【ドイツFKK-1】FKKとは世界最強の健康ランド+本番サロンという風俗

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

【ドイツFKK-1】FKKとは世界最強の健康ランド+本番サロンという風俗

FKK

ドイツ風俗

海外風俗

きのかなお 3,652 2019/06/05

FKKは元々「ヌーディズム」の意味


ドイツには世界最高の風俗、FKKがあります。発音は「エフケーケー」ではなく「エフカーカー」とドイツ語読みです

これ、何かというとドイツ語でFreikörperkulturという「ヌーディズム」を示す単語の頭文字と中の文字を使って短縮したものです。でFKKと略して書かれることが多いです。
ですからドイツのプールに併設されているサウナは全裸が原則ですから、このFKKの文字が入り口の所にかかれています。つまり「ここから先は全裸強制です」ということです。

入場料50-60ユーロ+1発50ユーロで金髪全裸美女とH


ところが、このFKK,今度は意味が転じて風俗店の営業の形態のことを指すようになりました。

このFKKとは何かというと、

健康ランド+本番サロン

です。

入場料を(60ユーロから70ユーロ)受付で払って更衣室でバスローブやタオルを巻いて着替え、備え付けのサンダルを履き、サロンに行くと全裸の女性がサウナやバーにいらっしゃるので、その女性達と交渉して合意すれば別室に行ってHをするというシステムです。終わったら女性に50ユーロ払います、これで1つの工程が終わったことになります。

あとは体力無制限一本勝負(笑)。何時間粘ってもかまいません。私は最初行った時興奮して6-7時間居て4発やったらチンポが痛くなりました(笑)。

これとは逆に一切Hはしなくてもいいです。年配の方にはなかなか勃起しないので、全裸の女性を眺めるために来ている人もいます。

食べ物や飲み物も入場料に含まれる


それからこのFKKは食事時になると食事も出ます。ビュッフェコーナーがあったりします。またバーコーナーではソフトドリンクも無料です。これは入場料に含まれているので払う必要はないです。

ただし、ビールなどお酒が出るところはあまりないですし、あってもそこだけは有料というケースもあります。まぁアルコール飲んじゃうとちんぽの起ちが悪くなるのであまり飲まないし、それで店側も置いてないのでしょう。

金髪美女もいれば黒人やヒスパニック、アジア系女性も


女性はといえばまぁ皆さん御期待の

金髪巨乳

が若いのから熟女までより取り見取りです。中には豊胸手術していると思しき人もいますが、おっぱいが大きい人はごまんといますし、プレイボーイのグラビアに出てもおかしくないんじゃないかというぐらいの人から「ハーイ、私とHしない?」って声かけてくるので最初はちょっと舞い上がります。

金髪美人でなく、普通の感じの女性や黒人やタイ・フィリピンなどのアジア系、南米系の人までいろんな嬢がいらっしゃいますので、いろいろ試せます。

管理売春ではなくて自由出勤


ただ、ここで勘違いしてはならないのは、彼女達も

独立営業主

だということ。

つまり彼女らも男性同様入場料を支払って入ります。従ってお客が最低2人はとれないと赤字になってしまうのでそういう意味では必死です。

逆に売れっ子の嬢は5-6人男性客が取れたら今日の上がりはOKということで3-4時間で帰ってしまうということもあります。

つまり

「管理売春」

とは異なる

「独立営業」

であるという点がアジアなどの売春とはちょっと違うということになります。

この記事を書いた人

きのかなお

メインの仕事は英語関連の仕事だが、旅行好きで海外のいろんな性に関するモノや 風俗を体験するようになる。得意分野はドイツの混浴サウナネタや世界最強風俗(と 個人的には思っている)ドイツのFKK体験レポートタイ南部のハジャイの置屋ネタや パタヤ・バンコク風俗ネタなど。

きのかなおのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい