山道にあるラブホテル入ったら「〇〇〇〇」の巣窟だった件…

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

山道にあるラブホテル入ったら「〇〇〇〇」の巣窟だった件…

本当にあった怖い話

三日月レイラ 1,530 2020/01/10

地方の山へドライブデートしたときのこと…

免許と車を手に入れてブンブンと車を走らせていた19歳の頃。
当時付き合っていた彼女の優愛(仮名)と地方の山へドライブデートをしていました。
 
交際2ヶ月目。
車の中でも手を繋いでイチャイチャしていたこともあり、辺りが暗くなると性欲が高まってきます。
おっぱいも触るようになり、互いにセックスしたくなっていました。
 
しかし山道なのでラブホテルなんてない…と思っていると、大自然に似合わぬネオンの光。
 
その正体は私たちが求めていたラブなホテルでした。
 
「ちょっと休もう」
 
なんて言って、ネオンに吸い込まれるように駐車場へ。
ガレージからそのまま部屋へ行けるタイプだったので2人で入室しました。
このときの私は「早くセックスしたい」とドキドキでした。

浴室で待っていたのは…

入室してちょっとイチャイチャした後、優愛はシャワーを浴びに…。
一方私は暢気に部屋を物色中。
すると・・・
 
優愛「ぎゃああああ!!!」
 
とただ事ではない悲鳴が!
私は全力で走って浴室へ向かうと、優愛のキレイなヒップが最高…ではなく大量のコオロギさんがいました。 
 
湯の張っていない浴槽の中で元気に飛び回っています。
その光景は少し面白いくらいでした。
どうやら換気用の隙間から迷い込んでしまったのでしょう。
50匹近くはいました。
 
私は正直慣れっこなので平気ですが、優愛は虫が大の苦手。
 
優愛「無理無理!!」
 
と泣いてしまいました。
なので脱いだ衣服と裸の優愛をそのまま回収して、ベッドに。
 
私は「大丈夫」と頭をポンポンと撫でてあやすのに必死でした。

でも性欲は収まらない…

優愛はショックで萎えていそうですが、私は裸を見せつけられているので興奮が高まる一方。おっぱいだって押し当たっています。
 
さらに泣き顔が結構そそるではありませんか。
 
我慢できずキスや手マンをした後、強引気味に正常位で挿入。
コオロギの恐怖と快感どっちが上か分かりませんが、ガンガン突くと優愛は「んあっ!」と言いながら泣いてました。
 
最後は四つん這いにさせてバックで激しく突き、お尻にぶっかけて終了。
優愛もしっかり感じたようで何度もイってました。
 
しかし熱が冷めた頃。
 
優愛「あ…シャワー浴びなきゃじゃん」 
 
確かに。納得。掛けてしまったし。

そして…

私は1人浴室へ行き、コオロギを捕まえては外へぶん投げる作業をスタート。
ただでさえ賢者タイムで頭がボーッとしているのに、ひたすら取っては投げるの繰り返し。少しおかしくなりそうでした。
 
片付いたのは30分以上経った頃。
その後は2人でシャワーを浴びて、たっぷり抱き合って愛を深めました。
結果オーライです。
 
ホテルからは掃除代金もらいたいくらいでしたが、しっかり休憩料払って出ましたとさ。
 
 
この苦い経験から、ラブホテルはちゃんとした所へ入ろうと決め、それは今でも続いています。最近ではレビュー読んでから入るくらいです。
 
自分1人ならまだしも、パートナーが萎えてしまっては良いプレイはできません。
ナンパして連れ込んだ先が最悪な部屋なら苦労が台無しです。
 
皆さんもラブホテル選びにはご注意を!

マニアックスユーザーが入り浸る、エロい出会い実績の多いサイト(実績数順)

エロい出会いの実績だけ重視した、ユーザー体験談の投稿数順のガチンコランキングです。

1位

PCMAX公式(R18)
エロマッサージ投稿数は全国でダントツ。

2位

ハッピーメール公式(R18)
地方でのエロマッサージはハッピーの方が強いという声も

3位

華の会公式(R18)
中高年の会員が多く、30歳以上の満足度がかなり高い

4位

sanmarusan公式(R18)
金銭の介在が前提。ただし格安でマッサージ施術できる場合が多い


出会いのコツ

年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

コラムコーナーは、エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨するものではありません。

この記事を書いた人

三日月レイラ

おもらしが好き。マッチングアプリを使ってプレイしまくる日々。

三日月レイラのブログ
三日月レイラのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい