【小学生時代のエロい思い出】登り棒オナニー&隣の女子のチラリ生乳

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

【小学生時代のエロい思い出】登り棒オナニー&隣の女子のチラリ生乳

ネズちん∞ 7,567 2019/10/01

クラスの男子には秘密の放課後。公園の[登り棒]でブルマ越しのクリトリスをグイグイ擦りつけてイケナイ快感を密かに感じている敏感うぶ学生

性への知識も皆無、ただ「オッパイが見たい!」程度の欲望しか持ってなく、当然、オナニーも射精も未経験な小学生の頃のエロい思い出を2つほどコラムにしてみました。

「登り棒」で覚えた快感

時は昭和50年代…
小学4年の頃だったでしょうか。
 
体育館にあった「登り綱」。
天井から太い綱がぶら下がっていて、手と足の力だけで、その綱を登っていきます。
ただそれだけの運動でしたが、ある時、ここに気持ち良さが潜んでいることに気付いてしまいました。
 
体育の時間。
 
先生の指示で次々と登り綱に登っていきます。上まで上ったら降りてくる…ただそれだけの運動です。
綱は5、6本あるので、入れ替わりながら次々に登っていきます。
 
体力に自信の無かった自分は、当然、腕力も無く、この「登り綱」がとても苦手でした。
 
登り始めると、素手なので、手は擦れるわ、腕は疲れるわで、途中、休み休みしながらジワジワと登っていきます。
 
綱の上の方までなんとか登りますが、落ちないように手は綱をしっかり握り、太ももは両足ともにギュッと綱を締めた状態。
相当力を入れた状態で最上部で少し休みます。
 
すると、痛いとも、かゆいとも言えない、ジッとしていると気持ちいい、何とも不思議な感覚になってきました。
疲れた時に、力を入れると気持ちいいみたいな、そんなジーンとする気持ち良さが続きます。
 
「ずっとこのまま綱の上にいたい」
 
と思いましたが、そういう訳にもいかずに、しばらく気持ち良さを体感してから縄を下りました。
 
「あの気持ち良さは何なんだ?」
 
「登り綱」は天井に設置されたレールにぶら下がっていて、普段は体育館の端っこに格納されているので、自由に登ることは出来ません。
 
「また登り綱に登って、あの気持ち良さを味わいたい!」
 
と思う日々が続きますが、ある日、この気持ち良さを、校庭にあった「登り棒」でも体感出来ることに気付きました。
 
「これだ!この快感♪」
 
一度覚えたこの快感が再来!
 
それ以降、昼休みになると「登り棒」に登って、快感を味わう日々が続きました。
 
今ならこの気持ち良さが何なのか理解出来ます。しかし、この時はただただ気持ち良いだけだした。
 
登り棒に登ってセミのようにジッとして、登り棒にペニスを押し付けて味わう「登り棒オナニー」
 
誰にも教わることなく、自ら覚えたオナニー初体験。
 
その時は、きっとギンギンに勃起していたのでしょう。
 
中学に上がってからも、小学校に行って登り棒に登りたいという欲望に駆られましたが、実現することはありませんでした。

登り棒オナニー

体育館の登り綱は、上まで登ると天井近くになるので、命綱も付けないで登るのは、今考えると相当危険な行為だったと思います。
 
今のご時世、こんな危険な「登り綱」はまだあるのでしょうか。
 
もし今、「登り綱」が撤去されているなら、それは「危険だから」という理由だけでは無く、あまりにも「登り綱・登り棒」の上の方でジッと力を入れて堪えている男子が多くなってしまい「登り棒オナニー」が教育上問題があるという理由もあるのではないかと思っています。

隣の女子の袖脇から見えた物

小学5年の頃。
席替えで、憧れ女子I美の右隣になりました。しかも、教室右側(廊下側)の最後列。
 
夏のある日…
 
I美は薄いエメラルドブルーと白のチェックの半袖シャツを着ていました。夏らしい涼しげな服は、暑い教室を涼しく感じさせてくれました。
 
国語の時間。
先生はI美を差して、教科書を読ませました。
 
窓は教室の左側にあるので、廊下側に座る自分から左に座るI美を見ると、窓からの明るさで、I美の服がうっすらと透けるような感じになります。
 
その頃は、チラリズムとか興味を抱いてませんでしたが、服が透けそうなI美に妖艶さを感じました。
 
そんなI美を横目で見ていると、目の前に広がる思いも寄らぬ光景に気付いてしまいました。
 
教科書を両手で持っているI美の半袖の脇は少しゆとりがあり、その隙間から服の中が見えました。
 
I美は素肌に半袖シャツを一枚着ているだけ。光が透過して服の中はとても明るく、天使のようなI美の透き通る肌を照らしています。
 
その肌は幼い膨らみを帯び、天使のような曲線を作っています。
 
その膨らみの先端は、肌と同化して薄いゼリーを貼り付けたような緩やかな突起が見えます。
コリっとした感じではなく、柔らかな団子を潰したような突起です。
 
先生の視線を気にしながら、その日は、一日中、椅子を少し後ろにずらしたりして、I美の幼い微乳を見て過ごしました。
 
その日以降、I美がエメラルドブルーのチェックの半袖を着てくる日は、ドキドキしながらI美の微乳を心行くまで堪能しました。
 
時は過ぎて中学になり、オナニーを覚えると、この時の光景を思い浮かべながらオナニーをしたものです。
 
今でも、この時の光景は目に浮かびます。
 
この体験があり、女性のチラリズムにとても興味を持つようになり、それは今の自分の性嗜好に大きく影響しています。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2020年11月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3584人登録(女性は631人)
2位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから237人登録
3位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから735人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから316人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから155人登録
6位
ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから54人登録
利用のコツ
年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。

あなたのオリジナルコラム、お店の口コミ・体験談を掲載してみませんか?

ユーザー様のオリジナルコラムや口コミ体験談を掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

ネズちん∞

二十歳を過ぎた頃からヘルス、ツーショットダイヤル、伝言ダイヤル、テレクラ、出会い系、ちょんの間、ソープ、アダルトチャット、デリヘル、メンズエステ・・・。テレクラで経験した「人妻・熟女」への欲望は今の自分の性風俗感覚の根底となっています。

ネズちん∞のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい