【ジャカルタ風俗】売春バーとも呼ばれるCJ’s Barは本当に出会えるのか調査してみた

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

【ジャカルタ風俗】売春バーとも呼ばれるCJ’s Barは本当に出会えるのか調査してみた

ジャカルタ風俗

インドネシア風俗

海外風俗

風太郎 1,175 2019/07/22

CJ’s Barの行き方

CJ’s Barは、ムリアホテルの2階にあるバーです。
セナヤンフットボールスタジアムにほど近い場所に位置しています。。
普通のバーではなく、売春婦ご用達の出会い系バーです。
マニラのLAカフェのジャカルタ版ですね。

CJ’s Bar遊び方

営業時間:20:30~4:00
入場料:200,000ルピア(約1500円)・ワンドリンク付き(宿泊者除く)
テーブル席:4,000,000ルピア(約30000円)
服装:短パン、サンダルはNG


CJ’s Barは入場する際に、200,000ルピア支払う必要があります。。
ビンタンビールが1杯付いてきます。
ムリアホテルに宿泊している人は、入場料が無料になります。
ただし、ビ―ルはついてこないと思います。
酒の値段は1杯200,000ルピア~。
テーブル席は4,000,000ルピア~。
個人的には、テーブル席にお金をかけるのはもったいないと思います。
基本的に立ち飲みスタイルでOKです。
クラブっぽい雰囲気はありますが、ホテルの店員だけあって、スムースで、嫌な感じもありません。


店内のステージ上では、生演奏のバンドが演奏してくれており、楽しい雰囲気です。
CJ’s Barはエロも有名ですが、この生演奏も有名です。
音楽好きな人は飲みながら音楽を聴いて、エロい女を見るだけでも楽しめます。
店内にはアジア人と白人の男性客が5:5でいたのですが、白人客は音楽重視の人が多いように感じました。


CJ’s Barに入店すると、客に混じって、売春婦がたむろしています。
服装がエロいので、すぐ売春婦かそうでないかは判別できます。
気になった女の子がいたら声をかけて会話スタート。
というか、女の子によっては、向こうから目配せしてきたり、近づいて話しかけてくるというパターンが多いです。
日本人女性なら絶対にしない海外感満載の性的アピールを送ってくるので、すぐにわかると思いますw


女の子には以下の2タイプがいます。

・すぐに値段交渉を持ちかけてくる
・ちょっと仲良くなってから値段交渉を持ちかけてくる


感覚的に、大体が値段交渉をすぐ持ち掛けてきますが、なかにはすこし会話してから、値段交渉してくる嬢もいます。
すぐに値段交渉してくる嬢よりも会話先行の嬢の方が、性格が良い・優しいように感じます。
完全に独断ですが、サービスもいいんじゃないかと考えていますw

CJ’s Barにオススメの方

ディープなエロ観光地に行ってみたい
ちょっと治安の悪い場所に行ってみたい
女の子と交渉してセックスしたい
英語またはインドネシア語が話せる
クラブっぽい雰囲気が好き

CJ’s Barにオススメできない方

サクっとセックスしたい
コミュニケーションが苦手
英語もインドネシア語も話せない
あまり金をかけたくない

CJ’s Barに行ってみた結果

私は、ムリアホテルには宿泊せず、CJ’s Barに行きました。
入場料を払い、入店。
1人だと寂しいかなと思っていましたが、生演奏が圧巻で、全く寂しさは感じませんでした。
私は特に音楽に造詣が深い訳ではありませんが、メジャーな海外の音楽が、ノリノリの爆音で流れてくるので、楽しめました。
ドリンクを持ち、音楽に乗って肩を揺らしながら、音楽を聴くというダサイミーハーまるだしのスタイルで楽しんでいましたw
生演奏の女性は結構な美人で、ナンパしたいと思いましたが、客席の方には来ず、演奏が終わるとバックに消えてしまったので叶いませんでしたw

売春婦狩り開始

店内の様子をうかがったり、生演奏を堪能したので、そろそろ女性を狩るために動き出します。
明らかに目線を向けてきたり、ウインクしてきたりと性的アピールが凄いw
喋りかけてくる女の子もいましたが、目配せだけしてくる女の子の方が多かったです。


女性の数は50人くらい。
中にはまあまあ美人なコもいましたが、30代くらいの年増もいました。
大体はグループで売春しに来ている女の子が多く、客がいない間は仲間内で談笑しています。
日によって、女性も変わるので、このへんは運要素が強いです。
女性の要求してくる額はマチマチですが、100万ルピア(約7500円)を吹っかけてくるコが多かったです。
20代前半の美人も30代後半の女性もとりあえず、吹っかけてきます。
私の心の中で「クラシックホテルの置屋、2.5回分じゃねーか。」と思っていましたw

値切り交渉開始

さすがに100万ルピアは払えないので、仲良くなって値切る作戦にでます。
さきほど、私に声をかけてきた女優の今田美緒を2回殴った顔をした美人に声掛け。

私「やっぱり、君可愛い!」
ミオ(仮名)「ありがとう、出身はどこ?」
私「日本だよ。君は?」
ミオ「私はジャカルタよ」
私「そうなんだ。美人だしおっぱい大きいね」
ミオ「えっ、やめてーww」

って感じで仲良くなるのに努めましたw
とは言え、特に話すことはあまりないので、5分、10分でネタ切れ。

私「もう夜も遅いし、ホテルきてよ。こっから割と近いし。」
ミオ「えー、いくら?」
私「僕の愛あげるからタダでお願いしまーすww」
ミオ「いや、それはないわw」
私「えーじゃあ、10万ルピア?」
ミオ「ないないw」
私「じゃあ、いくら?」
ミオ「80万ルピアでいいよ」
私「OK、じゃあ、30万ルピアでいいよ。いこっか」
ミオ「いや、いかないし、安すぎィw」
私「間とって、50万で!じゃあ、いこっか。」
ミオ「えー、安い。特別だよ。」


というわけで、半額になりました。
とはいっても、クラシックホテルよりすこし高いのですが・・・

ミオとセックス

タクシーで、ホテルに到着。
部屋に入るなり、DK。
シャワーを浴びて、フェラをしてもらうというながれでした。
DKもフェラも可もなく不可もなくという感じでした。
挿入した時に判明したのですが、ミオはSっ気があるのか、アンアン喘ぎながら、私のケツをバシバシ叩いてきます。
結構力いっぱい叩くるので、チンコがなんどかチンコが萎えてしまいたいへんでしたw
そのため、バックで突きまくり、ミオを疲れさせた後で、正常位でイクという作戦を取りました。
かなり疲れてそのまま寝てしまい、翌朝バイバイ。

C’s Barまとめ

2回も3回も行くところではない。
1回でOKです。
クラブや置屋やマッサージとは違うので、楽しいですが、金がかかるし、交渉がめんどくさいので、
会話が楽しめる人じゃないとキツいですね。
私は置屋の方が好きですw
以上CJ’s Barについてまとめてみました。

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

風太郎

風太郎のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい