する制服を販売するブランドショップなのです。
携帯電話でいうところのSIMフリー端末みたいな感じでしょうか(ちょっと違うか…?)。


気がつけば私の生活圏内にも2店舗、有名制服ブランドショップがオープンしていました。ブランド名と公式サイトをご紹介しておきますので、興味のある方は、ぜひ若い女性をともなって、いちど店内を覗いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は、店の前までは行ってみたのですが、中年のおっさんがひとりで入るにはそうとう勇気がいる雰囲気だったので、すぐさま引き返してしまいました。

EASTBOY/イーストボーイ  

(レディース制服)

CONOMi/このみ 

 (メンズ&レディース制服)
CONOMiオンラインショップ(原宿発の制服ブランド このみ公式通販)

○○県は学生服の出荷量日本一!

ここでクイズです。

「日本全国のほとんどの学校で制服が採用されていますが、学生服の出荷量全国1位はどこでしょう?」
※ヒント:デニムの生産でも有名な県。




正解は…




岡山県です!


岡山県は古くから繊維産業が盛んで、現在では全国の70%近い学生服が岡山県内の工場で生産されています。有名な学生服メーカーの本社も複数あり、瀬戸内海に面したエリアには多くの繊維工場が建ち並び、学生服の他にジーンズやワーキングウェアなど様々なアパレル製品を生産しているそうです。


話が逸れてしまいましたが、今回のコラムを書くにあたって色々と情報収集している過程で、ちょっと興味深いこぼれ話を小耳にはさんだので、ご紹介しておきます。

着用済み学生服の古物市場への流通量が激減している昨今、ブルセラショップやコスプレ用品を扱うショップでは、苦肉の策として有名校の制服のレプリカを販売することが常態化しています

このあたりの事情については前回のコラム『現在も営業を続ける老舗ブルセラショップの裏事情』の中の「コアな制服マニア」という項目で詳しく解説していますので、ご参照ください。


しかしながら、レプリカの中にも品質の面では〝本物〟と変わらない商品もあると聞きます。

生地も縫製もしっかりしていて、学校指定のものと比べても遜色ないレベルのレプリカがあるそうなのですが、じつはそれらを製造しているのが岡山県内の繊維工場だというウワサを小耳にはさんだのです。

しかもそのレプリカを製造しているのが、どうも学校指定の学生服を作っている業者らしいのです。レプリカなのでデザインの一部を変えてはいるものの、使っている生地や縫製の仕方が本物と同じであるため、かなりクオリティの高い仕上がりになっているのだとか。

ブルセラとしての価値はあまりないが、衣類としての価値はそれなりに高いのだと、この話を聞かせてくれた知人は言いました。あくまでウワサの域を出ない話ではあるのですが…。


制服ディズニーやなんちゃって制服を楽しむ若い女性の中には、自分がかつて憧れていた学校の制服をどうしても着てみたくて、ブルセラショップやコスプレショップでレプリカを購入する人もいるようです。そういう人にとっては、本物と変わらない品質のレプリカが販売されていることは有り難いことなのではないでしょうか。

フリマアプリで使用済みマスクの出品が急増している理由

2019年から始まった未曽有のコロナ騒ぎの中、ブルセラ行為がひそかに芽を出し始めていたようです。

メルカリに代表されるネットのフリマアプリにおいて、女性の着用済み下着や使用済みマスクが売買される頻度が高まっています。そこには、コロナ禍で使用頻度が高まったマスクを性的アイテムとしてとらえ、使用済みのものを買い求める男性が増えている背景があるといいます。

女性の使用済みマスクを性的なアイテムとしてとらえる、あるいは、女性がマスクを着用している姿に性的興奮を覚えるという男性は以前から一定数存在していました。
麻薬や少女売春などに詳しいジャーナリストは以下のように説明しています。

「数年前からユーザーが増えている同人AVでは、身バレを恐れてマスクをして行為に及ぶ女性が多い。顔を隠したいという心理とは裏腹に、見る側はマスク姿で性行為をする女性に性的興奮を覚えてフェチの方が増えた。加えて、コロナ禍でマスクが日常化したこともあり、ブルセラで出回るのは当然の流れと言えます」


需要が増えると、それに比例して供給する側も増えていくのが通例です。少し前までは主婦が小遣い稼ぎに出品することが多かったのが、最近では女子大生を中心に10代~20代の若い女性がバイト感覚で使用済みマスクを出品するケースが増えているようです。

普通ならゴミ箱行きになるはずのマスクが、フリマアプリでは1枚500円以上で取引されます。新型コロナの影響でバイトのシフトが減った大学生などが、割のいいバイトといった感覚で、自分が使用したマスクを出品しているというのです。

ちなみに、こういったブルセラ類似行為のことを、最近の若者のあいだでは「売り子」と呼ぶそうです。この春、大学に入学したばかりという18歳の女性は「売り子」についてこう語ります。

「いま始めて3日目で、1枚500円と6枚セットで2500円、2人に売れて化粧品を買いました。どうせ捨てるものがお金になるなんてスゴいですよね。コロナでバイト代がゼロになって、稼ぐ手段を探していて、名前を隠して発送すれば誰かわからないし、下着は嫌だけどマスクなら抵抗ないです。感染の危険性?それは買った人の責任ですし」


マスクだけでなく下着も出品しているという大学4年生の女性は、こんなふうに話していました。

「バイト代で学費を払っているので、数万円減るのも結構キツくて。それで友達が高校の制服を売っていたことを思い出して、ツイッターで下着を売り始めました。抵抗はまぁまぁありましたけど、仕方ない、やるかーって。途中でマスクも売れると知って、下着と同じような扱いなんだと驚きました。下着は使い込むのに時間がかかるし、下着代もかかる。でもマスクは安くて毎日使うし一日つけるだけで売れる。次々にストックができて下着より効率がいいんです」


この女性のように、ツイッターを「売り子」の場にしているケースが非常に多いといいます。フリマアプリだと、使用済みのマスクや下着は出品禁止項目に該当するため、発見されると即座に削除されてしまいます。

ツイッターやフリマアプリを使った巧妙なやり取りについて、前出のジャーナリストはこう説明します。

「ツイッターのDMで商談を済ませ、取引準備ができたら女性側がフリマサイトに『〇〇さま専用』と他の人が買わない名称で商品を出品。商品画像は、適当なぬいぐるみなどダミーで代用し、商品URLを教えてもらった購入者側が買えば、お互いに個人情報を知られることなく、取引可能です」

こういったSNS特有の効率のよさが、軽い気持ちで「売り子」を始める若い女性を増やしている要因になっているといいます。

自分が使用したマスクや下着を見ず知らずの男性に売ることに最初のうちは抵抗があっても、簡単に売買でき、それなりに稼げることがわかってくると、「売り子」することに慣れてしまい、なかなかそこから抜け出せなくなる女性も出てくるのでしょう。

中国でいまJK制服ブームが起きている!

少し話題を変えて、中国の話をしてみようと思います。
ここ数年、中国では北京や上海といった大都市を中心に、若い女性たちのあいだで日本の女子高校生風の制服が人気を集めています。

日本のアニメや漫画、アイドルグループの影響を受けて広まったものだそうで、コスプレとしてだけでなく、普段着として着用する女性もいるといいます。

中国の大部分の学校には制服というものがなく、登校から下校までずっとジャージを着て過ごすのが一般的ですから、学生服に対して憧れを抱いている人が一定数いて、それが昨今のJK制服ブームの根底にあるのかもしれません。

JK制服のほかにロリータ系ファッションと中国の伝統衣装である漢服もトレンドになっており、それら3種のファッションは「三坑」と呼ばれています。「坑」とは中国語で「穴」を意味し、はまるとどんどんお金を使ってしまうという意味で「三坑=3つの穴」と呼ばれるようになったそうです。

市場規模は年々拡大してきており、最近では大都市だけでなく地方の小都市にまで流行が広がりつつあるといいます。2020年の「三坑」による経済効果は日本円でおよそ3370億円。2025年末までには2兆円を超えるとの見通しもあります。


2020年の夏、上海で大規模なコミケ『コミックカップ26』が開催されました。
会場には大勢のコミックファンが押しかけ、当然ながらコスプレをした若い女性たちもたくさん来場していました。

そのときの様子をちょっとだけご紹介してみたいと思います。

 
セーラー服にメガネのコスプレをした女性のまわりには大勢のカメラ小僧の姿が…。
JK制服を着た女性の写真を撮りたがる男性が圧倒的に多いそうです。

 
このふたりはカップルなのでしょうか?
このあと、かなりきわどいことまでしていたようです。


中国でいま起きているJK制服ブームの詳細については、また次の機会にじっくり特集したいと思います。ブルセラとも関連付けて解説していきます。

近い将来、ブルセラブームの再来はあるのか?

この数年で、ツイッターやフリマアプリを通じて使用済み下着やマスクの売買が増えているという事実は前述した通りです。たしかに、90年代のブルセラブームのときに近い現象のようにも見えます。

しかし、これをブルセラブーム再来の兆しととらえるのは、ちょっと気が早い話だと思います。「ブルセラ」というのは、もともと「ブルマーとセーラー服」を指す言葉です。使用済み下着やマスクの売買だけを取り上げて「ブルセラ」と呼ぶのは、ブルセラの定義を拡大解釈しすぎているような気がするのです。

ブルセラブームはとうの昔に過ぎ去り、生粋のブルセラショップなどもうほとんど存在しません。しかし、使用済み下着や通っていた学校の制服を売る女性は現在でも少数ですが存在します。

ただ、いくら女性がブルマーやセーラー服といったブルセラアイテムを販売しても、それに性的な興味を示し買い求める男性が少数であるかぎり「ブルセラ」という言葉が注目されることはありませんし、ブルセラブームが再来することもあり得ないでしょう。

かつてのように多くの男性が「ブルセラ」に興味を示すようになるためには、まずその前提として、制服姿の女子高校生(あるいは女子中学生)が何らかの形で注目を集める必要があります。例えば、先ほど書いた中国におけるJK制服ブームのように。

福原遥の制服姿に感じたもの

私がブルセラについて記事を書こうと思い立ったのは、2019年4月、毎日放送のロケバラエティ番組『ごぶごぶ』で女優の福原遥が女子高生のコスプレをしているのを見たのがきっかけでした。

その回は反響を呼び、ネット上では福原遥の制服姿に注目が集まりました。テレビで若い女の子が女子高生の恰好をしているシーンなんて、べつに珍しくもなんともないはずなのですが、そのときの福原遥の制服姿には、何か言いようのない魅力があり、私は画面に釘付けになるほど彼女の存在にひきつけられてしまったのでした。

反響があったということは、やはり私同様、彼女のただならぬ魅力に心を奪われた男性(おそらく女性も)が数多くいたということなのでしょう。

あのときの福原遥には、単なる可愛さやセクシーさとは違う、もっと特別に〝エロい〟何かがあったように、私には思えるのです。あのあと期間をおいて何度か繰り返しあの映像を見ましたが、何度見ても魅力的でした。

こういうちょっとした出来事がきっかけとなって、社会の片隅で「JK制服愛」みたいなものが醸成されていき、いつの日か大きなブームになったりするのかもしれないなと、私は考えてしまいました。

ほんとうに、そうなればいいのですが…。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1152人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから589人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5200人登録(女性は786人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから531人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから204人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

なかぞの

大阪府生まれ。大学卒業後、某省某地方局に入局するも肌に合わず退官。塾講師、酒屋の配達員、デリヘルの事務スタッフなどの職を転々としたのち、フリーライターとして活動を開始。足を踏み入れるとスリルを味わえそうな怪しい街並み、怪しいビルの風俗店を探し歩いている。

なかぞののツイッター
なかぞののすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい