プーケットのカラオケキャバクラと場末のヘルスを体験

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

プーケットのカラオケキャバクラと場末のヘルスを体験

プーケット風俗

タイ風俗

海外風俗

中ホソヤ 2,922 2019/01/11

前日に昼ヘルス&夜のバービアとフル回転した筆者、本日は昼間ビーチでのんびり過ごし、夜早い持間にプーケットタウンのキャバクラ&ヘルスに行ってみることにしました。


前回の記事
プーケットのバービアで日本語を話せる女の子を買った


PATONGでパーティーな夜を連チャンするには相当体力が必要なので今日は楽チンコースです(チンコを意識したコース名ではないです)。

同行グループの中から、筆者の同級生1名が行動を共にすることになりました。基本的に自由行動なので、他の人たちは今宵もPATONGでイケイケな夜を過ごすそうです。

さて、筆者らは19時半頃にホテルからタクシーでプーケットタウンへ向かいます。この時、友人が試しにタクシー代を値切ってみると言い、400バーツ(通常より100バーツ≒340円安の約1,400円)に値切ることに成功していました。
今宵の作戦は以下A or Bの二択。

まずヘルスへ行き、
A.気に入った子がいた場合、迷わずヌイて賢者モードでキャバクラを堪能する。
B.気に入った子がいなければ、先にキャバでテンション上げてからヘルス。
実にくだらない作戦です。

プーケットのキャバクラに電話

タクシーに乗込むと早速、プーケットに来る度に毎回お邪魔するキャバクラのママに電話を入れます。

「ママ、久しぶり!今プーケット来てるから、友達と一緒にママの店に行こうと思うんだけど予約しなくて平気?」

「前の店は閉めて、今は近くでカラオケキャバクラを始めたよ。可愛い子いっぱいいるから来てよ。」

プーケットでは珍しく日本語を話せるママなのでコミュニケーションが楽ちん。
前の店、メチャメチャ気に入ってたので凄く残念だが、女の子の採用に厳しいママがやってる店だから期待できそう。

「システム、料金は?」

ママの回答はこんな感じ。

1.まず、女の子を指名する。
指名料は、テキーラ2杯付きで500バーツ。

2.気分が乗ってきたらカラオケ付き個室へ移動。オープンスペースよりも激しくイチャイチャできる。
室料は、1時間600バーツ/部屋

3.飲物代は
ビール120バーツ~。
ウイスキーボトル350バーツ~。
水割りセット100バーツ。

女の子のドリンクは、ウイスキーボトルを一緒に飲んでOKだから無くても大丈夫。
おつまみは250バーツ~多数あり。(けっこう美味しい)

「了解。じゃ、あとで電話する。じゃーねー。」

と私。

とかやってるうちに、あっという間にヘルス前に到着しました。
時刻は20時過ぎ。一日の中で最も客が多く、可愛い子が残ってる可能性が極めて低いと言われる時間帯ですが、とりまKatherineへ。

プーケットの「Katherine」から「New Angel」へ

店に入って、「毎度」と一言。前日も来てたのでスタッフも覚えてくれてて話が早い。さっそく店の奥から女の子たちを呼んでくれ、6名の女の子が筆者らの前に並びます。少数精鋭ハイレベルのKatherineですが、さすがにこの時間帯は可愛い子が1人しかいないってことで筆者と友人も瞬時に意見が一致。「また後で来るよ」と店を後にします。よし、せっかくだから隣のNew Angelも覗いてみるか。

ってことで、入店。

New Angelは店に入ってすぐ左手がガラス張りになっていて、その向こうのひな壇に30名くらいの女の子が座っています。その中から気に入った子を指名するというスタイル。ひな壇では、携帯を夢中でいじっている子、笑顔で愛想をふりまいてくる子が見事に2極化されています。この場合、少々レベル落ちても愛想ふりまく系女子を指名するのが定石ですが、前日にKatherineで美女を体験してしまっているだけに、筆者たち2人のお眼鏡にかなう子はなかなか見つかりません。

ちなみに料金は90分2,000バーツ(約7,200円)。この店もAngel時代は、夜4,000バーツとかだったのに競争が激しくなってるのかな。我々にはありがたい限りなのですが、ここでもお眼鏡にかなう子を見つけられず(←お眼鏡高いね)、先にママの店に行くことにしました。

早速ママに電話して、タクシーの運転手に店の場所を説明してもらいます。

Katherineからほんの5分くらい車に乗ったところでママの新しいお店に到着。その名もHappy Zone。

プーケットの「Happy Zone」

お店はオープンエア―。てか「完全な外」に凄く大きいテントを張って、その下にテーブル席が設置されていて、その周りをカラオケルームがグルッと囲んでいる造り。テーブルに着き、ママへの挨拶も早々に済ませ早速ご指名タイムです。30~40名くらいの女子がぞろぞろと登場して、筆者らのテーブルを囲みます。その中から指名する子を選ぶのですが、ママが

「英語話せる子は手を挙げて。」
「日本語は?」

と指名のお手伝いをしてくれるので頼もしいです。今回は、日本語、英語を話す女子にタイプの子がいなかったので、「可愛けりゃ言葉通じなくても大丈夫でしょ!」ってことで友人と意見が一致し、無謀にも日本語も英語も話せない女子2人を指名。指名した2人はこんな感じの子。

とりあえず、テキーラ2杯ずつ付いてくるので、景気づけに4人で乾杯。

酔っぱらえば言葉なんて関係ない!って思ったけど、英単語すら話せないレベルなので序盤は苦戦しました。ママが時々通訳に来てくれるけど、やっぱり日本語or英語出来る子をグループ内に最低一人は入れておく必要ありだなと感じました。

ま、こうなったら開き直りです。

ウイスキーとテキーラをガンガン飲んで、さっさと酔っぱらいカラオケルームへ突入です。カラオケルームに突入するまでの1時間半くらいでいい感じに酔っぱらったので、「正に言葉なんて関係ない」状態に。カラオケルームではひたすらイチャイチャしながら、歌って、ゲームして、負けたら飲んでって感じで、女子もだんだん酔っぱらって来て、大盛り上がりでした。友人なんかは盛り上がり過ぎて手マンをしてるし、されてる女子も本気で感じちゃってる始末。筆者もナマ乳を揉みまくりのベロチューしまくりで散々楽しむことが出来ました。

しかしながら残念なことに、昔と違って今のママの店はお持ち帰りができない。

(女子と仲良くなって個人的にデートをするのは勝手と言っていたが、言葉全く通じないしね。)さて、時間も23時過ぎ。キリがないので、そろそろ切り上げることにしました。

お会計は、日本円にして一人あたり1万円くらい。3時間やりたい放題やってる割には安い。
かなり酔っているけどこの後どうするか。いや、行っとくでしょ。ママの店からまたしてもKatherineに戻ることにしました。

ヌキを求めて再びプーケットのヘルスを放浪

Katherineに到着したのが23時半くらいだったか、辺りにはムラムラした男どもが結構集まってきていました。この辺の一帯は、Katherine、New Angelを筆頭にヘルスっぽい店がたくさん集まっているので夜はいつもこんな感じになるのです。

「店、いっぱいあるなら違う店も試してみようよ」

と友人からご提案が有ったため、結局この日はPhuket Massageというピンク色の看板の怪しい店に突入することになりました。

うす暗い店内に入ると、ほどなくして女子5名ほどが目の前に現れました。
料金は90分2000バーツと他店と同じです。いかにもサービスの質が悪そうな予感はしたのですが、友人が値引き交渉をして90分1,600バーツまで下げることに成功してしまったので、

「じゃ、行っとくか」

ということになりました。
筆者は、笑顔で愛想を振りまいてくる巨乳のムチムチ系の女子を指名。

早速2階へあがり部屋へ通されますが部屋を見てがっかり。クソ狭いスペースに、クソ小さいベッドが置いてあるだけの殺風景っぷり。そして、部屋でバスタオル一枚になりシャワーへ行ってもっとガッカリ。トイレ内にシャワーが設置されているタイプなので、便器に当たった水の跳ね返りが凄く気持ち悪い。。。水しか出ないし。

ま、仕方ない。嬢はなかなか愛想の良い子だしプレイに期待だ。

で、部屋へ戻ってまずはうつ伏せでマッサージ開始。マッサージは全く気持良くなく、しかも5分程度で終了。で、仰向けになるやいなや、オイルを使ってのチンチン弄りを開始。もうちょい乳首攻めとか、Katherineのような落ち着いたプレイを味わいたいのだが。。。

オチンチン弄りのテクはまずまずといったところで、スロー&ファーストのペースチェンジや亀頭責めも最低限こなしてくれます。ま、悪くないな。オチンチンの硬さがMaxになったところでゴムを被せてくれてゴムフェラ開始。病気をもらうリスクを考えたらゴム有りの方が助かる。

で、騎乗位で挿入。特筆すべきスキルはないものの、杭打ちピストン系の騎乗位は中々気持ち良い。で、嬢から正常位をリクエストされたので筆者が上になるのですが、酔っぱらっているので動くのが面倒なのと、嬢が全然チューしてくれないので一気に萎えてしまいました。このまま終了は勿体ないので、手コキプリーズしてみたらすんなりOKだったので手コキで発射したのですが、無理やり発射した感じでスーパー不完全燃焼状態。

入室からプレイ終了まで60分かかってないような気がします。

がっかりして1階に降りていくと、友人が既に待っていました。

聞いてみると、友人も大体同じパターンで結局最後は手コキしてもらったそうです。

今夜は学びの夜でした。安物買いの銭失いとは正にこの事。400バーツ(約1,400円)くらいケチらずにKatherine若しくはNew Angelに行くべきでした。

とはいえ、とりあえず2日連続で発射した筆者でした。



<プーケット風俗三昧の旅行記>
⇒ プーケット夜遊びガイド。もちろん風俗メインでお届けします!1日目
⇒ プーケットでファッションヘルスで最高の施術を受けた2日目の昼
⇒ プーケットのバービアで日本語を話せる女の子を買った2日目の夜
⇒ プーケットのカラオケキャバクラと場末のヘルスを体験した3日目
⇒ プーケットのキャバクラ&クラブで久々の恋愛感情が湧いた4日目
⇒ プーケットのクラブでナンパ。初の男潮吹きを経験した5日目
⇒ プーケットでレディーボーイ(世界最高水準)を買った6日目
⇒ プーケットのゴーゴーバー巡りをしてホテルにお持ち帰りした!7日目(最終日)

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

中ホソヤ

自称回春ソムリエ・中ホソヤです。回春ソムリエの私(=変態)、今までに体験した回春の数は30ヶ所以上(推定)、 日本各地の回春プレイスに加え、台湾、中国、タイ、ドイツと実に様々な場所でエンジョイして参りました。

中ホソヤのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい