SNSで見つけた女性としたエロイプが最高に気持ちよかった

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

SNSで見つけた女性としたエロイプが最高に気持ちよかった

エロイプ

TAMA 555 2019/08/05
オナニーを毎日のようにしてしまうという男性は、いつものオナニーに飽きてしまうという事はありませんか?
気持ちの良い行為ですし、セックスよりもサクッと短時間で性欲を解消できるのですが、なにかが物足りないのです!

「風俗にいくお金もないし、どこかに行くのもめんどくさい!」

そんな人におすすめなのが「エロイプ」です。
エロイプとは、電話やビデオ通話を使って、疑似セックスを楽しむというものです。
はまると、普通のオナニーじゃ満足できなくなることもありますよ?

Twitterで知り合った女性とエロイプ!!

私自身、最初はエロイプというものに興味はありませんでした。
実際に触れ合うわけでもないですし、結局はオナニーと変わらないと思っていたのです。

ただ、男というものは女性の体が本当に好きなのです。
「おっぱいみたい?」
「今日かわいい下着買ったの!」
何て言われたら、「見たい!」と言っちゃいますよね。
そんな流れで、私は初めてのエロイプを体験したのです。

お酒を飲みながら話をしていると…

その日は、私は一人で宅飲みをしていました。
翌日が休みだったのですが、誰も捕まらず、一人でお酒を買い込んでいたのです。

一本、二本とお酒を飲んでいると、寂しくなってきて、喋り相手が欲しくなってきたのです。
まあ、男でもよかったのですが、どうせなら女がいいと思い、Twitterで暇そうにしている女性にDMを飛ばす事にしました。
フォロワーだったので、特に身構えることはありませんでした。

私「なにしてるのー?」
女「家で一人だよー。どうしたの?」
私「酒飲んでるけど、暇だから付き合ってw」
女「寂しwwじゃあ、私も飲みますか!」
こんな感じで、女性は快く、会話相手になってくれたのです!

DMがめんどくさくなってくる

お酒を飲んでいると、徐々に文字を打つのがめんどくさくなってきたのです。
特に長い文章を送っているわけではありませんが、質問に対し、ラグがあるのが気になってきたのです。
そこで、私は連絡先の交換を打診しました!

「文字打つのめんどくさいし、○○ちゃんの声聞きたい!」
女性もお酒を飲んでいたこともあり、いいよーよ快く引き受けてくれました!
ここで、女性のLINEをゲットしたのです。

LINEで通話…かわいい声をしておる…

LINEをもらったので、私は何も考えず通話をすることにしました。
スマホを持つこともめんどくさくなっていたので、スピーカー通話にしながら、欠けるとすぐに女性は出てくれました。

女「……もしもーし!」
私「えっ?かわいい声してるね!好きかも!」
女「そう?ありがとっ!」
まあ、最初は軽く流されちゃいました。
好きだとか、冗談で言っていると、お互いの好みの話や、エロい話をする流れになりました。

かわいい声をした女性が「正常位が好き!」とか言っていると、すっごいムラムラしてきちゃったんです。

なんとかビデオ通話にこぎつける!

エロい心たっぷりの私は、ここで女性のおっぱいのサイズを聞くことにしました!
私「○○ちゃんて何カップ?」
女「Cカップだよ!」
私「Cカップが一番好き!みたい!」
普通にダメだよ!と言われましたが、ここで引き下がれなかった私は、服の上からでもいいから、ふくらみがみたいという一番下のハードルを提示したのです!
それならいいかな…?ぐらいの感じで、女性はしぶしぶ了承してくれました!

いよいよ画面が切り替わり、ビデオ通話に切り替わった瞬間に、顔が普通に映っていました。
本人はたぶん気づいていなかったとは思います。
そして、驚きの服装だったのです。
女性は、キャミソール一枚で、ブラジャーがちらちら見えていたのです。
完全に誘っている…と私は確信しました。

私「○○ちゃん?エッチなことしよっか?」
女「やったことないし、上手くできるかわかんないよ?」
私「俺もないけど、気持ちよくなりたい」
女「私も気持ちよくなりたい…」
エロイプのお誘いに成功したのです!

恥ずかしがっている姿がたまらなくエロい

私は、キャミソールを脱ぐように指示し、女性を下着姿にしました。
本当に脱いでいるかを確認したかったので、カメラを向けさせ、下着状態の彼女を確認しました。
女性は、真っ赤な下着を身に着けていて、より私を興奮させました。

カメラを向けていると、女性はかなり恥ずかしがっていて、今にも泣き出しそうな声をしていました。
私も、ここまで来たら止まらないので、女性に胸をもむようと指示を出しました。

女「んっ!あっ…乳首が硬くなってきたよ…」
恥ずかしながらも、しっかりと伝えてくれる女性が愛らしくなってきたこともあり、私もペニスも硬くなり始めていました。
下を触らせると、くちゅくちゅと音が聞こえるほど、濡れていました。

セックスのような前戯はいらない

女性のマンコは、トロトロになっていて、もう女性も我慢できなくなっていたようで、指示を出さずとも、オナニーを始めていました。

女「あっ!気持ちいい…。やばいよっ!」
私「ねえ?俺のが入ってるて想像して?」
女「うん……。○○くんの硬くて、奥まで入ってくる…」
私は、自然に手を上下させていました。
すると、次は女性の方から、「○○くんの見たい…」と言いただしたのです。

私も見せることに抵抗はなかったので、ペニスを画面に映す事にしました。
女「……おっきい…欲しい……」
ここまで、はっきり言われると、私にペニスもさらに大きさを増していきます。
性器をいじりながら、かわいくエロい声を聞くと、異常な興奮状態になってきていました。
エロイプはオナニーとは違いますし、セックスとは違うのです!

イッちゃうとかなり恥ずかしい…

女性は、私に出てるところを見たいと言ってきました。
私は、見せることに特別抵抗はありませんでしたが、どうせならエロい事をしたいと思いました。
私「じゃあ、脚開いてちゃんと見せて?」
女性は、エロさと気持ちよさでかなり従順になっていました。
ゆっくりと足を開き、マンコをしっかりと見せてくれました。

その状況に興奮してし、手の動きが早くなってしまった私は、その後にすぐイクことができました。
女性は見ながらも、指が止まっておらず、大きな声を上げてイっていました。

ただ、お互いがイッた後の空気はすごい重かったです。
恥ずかしすぎて、何をしゃべっていいかわからなかったことをよく覚えています。

気持ちのいいエロイプをするためには!


気持ちのいいエロイプをするためには、恥ずかしがらず、自分のしたいことを伝えるべきだと思います。
そして、相手に何かをお願いされたら、快く引き受けましょう。
お互いの欲求が満たされることで、どんどん興奮してきてきます。

また、エロイプの世界に没頭するのも重要です。
電話だからと言って、冷めた気持ちで聞いてしまうと、もったいないです!
セックスをしているという気持ちを持つようにしましょう。
実際に、エロイプしている相手は、あなたのためにオナニーをしているともいえるのです。
映画や漫画に、気持ちが入りこみやすい人は、気持ちのいいエロイプに向いていると言えます!

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

TAMA

TAMAのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい