【ドイツFKK-3】6月がベスト、11月下旬-12月上旬は航空券の安いので穴場なFKK

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

【ドイツFKK-3】6月がベスト、11月下旬-12月上旬は航空券の安いので穴場なFKK

FKK

ドイツ風俗

海外風俗

きのかなお 2,171 2019/06/25

7-8月は避けたほうがいいFKK訪問

FKKはいつ行ったら良いのか?大きな問題です。

え、7-8月の夏じゃないの?

違います。これは止めた方がイイです。なぜか、答えは簡単。

オネーサマ達が皆さんバカンスでいないからです。

前にも申し述べた通り売れっ子の嬢などはマンコが乾く間がないぐらい男性とHして水揚げもものすごいです。そういう売れっ子嬢は売上がある程度溜まれば「もうチンポはいい」ってことでバカンスに行きます。あるいはバカンスじゃなくても母国のロシアやウクライナなどに帰る嬢が非常に多いです。
(ロシアやウクライナ、あるいはルーマニアなどの東欧からの女性はFKKの主力ともいっていいほど多い)

ま、そうじゃなくてもヨーロッパの人は皆さんバカンスに行くので(笑)相対的にオネーサンたちは少なくなります。また、女の子の質も残念ながら下がっていきます。選択の幅が狭まって行くのです。

ですからこの時期は避けたほうが無難ですが、日本からFKKを訪れるという視点からすると逆に休みを取りやすいのは7月-8月ということでなかなか解決が難しい矛盾が多いのはご承知おきください(笑)。
エアコンのないFKKが大半なので7-8月はキツイ
ドイツは日本の7-8月ほど30度を超える気温が連日続くというような暑さは滅多にないです。しかし、ドイツを含むヨーロッパは基本的に「冬」の寒い気候を基礎において建物設計をしているので、

「エアコン」

が施設にない場合も多いです。これ、暑い時期には結構辛い。そんな暑い中で、体温のある女性抱いて腰を振るともうそれだけで重労働です。私も1度ドイツに異常熱波が襲った夏に行ってあまりの施設内の暑さに負けそうになって何度もプールに浸かりながら体温下げて、嬢には

「もうフェラだけにして。Hは暑いからいい」

といって30分50ユーロ支払って抜いてもらったことがあります。女性も暑いのかそっちの方がよかったようですが(笑)。

ベストは庭で青姦もできる6月のFKK

従ってその1月前の6月がベストということになります。6月ですとドイツもそこそこ気温があがります。こうなると日本ではまず体験できない屋外でのプレー、つまり「青姦」が外のお庭でできたりするというメリットもあります。なぜならFKKによっては広い庭がある施設もあるからです。

またFKKは風俗施設を学校などのある住宅地には建てさせないという規制のため、郊外の工業団地みたいな所にあることが多いので、庭の周りは無機質な建物かぽつんとFKKの施設があるだけ、高いビルから盗撮ってのもありません。
ですから「覗き」ということもあまり考えなくていいわけです。中には露出プレーが大好きな男もいて庭の一番よく見えるところで嬢とハメている光景に出くわしたりしますが(笑)。

FKK訪問の穴場シーズンは冬

穴場はいつか?というとやはり秋から初冬の11月くらいでしょうか?この時期は航空券が1年の中で一番安い上に、嬢もクリスマスの休暇前に稼ごうということでがんばってサービスしてくれたりします。屋外の庭を使ったプレーができない、裸の人が多いので暖房効きすぎてちょっと気持ち悪くなることもありますが、この時期はコスパ考えるとありです。

ただし、年末年始はダメです。クリスマスの頃は施設もクローズとなってますので止めましょう。また1月2月も雪など天候の面で問題があるので避けたほうが無難かもしれません。

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

きのかなお

メインの仕事は英語関連の仕事だが、旅行好きで海外のいろんな性に関するモノや 風俗を体験するようになる。得意分野はドイツの混浴サウナネタや世界最強風俗(と 個人的には思っている)ドイツのFKK体験レポートタイ南部のハジャイの置屋ネタや パタヤ・バンコク風俗ネタなど。

きのかなおのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい