ハッピーメールで出会った彼氏持ちの女子大生と居酒屋でエロい事をした話

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

ハッピーメールで出会った彼氏持ちの女子大生と居酒屋でエロい事をした話

出会い系体験談

ハッピーメール

カテーテルINAGAKI 1,879 2019/06/02

カテーテルINAGAKIです。

 

最近流行っている婚活系のマッチングアプリと出会い系マッチングサイトの大きな違いは何かわかりますか?

 

それはハッピーメールのような出会い系の方は「不倫したい人妻」「都合が良い相手(≒セフレ)が欲しい女」「暇を持て余している学生」が使うということです。

 

マッチングアプリはいわば婚活アプリのようなもの。健全性が謳われている一方で、真剣な目的のみでしか使ってはいけなく、女性にとっても重いという一面があります。

 

筆者の経験上、婚活系マッチングアプリでは、割とスムーズに出会うところまでもっていけますが、食事に行ってその日にヤることはとても難しいです。向こうは真面目なお付き合いを求めるため、食事を重ねて、3回目くらいに付き合おうと言われることを期待しています。

 

現にそうやって付き合って4回目で女の子の家でヤった経験もありますが、その後関係を清算する際に若干の罪悪感がありました。人を裏切る経験はつらいものです。愛されるより愛したいってやつですね。

 

さて、本題です。

 

出会い系の女性ユーザである「暇を持て余している学生」とエロいことをした話をします。

暇な学生を見つけるには普通のプロフィールの女の子を狙うべし

2019年現在の出会い系では援デリ業者(女の子を派遣して2万円くらいでヤらせて仲介料を取る。投稿などは男のスタッフが行う)が結構多いのが実情です。

(本物の女の子を見つけるためには攻略法の記事注意点の記事を参照してください)

 

援デリ業者の特徴は早々に超積極的な長文メールを送ってくることです。

いきなりこのような調子で長文を送ってきます。「ホ別2万円」ときたら確実に業者です。

 

こういうのはスルーして、本物の女の子を見つけましょう。

 

まず、暇つぶしでやっている学生の特徴は「プロフィールがガチではない」ということです。というよりもほぼ特徴が無いと言ってよいでしょう。リスクを恐れるのと、ライトな気持ちでやっていることから、画像は登録せず、プロフィールもかなりシンプルな場合が多いです。自己評価の★なんかはいじらないものです。

筆者は実際にこの娘と会うことに成功しました。

 

普通の短文メッセージのやり取りを重ね、居酒屋で飲むことになりました。会う前には「待ち合わせではぐれるといけないからラインかカカオ好感してきませんか?」と言います。二択にすることで連絡先を交換することを前提にするのです。

 

そして、戦場の居酒屋へ…。

意気投合して個室でそのまま…

繁華街の居酒屋の個室を予約し、駅で待ち合わせます。

 

ラインで電話して、服の特徴を聞きます。直ぐに合流した娘はとってもいい感じ。丸顔でパッチリ二重が可愛らしく、リスみたいな印象を与えます。身長は155㎝くらい、出会い系では珍しいやせ型、それでいて胸が小さすぎない。その場でヤりてえなーと思いました。

 

そのまま軽いトークをしながら居酒屋へ。

 

お酒も進んで、多少踏み込んだ会話をしていると、女子大生のこの娘にはどうやら彼氏がいる模様。でも別れる予定だとか。これはチャンス。

 

「どうしたの?話聞こうか」

「それは大変だね」

「わかるわかる」

 

聞き手に回り、共感することが重要なのです。

 

女子大生「うち、いつも男が離れてっちゃうんだよね。」

筆者「もしかして○○○ちゃん、S線が強いのかも。左手のさ、小指と人差し指の間に線があったりしない?」

女子大生「えー?」

 

そして何気に手を取り、「あーやっぱり!」、続けて「でも、モテ線と社交線がある!だから合わない男も含めて惹きつけちゃうんだね。あっ、覇王線もあるじゃん(笑)。すごいね!」

 

こんな感じで適当に盛り上げつつ手を触ります。手を触るのは距離感を縮め、また、嫌がっていないか確認できる絶好の手段です。全然嫌がっていません。

 

手を触ってると興奮してチンコが勃起し始めてしまいました。酔った女子大生はふざけて足で筆者の身体をツンツン突き始めます。私はその足を両足で挟んで、手と手が重なり、足が絡まり、なんともエロい雰囲気になります。

 

すると、女子大生はその足を引き抜いたかと思うと、椅子の上、俺の足の上に乗せてきます。私はその足をもっこり勃起した股間に擦らせて、雰囲気はいよいよガチモードになってきました。このままホテルに誘おうかと思っていたら、なんと女子大生はいきなり身をかがめ、テーブルの下からジーンズのチャックを開けてチンコにしゃぶりついてきました。

 

個室とはいえ薄い壁(しかも開ける)を隔てて隣には見知らぬ男女の4人組が飲んでいるのです。焦って襖の間から向こうを覗き見ると、割と盛り上がっている4人組。


でも気持ち良すぎて少し「あっ」なんて声を出してしまう。また、女子大生もわざとなのか「ちゅぱちゅぱ」と音を立てて上目遣いのフェラを続けます。そして、小声で「気持ちいい…?」と。彼女と私は互いに店員や隣のグループにギリギリばれないスリルをエロさに変えて楽しんでいました。


そして、のけぞって最高に気持ちよくフィニッシュ。

 

これは筆者の経験上もっとも気持ちが良いフェラとなりました。その時初めて露出狂や不倫を楽しむ人の気持ちが分かったような気がします。スリル、リスクがセックスの最大の調味料であることを己の身で体験したのです。 

その日は一旦解散するものの、後日日中仕事を抜けてホテルで3発ヤることに成功します。その話は後日、別の記事で紹介します。


※ちなみに手相の件から筆者をナンパ野郎だと思われたかもしれませんが、これはコミュ障の筆者が適当に読み漁ったモテるための本からパクった付け焼刃の術です。

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

カテーテルINAGAKI

ロマンティック・ライター。センセーショナルな話題から不朽の名作まで、常に感動を追い求める。酒の力で多くの性交と失敗を繰り返してきた私にもう失うものはない。

著作:マッチングアプリの攻略法と実体験 等 (ツイッターに著作リンクあり)

カテーテルINAGAKIのツイッター
カテーテルINAGAKIのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい