これからおっパブの話をしよう。下半身タッチ禁止の原則には例外がある。

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

これからおっパブの話をしよう。下半身タッチ禁止の原則には例外がある。

おっぱいパブ

潜入レポート

シガロ 78,356 2019/02/07

どうも、シガロです!
今回は金沢のおっパブの話をしようと思います。

まずは
「おっパブって何?」っていう人のために
おっパブの説明から。

・キャバクラやガールズバーのように時間制(1セット40分前後で飲み放題+αで延長料金やキャストのドリンク代、指名料)
・料金は基本的に先払い(席に座る前)で延長料金や指名料、ドリンク代はチェックしたタイミングで支払い
※指名で入る場合は後払いになる
・基本的におっぱい(上半身)は触れるものの下半身は女の子次第(顔を触られるのを嫌がる子も居る)


ざっくりこんな感じですかね、
あとおっパブと言っても3種類あって

フルタイム店

・女の子を好きなタイミングで触れる
終始触り触り放題
・指名しない限り女の子が15〜20分で交代

サービスタイム店

・最初は女の子がキャバクラのように横についてお話しタイム
・音楽が変わったりミラーボールが回ったタイミングでアナウンスが入り、女の子が膝の上に乗ってきてオッパイを出して触れるようになる
・サービスタイム中に自分の席についてた子と他の席についてた女の子が入れ替わる(仲間と行ってボックス席に座ってる場合ボックス内で回ることも)
・サービスタイム後はもともと付いてた子が戻ってくる
・キャバクラのように女の子が変わることもあれば変わらないことも(指名してれば指名被りがない限り変わらない)

複合型

・基本フルタイムのやり方でサービスタイムがある

という感じです。
初めて行く店舗ではボーイさんの説明をしっかり聞くことをオススメします笑笑

今回私が行ったお店はフルタイムの店でして終始触り放題のお店でした。
やはり好きなタイミングで触れるというの非常に魅力的なものでして、、、

えぇそうです、スケベですが何か?

例のごとくいつもお世話になってる案内所にておっパブを紹介してもらうことに。

案内所にて

私「オッパイ揉みに行きたいっす!」
(アホヅラの男三人で)

案内所のお兄さん(以後、案兄)「直球ですね笑笑
最近のオススメですとこの店ですよ〜!」

私ツレA.B「「「そこで」」」(即決

案兄「笑笑。ありがとうございます!すぐにお迎え来ますのでお待ちください!」

(3分ほどでボーイさん(以後、ボ)の到着)

ボ「お待たせしました、それでは3名様ご案内させていただきます!」

(ボーイさんに案内される道中)

私「お兄さん長いんですか?」

ボ「僕は4年目ですね〜。
お兄さんたちもしかして〇〇(県名)の人です?」

私「そうですそうです!喋り方でわかりますか?笑」

ボ「金沢には結構〇〇から来る方多いんですよ〜」

(なんか私の地元の人間がスケベしかいないように思われている気がする)

私「僕の地元はスケベしかいないんでねぇ」

ボ「僕の地元もです!」

どこもスケベしかいなかったみたいです。
他愛もない話から本題へ

私「僕そこの店行ったことないんですけどシステム教えてもらえます?」

ボ「はい!当店はフルタイム(前述の店)で上半身は触り放題・舐め放題となってます!
服の上からでも直接でもお好きな触り方で楽しんでください!」

盛 り 上 が っ て き ま し た !

私「、、、ほぅ、、、、なるほど、、、」

ニヤつく私とツレ二人

ボ「ただ女の子の嫌がる行為、下半身へのタッチは原則禁止となっています。」

皆さま、お気づきでしょうか?

【原則】禁止。
すなわち、、、

私「【原則】っていうと例外もあるってことです??」
ツレA「オイオイオイ」
ツレB「そんなバカな、そんな、、、」

ボ「女の子さえ嫌がらなければ、、、まぁ、店内暗いんで僕らは女の子に呼ばれない限り見に行きませんからねぇ」(ゲス顔)

盛 り 上 っ て き ま し た ! ! !

そうこう話してるあいだにお店に到着

店の前にて料金を払って席の準備待ちです。

ボ「ボックス席と1人掛けどっちがいいですか?」

と、ボーイさんに聞かれたので

ツレA.B「一人g」
私「ボックスで!!!」
ツレAB「⁉︎⁉︎⁉︎」

食い気味にボックス席希望
ツレと行くおっパブの醍醐味といえばボックス席!
そうツレ二人を説得しみんなで仲良くボックス席へと

広めのボックス席で軽くお酒に口をつけながら
キャストを待ちます。

ツレA「なんかソワソワするなぁ」

ツレB「やっぱボックスあかんて、、、」

私「黙って揉んどけ」

ツレA「絶対こっち見るなよ」

ツレB「こっちも見るな、乳だけ見とけ」

私「絶対みないよー、絶対!絶対!!」

ツレAB「絶対見るやん、、、」

私「大丈夫!絶対見n

キャスト到着

キャストABC「「「失礼しまーす」」」
私・ツレAB「はーい❤️」

会話ブッチでキャストをお出迎え

私たちの横にそれぞれ女の子が座りました。
しかしながらボックス席がそこまで広くないとはいえ、ツレに付いた女の子の顔が見えないほどに暗くどんな子がついたかはわかりません。
周りは置いといてなにより自分のオッパイ(お前のじゃない)の方が気になり
すぐに意識をオッパイに。
デカい、、、これはデカい、、、、、
F、いやGまである、、、、

私「巨乳ちゃんやねぇ、何カップ??」(モミモミ

おっパブ嬢A(私に付いてる子。以後、乳A)
「えへへ〜Hカップです!」

! ! !
予想していたGカップの一個先輩だと!?
デカい、、、
この質量感、、、
アァ、、、

私「指名で。あと何か飲みな」(イケボ

乳A「え〜!ありがとうございまぁす!」
(ボーイさんを呼んで注文)

私「ほらほら、膝の上乗って!視界からオッパイ以外を隠してくれ」

乳A「はぁ〜い❤️」

膝の上に跨ってくる乳A、
ズンッ、、、!

私(ッグ!そらこんだけの巨乳ちゃんや、喜びの重さとして甘んじて受け入れようッ、、、)

乳A「大丈夫?重くない??」

私「全然やよ、心地よい重さや」

(私の脚「血ぃ止まっとるよ」)

ドリンクが来たので乾杯してモミモミ
ふ、と周りを見渡すと膝に乗せずにマゴマゴしてるツレ二人。

私「何してんねん!膝乗ってもらいっ!童貞ちゃうねんぞ!揉み散らかしたれやぁっ!何のために来とんねん!!!」(ほぼ原文
周りの童貞感に熱くなってしまい、
普段は関西弁を使わない私も思わず関西弁に
(関西生まれでもなければ関西育ちでもない)

するとツレ二人もオドオドしながら膝に乗ってもらうようにお願いをし対面座位に。

私(我ながらいい仕事をした、、、これであいつら二人も存分に楽しめるであろう、、)

※あとあと「自分だけ楽しんでた」、「馬鹿みたいにはしゃいでた」と責められないように同じことをさせたわけではありません。

そこからは自分に着いたキャストのオッパイを存分に楽しみまして。
サラッとお尻を揉んだり撫で回したりしていましたが指名+ドリンクのおかげか止められることはありませんでした。
さすがにパンツに手を突っ込もうとしたら
乳A「だぁーめ❤️」
と言われましたがね。
あ、生尻触ろうとしただけであって
女性器を触る気はありませんよ?
どこまで触れるのか確かめたかっただけですよ?

自分のオッパイを揉みしだいていたのですが
もう少し刺激を求めた結果
ツレAに付いた女の子のオッパイを揉んで

ツレA「俺のオッパイやぞ!」(お前のではない
と言われたり

私に付いてる女の子のオッパイを触らせて

私「俺のオッパイ爆乳やろ!」(お前のではない
と言ったり

残念なことにツレBは対面に座っていたのであまり絡むことはできなかったものの
ツレAと楽しく時間を過ごし
時間が来たのでチェックをして
指名+ドリンク代を支払い退店

退店後

私「お前ら俺のおかげで存分に楽しめたやろ?
感謝の言葉は?」

圧倒的上から目線で感謝を要求したところ

ツレA「いやお前あれはあかんで、いくらなんでも」

????
膝でも壊していたのかしら?

ツレB「むしろ殴りたい」

?????
なにがあったの????

ツレA「Bについた女の子相撲レスラーやったよ」

!!!!
私の席からでは暗くて顔が見えなかったのですがツレAからはツレBについた女の子がしっかりと見えていたようで、、、

ツレB「マジで最悪やった、足の親指みたいな顔してた、、、、」

wwwwwwwwwwwwwwwwww

笑いが止まらなくなる私
青ざめて不貞腐れた顔のツレB
親指顔のキャストを見た分笑えないツレA

私「親指姫だったのねwwwwよかったやんwwwwいいなぁーwwww」

ここぞとばかりにイジっていくスタイル。
親指姫というネーミングに堪え切れなくなって笑いだすツレA

ツレB「親指姫とか言うな、そんないいもんじゃねぇ!」

私「wwwへぇー俺についた子はHカップの爆乳ちゃんやったわwww」

ツレA「マジでデカかった、そしてやわらかかった」

ツレB「ずっっっっと見てたけどさ、お前らは楽しそうだったよな。なんかお互いのオッパイ(俺らのではない)触らせあってさ」

ツレB「俺はそれを見てることしかできなかった。親指姫に嬲られながら」

ツレB「あんなんレイプやろ、、、」(遠い目

私「ちょい待ち、何されたん?」

コンビニを見つけて

ツレB「、、、あ、コンビニいきてぇ」

いきなりコンビニに行きたがるツレB

私「どうしたどうした、何買うの?コーヒー?」

ツレB「いや親指姫に顔半分舐められたでさ」

圧 倒 的 サ ー ビ ス
だめだwwwwww
笑い死ぬwwwwwww
息辛いwwwwwww

深夜に差し掛かる繁華街のスクランブル交差点の信号待ちで腹抱えて笑う私

私「嘘やろwwwサービス精神旺盛やんwww」

ツレB「あんなん罰ゲームやぞ!!!」

私「どおりでお前からドブの臭いするわけだwwwww近寄らないでくれたまえwwwww」

コンビニへ走って入っていくツレB。
笑いっぱなしでツレBを待ってると
オキシーの体を拭くタイプを買って出てきました。

私「wwwwもうやめてwww
一つ一つ面白いwwwww」

ツレB「っちッ!クソが!」

おもむろに顔を拭い何故か耳の穴をほじり出すツレB

私「なんで耳?齧られた?」

ツレB「耳の穴の奥まで舐められたでな」

もうやめてくれ....
笑い死ぬ.......

私「そんな面白い話小出しにするなwwww」

ツレB「耳の穴の奥舐められるとボボボッ!ボボボッ!って音するって知ってたけ?」

も う や め ろ

本当に死ぬかと思うくらい笑いましたね

私「知るわけねぇやろwwwwwww」

ツレB「ぇえー!そんなこともしらんかったんけぇ!ダッセェー!」

ツレA「ねぇ、どんな気持ち?」

ツレB「つらいですッ!!!」

もう面白くなり出すとずっと面白いんですね、
笑いすぎてお腹痛くなりました。

そんなバカ話しながら次の店へと繰り出すために
いつもの案内所へと向かい、
キャバクラをハシゴしました。

まとめ
料金:40分6000円
指名料:3000円
ドリンク:1500〜5000円

キャストに出すドリンクの料金らかなり高額になっておりホイホイ与えていると会計の時にビックリするので値段を聞くことをオススメします笑

駄文でしたがここまでお付き合い頂きありがとうございました。

〜後日談〜

私「いやーこの前のおっパブたのしかったねぇー」

ツレA「親指姫出てくるかも知れんと思うと指名で入りたくなるなぁ」

ツレB「いやでもあの子サービス精神旺盛やぞ?指名したら?」

サラッと押し付けるゴミ屑野郎

私「お前メチャクチャ嫌がってたやん、顔舐められるの普通に嫌やろ」

ツレB「....てかさぁ、親指姫が俺のズボンの中に手ぇ突っ込んできたときはさすがに止めたわぁ。『やめろッ!!!』つって」

吹き出す私とツレA

私「嘘やろwwwwwww」

ツレA「ヤバすぎwwwww」

ツレB「マジやぞ」

私「ネタを小出しにするなって言ったやろwww」

ツレB「いや、やっと話せるくらいまで落ち着いた」

言ってることがレイプ被害者

私「サービス旺盛やなぁ、、なんで手ぇ突っ込んでくるのかね」

ツレB「いやまぁ勃起してたし」

興奮しとるやないかい
まんざらでも無いんやないかい

みなさんも金沢のおっパブに行った際は親指姫を探してみてください。

これからおっパブの話をしよう~指名編~

どうも、シガロです

実は私、前回訪れたときにちゃっかり
Hカップのキャスト(以後Hちゃん)とlineを交換してまして...

ツレと初めて行った日の一ヶ月後に初同伴してきました。

今までさんざんキャバクラに通っていた私ですが指名はしても同伴というものをした事がないもので、、、
一度はしてみたいと思って今回にいたりました。

同伴てなに?って方のために説明すると、
ここでいう同伴と言うのは
キャバクラやクラブ、ラウンジ、おっパブ、ガールズバーなどの水商売の分野で働くキャストが出勤時間前にお客さんと食事に行ったり、映画を見たり、ゲーセンに行ったりなどのデートをした後に一緒に店に入る、と行った行為のことを言います。

※ガールズバーも入れてますがガールズバーの場合は店によって同伴がない場合もあるのでご注意を。

「えっー!女の子とプライベートでデート出来るの!?」って思ったあなた、
安心してくだい、有料ですよ。
同伴料と言うものが存在しており
店によってまちまちですが私が今まで行った
店ですと1000〜5000円といった金額が
店に入って出るときのお会計に追加されます。
同伴する以上必ず店に入ってワンセットは飲むことになるのでデート終わってバイバイはありえません。

※水商売で働く後輩ちゃんから聞いた話ですが同伴した男性が急用で店に入れなかったことがあるそうです。それでも次回の会計に前回の同伴料をブッ込んだとのことで...

ちなみに余談ですが、
私の地元の繁華街では出勤前に一緒にご飯行ったりもせずに店の前で合流してあたかも同伴したかもように店内で振る舞い同伴料を取ることもあります。
まぁそこまでされる人はカモ認定されてる常連さんなので普通の人はよっぽどそんなことないみたいですけどね。

話が逸れましたね、
まぁ嬉し恥ずかし初同伴ということで
鼻歌歌いながらスキップして待ち合わせ場所に向かったわけです。(大嘘
しかし急に私を不安が襲ってきたわけです。
重大なコトを忘れていた私。
それは.....
おっパブの中暗かったからHちゃんの顔あんまりわからない....
そもそも一ヶ月も前の話やし....
ラインのトップ画もアニメ画像やし...
てかそもそも可愛かったっけ...?
不安と焦燥のビッグウェーブ
いや!

もはや乗るしかないこのビッグウェーブに!!

まぁ電話しながら待ち合わせ場所に行ったのですぐにわかったんですけどね。
一か月ぶりに見るHちゃんの顔、
いやそもそも前回おっぱいしか見てなかったのでほぼ初対面だったわけですが。
まぁ、、、うん、、、
かわいくな、、いや、かわいい?
んーまぁ、、、まぁまぁ、、、
ってリアクションが妥当でして、
私からするとHカップでノリも良くて歳も若いとなれば欠点など無いに等しいわけです。
風俗で出てきたら私的には大満足できるレベルだったのでなにも問題はありません。
なにも問題はありませんよ。

そんなこんなでお食事タイム

ご飯屋さんは事前にHちゃんに予約をしておいてもらいました。
同伴するときは女の子に店を選んで予約してもらってもいいし自分で選んで予約しても大丈夫です。
もちろんこちらの要望メインで選んでくれるのでご心配なく。
水商売のキャストさんたちは結構いろんな店に行ってるのでお任せするのがオススメかもしれませんね。

Hちゃんは個室のある和食系の居酒屋を予約してくれてまして
個室にてお酒を飲みながらたわいもない会話をしていながらも

「アァ-この後あのオッパイを好きなだけ揉みしだけるのかァ」

そんなことで頭がいっぱいです。
少しフライングしてトイレに行くときに軽く揉みましたけどね、
メッ!ってされちゃいましたよ。
メッ!って

そ れ は そ れ で い い ッ !

軽く酔いが回って良い気分なのもあり何言われても興奮してました

そして、いざおっパブへ
lineで事前に聞いてはいたのですが
私たちが前回来た時から店名とコンセプトが変わったとのことで。
前回は監獄をコンセプトにしてた店でキャストはエナメルもどきのコスプレをしていたのですが
変わってからはTシャツにショートパンツのラフな服装になっていました。
Hちゃんに「なんで?」と尋ねたところ

Hちゃん「オーナーが『ノーブラのオッパイをTシャツ越しに揉むのが至高』って言い出した笑」

え、そんな理由?

私「じゃあHちゃんノーブラでショートパンツ履いて店に出てるの?」

Hちゃん「ショーパンは履くけどノーブラではいないよぅ笑」

私「いやノーブラで居てぇな、頼むわ」

懇願する私

Hちゃん「えー....じゃあ私くん(私のことです)がいる時だけずっとノーブラでいるね///」

私「ありがとうございますッありがとうございますッ」

歓喜する私

私「下はショーパンだけなん?」

Hちゃん「スカートもあるよー!めっちゃミニやからあんま履かんけど....」

私「頼むわぁ....ミニスカ好っきゃねん....」

懇願する私

Hちゃん「んー...ならスカート履く!」

私「ありがとうござい(略

そんなやりとりが居酒屋であったもので。
期待に胸を膨らませながら
席に案内されHちゃんは準備すると言いバックヤードへ
ボーイAさんが来て

ボA「お飲み物はどうされますか?」

実は私、見栄を張りイキリ倒した結果Hちゃんにシャンパンあけると言ってしまってたわけです。
ボーイAさんが来るまでにサラッとメニューを確認したところ
・モエ ブリュット 22000円
・モエ ロゼ 25000円
・モエ ネクター 30000円
そして他はドンペリやらお高いシリーズがズラリ。
さすがにドンペリなどの高いのを開けることは出来ないしできてもおっパブでそこまでするつもりはないので
モエと同じ程度のランクのヴーヴクリコと言うシャンパンを頼んだわけです。
この店のメニューにはヴーヴクリコは載ってなかったわけですが
あらかじめHちゃんに
「クリコのイエローはある?」
って聞いていたので用意する事が出来るというのは知っていました。
値段も聞いたのですが
「ハッキリとわからない、モエと同じくらいなはず」と明言は避けられており
ビクビクしながらも
ボーイAさんに

私「ヴーヴクリコのイエローはいくらで出してますか?」

と尋ねたわけですよ。
私もキャバクラはよく行っていたものですから
モエがこの金額ならクリコもだいたいそれくらいであろうと、予想はつけれるわけです。


※ヴーヴクリコのイエローはバーやご飯屋さんであれば12000〜16000円ぐらいの価格設定が多い。だいたいバーでもキャバクラなどでもモエとクリコの値段が同じ店が多い。

ボーイAさんは少し考えるように俯いて、
勢いよく顔を上げ満面の笑みで

ボA「30000円ですね!!!」

ファッ!?!?
さ ん ま ん え ん ! ?
モエ ネクターと同じ値段だと!?!?
コッ、コイツ!!!
明らかにボッタクって来やがった!!!

私「ならクリコのイエロー一本ください」(キメ顔)←どうせ暗くて見えない

今更引けない私

ボA「はいッ!ありがとうございます!ただクリコは当店に置いていないので少々お時間頂いてもよろしいでしょうか?」

私「あぁーどれくらいかかります?」

ボA「すぐに取りに行きますんで10分もかかりません!」

私「でしたら大丈夫ですよ」(ニッコリ

この紳士的な態度を保てた自分を褒めたい

その後ボーイAさんはどこかにシャンパンを取りに行ったのか席を離れ、Hちゃんの登場。

暗くてあまり見えないながらもこちらに向かってくるときに明らかに揺れてるのがわかるオッパイさん。
ノーブラTシャツHカップは役満です。(意味不

Hちゃん「ごめんねぇ〜おまたせ〜」

横に座るHちゃん

私「いーよいーよ、今クリコ買いに行くって言ってたから待ってる間なんか飲む?」

自ら自分の首を絞めるスタイル

Hちゃん「えぇー!いいのー?すいませーーん」

さっきとは別のボーイBさんが来てオーダーを取っていきます。
私もついでにハイボールを貰い乾杯。

最初はボックス席にいたのですが店が混んできたのかそれともHちゃんの希望かわかりませんが店内でもより一層暗い一人用の席に移動をお願いされました。
店の端っこの方で周りからほとんど見えない席でして、、、
あれ、、、これ、、、
な ん で も で き る 席 で は ?
まぁさすがにS○Xしようとは思ってませんよ?
あ、考えてなかった?そう?
まぁいいとして、
乾杯も済んで、席も暗いとこに移動して、
あとすることといえば
揉むだけでしょう!
オッパイを!!!
というわけでHちゃんを膝の上に乗せまして、
前回同様脚を犠牲にオッパイを堪能したわけですよ。
そして気になるのが
オーナーの個人的趣味であるノーブラTシャツですよ。

どんなもんやい、と。

ナンボのもんやい、と。

そう思っていた頃の私が恥ずかしいです。
本当に、
本当に良いものです。
それ以上は語る必要はないでしょう。
願わくば、

このコンセプトを考え実行したオーナー様と一晩ゆっくりと語りたいものです。

私がノーブラTシャツオッパイや生オッパイを楽しんでる中ようやくシャンパンが届きました。
掛かった時間、なんと30分。
しかもこの店、ワンセット40分。
金沢のちゃんとしたキャバクラの場合ですと
女の子が付いていない、頼んだドリンク(シャンパンや抜きものなどのお高い系)が届いてない、などの場合は時間を止めるんですね。
私もてっきりそうかと思っていたんです。
甘かった。
ただただ甘かった。
ボーイA(もはや『さん』いらない)がシャンパンの栓を抜くわけですよ

ッポン!!


ボA「ありがとうございまぁーす!!」
Hちゃん「わぁー!ありがとー!」

そしてボーイAから衝撃の一言

ボA「あと10分なんですけど延長されますか、、、?」

キッサマ----------!!!!
そんなことある!?!?
せめて栓を抜く前に言わない!?

私「延長するよ」(苦笑
さすがに苦笑い隠せませんて
そら堪えれませんて

ボA「ありがとうございます!それからよかったら...」
ポケットからシャンパングラスを出してきて
スッ

いやお前も飲む気かいッ!!!
いやいーんですよ?
私もそんなにお酒強くないのでどうせ2人では飲みきれないでしょうし。
残すくらいなら飲んでくれるのは全然構わないのですが....
いやお前状況よ、
コッチはHちゃん膝の上乗せて乳揉んどんねんぞ?
まぁ一旦乾杯もするってことで膝から降りてもらい(脚の血を巡らせる必要もあるし)
ボーイAのグラスになみなみとシャンパンを注いであげたわけです。

ボA「あァッ!すいません!いただきます!ありがとうございます!」

グラスグイィー!
シャンパンスイィー!
ップハァッ!

ボA「ありがとうございます!メチャクチャ美味しいです!」

いやイケるクチかいッ!
グイィー!じゃねぇよ!!!

グラススッ

いやまだ飲みたがるんかいッ!!

期待の眼差しでこちらを見てくるボーイA
もう一度なみなみと注いでやりましたよ

グラスg(略

私「ごめん、そろそろオッパイに集中したいで下がって」(原文ママ)

さすがにもう揉みたかった。
反省も後悔もしていない。

するとボーイAは

ボA「アッ!すいません!ご馳走さまでした!
ゆっくり楽しでください!」

さすがにイラつきますよね、
でも私より怒ってたのはHちゃんでした。

Hちゃん「ねぇさすがにアレは無くない?マジでムカつくんやけど。ホントごめんね?延長代は私出すよ」

ナンテイイコナノカシラ
そう言ってくれたもののさすがに払ってもらうわけにはいきませんので、、、

私「あぁ、いいよいいよ。そんな気使わないで」(イケボ


Hちゃん「じゃあもっとサービスしちゃうね!」

いやいやおっパブで『もっとサービス』ってなんやねん。
そう思っている私を横目に
Hちゃんはシャンパングラスをグイィーと呷り
私にキスをしてきました。
そしてそのまま口移しでシャンパンを飲ませてくれまして、、、
そこからは延々と餌をねだる雛鳥のように膝の上に座るHちゃんからのシャンパンを待ち続けましたね。
時には私からシャンパンを口移しし、、、
気分が上がってくるわけですわ。
Hちゃんがあまりにも舌を絡ませてくるもので
ムスコも起きるわけですわ。
起き上がったムスコに気がついたのかHちゃんも股をグリグリ押し付けてきまして...

盛 り 上 が っ て き た !

オッパイにばかり目がいっていて忘れてたのですがHちゃんは私の注文通り超ミニスカなんですよ。
ワカメちゃんくらい。

サラッとケツに手を伸ばしパンツ越しにケツをまさぐる私。
Hちゃんも嫌がることも止めることもせず
小さく喘ぐわけですよ。

盛 り 上 が っ て き た ! !

そこからはパンツに手を突っ込み生ケツを揉みしだきオッパイを堪能し、
ついに、フロント部分にいったわけですが。


ここからはみなさんのご想像にお任せします。


一つだけ言えることは
Hちゃんはパイパンだったとだけ...

いやぁ、おっパブ。
いいものです。

い い も の で す

そして何度目かになるボーイA登場

ボA「すいません、お時間なのですがどうされますか?」

さすがにこの後もキャバクラに行こうと思っていたのでここら辺でチェックをしたわけですがね、

お会計
58000円

さすがに息を飲みましたね。
80分ですよ?
もはや高級ソープ。

なんやかんやありながらもなかなかできない経験ということと思う存分楽しんだと思えば妥当な値段ではあるんですけどね、、、

帰りのエレベーターの中では熱烈なチューをカマされてバイバイしました。

皆さんもおっパブでの豪遊(小規模)を一度はしてみてはいかがでしょうか?

駄文でしたがここまでお付き合いいただきありがとうございました。

風俗店で地雷を踏んでも、最強コスパで簡単に本番できる方法があります

風俗は「ハマる」キャストが見つかればそれは楽しい遊びですが、やはり「お金がかかる」というところがネックになります。


一回遊ぶだけで万単位はかかってしまいます。ではどうすれば「タダで」やれる相手は見つかるのか?簡単です!「やりたい」女性があつまる出会い系サイトを利用すれば絶対にセフレを見つけることはできます。


もちろん風俗嬢の登録者も探せちゃいます(笑)。最近は逆マッサージモデルになってくれる女の子を探して、その気にさせてセックスまで持ち込む手法が大流行してたります。

1位

PCMAX公式(R18)
エロマッサージ投稿数は全国でダントツ。マニアックスから3226人が登録(2020年8月時点)

2位

ハッピーメール公式(R18)
地方でのエロマッサージはハッピーの方が強いという声も。マニアックスから690人が登録(2020年8月時点)

3位

華の会公式(R18)
中高年の会員が多く、30歳以上の満足度がかなり高い

4位

サンマルサン(R18)
金銭の介在が前提。ただし格安でマッサージ施術できる場合が多い

5位

ワクワクメール(R18)
出会い系エロマッサージはここの掲示板が主戦場


出会いのコツ

年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

コラムコーナーは、エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨するものではありません。

この記事を書いた人

シガロ

初めまして、シガロです。
年齢:25/風俗歴:6年目/地元は北陸の田舎/好きな風俗:ソープ/
地方の風俗情報をメインに記事を書いていきたいと思います。 出来るだけ記事を楽しんでもらえるように、興味を持ってもらえるように書いていきたいと思うのでよろしくお願いします。

シガロのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい