チャイエス店外日記「拳銃、札束、窃盗団。怖すぎる中国エステの闇」

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

チャイエス店外日記「拳銃、札束、窃盗団。怖すぎる中国エステの闇」

チャイエス・中国エステ

エロいい話

【チャイエス店外日記】

なかぞの 447 2019/07/11
今回ご紹介するのは、以前投稿したコラム『中国エステに行ったらエロすぎる韓国娘が出てきて、いきなりセックス講習が始まった話』に登場した、十三の中国エステに勤める韓国人女性から聞いた話です。

どことなく女優の石原さとみに似た顔立ちの彼女が、可愛らしいしゃべり方でどぎつい話やきわどい話をよく聞かせてくれました。自身の体験談に加え、健康法や歴史に関する雑学なんかも披露してくれました。

そんな彼女が聞かせてくれた数ある小話の中で、ちょっと怖かった話をひとつご紹介したいと思います。

トイレに拳銃が…

その見るからに怪しい雑居ビルに入っている中国エステを訪れるのは、2ヵ月ぶりのことでした。その店で働く韓国人の女の子(ここでは仮に「ユンさん」としておきます)の独特なプレイにすっかりハマってしまった私は、多い時には週に2回も通うほどになっていました。ビルに入居しているのは、2店舗ある日本人ヘルス以外すべて中国エステです。

私がひいきにしていたその中国エステはホテヘル型の店で、その日もいつものようにユンさんを指名すると、ふたりで近くのホテルへと向かいました。

ビルにはエレベーターがなく、階段を使って上り下りします。2階まで下りてきたとき、扉を派手な照明で飾った中国エステの前で、男がふたり立ち話をしているのが見えました。

一見してカタギの人間でないのがわかりました。私たちに気づくと、男ふたりは話をやめ、横目でちらっと、こちらの様子を窺ってきました。ひとりは60年配の太った男で、半袖のシャツからわずかに刺青が見えていました。もうひとりの男はミラーレンズのサングラスをかけていて、人相や年恰好はつかめませんでしたが、その雰囲気からはまるで殺気が感じられるようでした。私とユンさんは緊張した面持ちで、足早にその横を通り過ぎました。

ホテルの部屋に入り、少しイチャイチャしたあと、ユンさんはバスルームでもしっかり楽しませてくれました。ベッドに腰を下ろしたとき、すでにフィニッシュしてしまいそうなほど興奮している私を横目に、彼女がふーっと溜め息をついてから、可愛らしい口調で話し始めたのです。

「ちょっと聞いてよ、昨日は大変だったんだから。お相撲の選手が来てね…」
ユンさんは週に2回だけデリバリーの韓国エステでも働いていて、そこでの話もよく聞かせてくれました。

「お相撲の選手がね、背中をマッサージしてほしいって言うんだけど、ぜんぜん効かないのよ、脂肪が厚すぎて。わたしの体重じゃビクともしないの。だから背中の上で飛び跳ねてやったの、手で押してもダメだからね。それでもぜんぜん効かないって言うの。足の裏なんかもすごく硬くて、人の皮膚じゃないみたい。お相撲の選手が来たときは、ちょっと考えないとだめねえ…」

彼女は鼻筋にしわを寄せてくすっと笑いました。それからふと思い出したような顔になると、私たちの他に誰もいないにもかかわらず、小声でこう言いました。

「そうそう、さっきビルの階段にいたでしょ?怖そうな人。あの人たち、たぶんマフィアか、その関係者だと思うの」
「そうなの?たしかにヤクザっぽい感じはしたけど」

私は早くプレイを始めてほしくて、股間をうずうずさせながら聞き返しました。

「じつはね、うちの店の店長から聞いたんだけどね、あの怖そうな人たちがいた店、中国人のマフィアが関係してるんだって。なんでもマフィアの下で働いてる半グレの連中が店を経営してるらしいのよ」
「へえー、そうなんや…」

その手の話は私も聞いたことがありました。本国にいるマフィアが、中国残留孤児の2世や3世で構成される半グレ集団を使って闇ビジネスを展開していて、中国エステやクラブなどを経営しているケースも多いといいます。

私は早くプレイを始めてほしくてうずうずしていましたが、彼女のほうはその話題に夢中で、まだまだしゃべり足りない様子でした。

「前にあのビルで抗争があってね、ピストルで撃ち合いになったらしいの」
「えっ、撃ち合いがあったの?」
「そう。でね、そのときに使われたピストルがどうなったと思う?」
「どうって…?」
「あのね、あのね」

彼女は嬉しそうな顔でさらに声をひそめると、私の耳もとでささやくようにこう言いました。

「あのビルの4階にトイレあるでしょ?共用のやつ」
「ああ、あの暗いトイレ?」
「そう。あのトイレのタンクの中にね、ピストルが隠してあったの…」

彼女が言うように、あの雑居ビルの4階には共用のトイレがあり、私も一度だけ利用したことがありました。あまり利用する人がいないからか糞尿の臭いがこびり付いているといったことはないのですが、照明が切れていて薄暗く、カビ臭かったのを覚えています。

なんでも彼女の話では、ラップで何重にもぐるぐる巻きされ、ビニール袋に入れられた拳銃がタンクの底に沈められていて、たまたまトイレを利用した客が、何を思ったのかタンクのふたを開けて中を覗いたところ、それが発見されたというのです。その客が警察に通報し、あとになって、抗争で使用された拳銃だったことが判明したのだとか。

「あとで誰かが回収に来ることになってたんだと思うの。それをたまたま、お客さんが先に見つけてしまったのね。どうどう?怖い話でしょ?」
「うーん、たしかに怖い話やなぁ…」
「でね、その話にはまだ続きがあるの」
「まだあるの?」
「あ、あんまりしゃべってたら時間なくなっちゃうね、ごめんね」

私のややうんざりしたような口調に気づいたのか、彼女はそう言うと、気持ちを切り替えるようにふっと息を吐きました。
打って変わっていやらしい目つきになり、私をベッドの上に押し倒すと、「あ~ん」と艶めかしい声を上げながら覆いかぶさってきました。

結局その日は話の続きを聞く時間はなくなってしまい、また次回に持ち越しとなったのでした。

300万円が浮かんでいた話

「このまえのピストルの話だけどね、以前、店に来た若いお客さんにも話したことがあったの…」

店の前で対面するや否や、前回の話の続きを始めたユンさん。
私のほうも無性にあの話の続きが知りたくなり、1週間後のこの日、また遊びに来てしまったのでした。もちろん、彼女とエッチなことをしたい気持ちのほうが大きかったのは言うまでもありませんが。

「…その若いお客さんね、わたしの話を聞いたあとしばらくして、あのトイレに行ったんだって。もしかしたらまた拳銃が見つかるかもしれないと思って。そしたらね…」


彼はその日、淀川花火大会を観覧するために十三を訪れたといいます。駅前でキャバクラ嬢の彼女と待ち合わせをし、ふたりで会場となっている河川敷へ向かいました。周辺は予想していた以上の混雑ぶりでした。駅前から会場まで浴衣姿の花火客であふれていて、交通規制もなされ、ほとんど前に進めない状態に、彼は内心うんざりしていました。彼女がどうしても花火を見たいと言うから来ただけで、彼自身は少しも興味がなかったのでした。

それでも、いざ会場に足を踏み入れ、花火の打ち上げが始まると、彼もその大迫力の光景に見入ってしまい、それなりに楽しい時間を過ごすことができました。

「そろそろ出ようか?」

彼は彼女の耳に口を近づけて言いました。帰りの混雑に巻き込まれる前に抜け出したかったのもありますが、他にももうひとつ理由がありました。
しぶしぶその場を離れた彼女の手を引き、さっき来た道を引き返すと、河川敷からほど近いラブホテル街へと入って行きました。大勢の花火客がいる前で堂々と彼女をホテルに連れ込む勇気が、彼にはなかったというわけです。

「ねえ、いいでしょ?」
「えー、どうしよっかなぁ…」

最初は少し嫌がるそぶりを見せていた彼女でしたが、彼に強く手を引かれると、嬉しそうな笑みを浮かべ、ホテルの中へと入って行きました。

ベッドで1時間ほど行為を楽しんだあと、シャワーを浴びて出てきた彼は、ふと、このまえ中国エステの韓国娘が話していたことを思い出したのです。
トイレにピストルかぁ…。せっかく十三にいるんだし、肝試し気分で見に行ってみるか…。

彼はバスルームから出てきた彼女にその話をしました。

「えー、こわーい」
「大丈夫だって。ピストルなんかあるわけないって。とりあえず肝試しだと思って、ね?」

ふたりは駅横の路地のような細い通りを抜け、怪しい雑居ビルに足を踏み入れました。

花火大会の当日は、臨時休業したり、時間をずらして営業する店が多く、このビルに入っている中国エステやヘルス店も扉が閉まっていたり、シャッターが下りていたりして、しんと静まり返っていました。花火の音が一定の間隔を置いて、低い地鳴りのように聞こえてきていました。

「ここ。このトイレでピストルが発見されたんだって」
4階に着くと、彼はトイレを指さしました。
「なんか気持ちわるーい」
彼女は気味悪がって近づこうとしません。
「じゃあ、ここで待っててよ。俺ひとりで行ってくるから」
そう言い残し、彼は薄暗いトイレの中へと入って行きました。

5分ほどしてトイレから出てきた彼を見て、彼女はぎょっとしました。
彼の顔は青ざめ、興奮したように目を大きく見開いていました。両手で大事そうに包み込むように、胸の前あたりで何かを抱えていました。透明のビニール袋に入ったものを、彼がそっと手を伸ばして見せてきました。

「何?どうしたの?」
「大変なものを見つけてしまった…」
「え…?」

彼の手の中を覗き込んだ彼女の表情が一瞬にして固まってしまいました。

「え?どういうこと?」

彼女は口もとに手をあて、おそるおそる彼の顔を見上げました。

「トイレに札束があった…」

彼はビニール袋に入ったものを指でつまんで見せました。水に濡れた透明のビニール袋の中に、はっきりと札束が見えました。

「ぜんぶ万札。300万あるっぽい」

彼の声はかさかさしていました。明らかに動揺している様子でした。

「どこにあったの?」
「トイレのタンクの中。なんか紐が付いてて、底に沈まないようになってた」
「やばいやつじゃん、それ」
「うん…」
「どうすんの?」
「どうって…」
「もとの場所に戻してきなよ。絶対やばいやつだよ」
「うん…」

彼は呆然とした足取りで、再びトイレの中へと戻っていきました。


「お金はもとの場所に戻したってこと?」

ホテルの部屋に入り、ベッドに腰を下ろすと、私はユンさんに聞きました。

「それがね…ふふふ」

彼女はもったいぶった顔で私の横に座ると、「家に持って帰っちゃったのよ」と言いました。

いちどはもとに戻し、ビルをあとにした彼でしたが、駅まで彼女を送って行ったあと、再びあのビルへと引き返したのでした。そしてビニール袋に入った300万円をこっそりカバンに入れて持って帰ったというのです。

「問題はそのあとなの。罰が当たったのね、彼。ちょっとしたトラブルに巻き込まれたらしいのよ…」

そう言うと、ユンさんは体をすり寄せ、私の股間へと手を伸ばしてきました。

前回は彼女の話が長引いてしまったおかげで、あまりゆっくり楽しむ時間がありませんでしたから、今回はそのぶんを取り返すかのように、私は最初から彼女にむしゃぶりついていきました。

興奮しすぎたせいか1回戦目はあっというまにフィニッシュしてしまいましたが、2回戦目に入ってからは、ゆっくり時間をかけて彼女の体を味わいました。

舌でクリトリスを責めながら、指を入れてゆっくりと動かしていると、徐々に彼女の反応が良くなってきて、そのうち体をのけぞらせてイってしまいました。
私は指を動かすテンポを速め、さらに責め続けました。彼女は「あー、あー」と大きな声を上げると、下半身をビクッと震わせ、アソコから勢いよく潮を吹きました。

ぐったりと横たわる彼女に覆いかぶさり、ディープキスを楽しみます。
私の股間のモノが固くなってくると、彼女がそれを愛撫するように自分の股間を擦りつけてきました。すでにワレメのあたりが愛液でヌルヌルになっていました。

彼女の腰の動きに合わせて私も自分のモノを擦りつけていると、ちょっとしたタイミングのズレで、彼女の中に挿入してしまいました。

「大丈夫?」

私は思わず動きを止めて聞いてしまいました。

「いいよ。ほら、ちゃんと腰うごかして」

彼女に促され、ゆっくりと腰を動かす私。ちょっと不安はありましたが、気持ちよかったので、途中でやめることはできませんでした。

「あんあんあん…。あ、いい、気持ちいい…」

彼女の声色が変わり、本当に気持ちよくなっているのがわかりました。
私は腰を振るスピードを上げました。すると、彼女が両脚を私の腰に巻き付けるようにして、がっちり固定してきたのです。

私はあと少しでフィニッシュしそうな感じでしたが、彼女の脚でロックされていて上半身を起こすことができずにいました。

「ちょっと、ここままやったら中に出してしまうよ」

私は動きを止めて言いました。

「いいよ、中に出して」
「えっ、それはダメやろ」
「ううん、大丈夫、ピル飲んでるから。中に出していいよ」

彼女にそう言われたものの、出すか出さずか、私の中でしばし葛藤がありました。
が、結局は彼女の言葉に甘えることにしました。
そろそろ我慢の限界が近づいていた私は、10回ほど腰を振ったところでフィニッシュしてしまいました。

彼女は私の体から離れようとせず、両手両脚でしっかりしがみついていました。
私はすでに最後の一滴まで出し切っていましたが、彼女のほうから動くまで、じっとしていようと思いました。そのうち私のモノがしぼんでしまい、スルッと彼女の中から抜けました。

そのタイミングで彼女が両手両脚をほどき、私も体を起こすと、隣にごろんと仰向けに寝転がりました。

窃盗団を手引きする中国人エステ嬢

「それでね、持って帰ったお金を自分の部屋のタンスの中に隠しておいたんだって…」

シャワーを浴びた後、まだ少し時間が残っていたので、ユンさんが話の続きを聞かせてくれました。私が服を着るあいだ、彼女は下着姿のままソファーに座り、腕や脚に保湿クリームを塗りながら話していました。

「その若いお客さん、デリバリーの中国エステを家に呼んだ時に、調子に乗ってそのお金の話を女の子の前でしたらしいのよ。それがいけなかったのね…」


あるときデリバリーの中国エステを自宅マンションに呼んだ彼は、トイレで見つけたあの300万円のことを、うっかり女の子の前で話してしまったというのです。

デリバリーの中国エステを利用するのはそのときが初めてでしたが、指名した女の子は運よく好みのタイプで、サービス内容もかなり満足できるものでした。
その頃、彼はキャバクラ嬢の彼女と些細なことで喧嘩になり、距離を置いていたこともあり、エステやデリヘルを利用する機会が多くなっていました。

2週間後には再びその中国娘を指名し、自宅に呼びました。どちらかというと口数の少ない、おとなしい感じの女の子でしたが、いつもすごく優しく接してくれ、恋人どうしのような気分を味わうことができました。その後も頻繁に彼女を指名し、いつしか客とエステ嬢という関係を忘れてしまえるくらいに親しみを覚えるようになっていった彼は、つい気を許してしまったのでしょう。プレイを終えたあと、ふと、誰にも秘密にしていたあの300万円のことを、彼女に話してみたくなったのでした。

それから1ヵ月ほど過ぎたある日のこと。仕事から帰ってきて自宅マンションのドアを開けた彼は、何やら違和感を覚えました。それが何なのかはっきりとはわからなかったのですが、なんとなく、ドアを開けたときに見た部屋の様子が、いつもと違っている気がしたのでした。

一抹の不安を抱えながら、おそるおそる仕切りドアを開けた彼は、その光景を目の当たりにして、ただ呆然と立ち尽くしてしまいました。

室内はめちゃくちゃに荒らされていました。タンスの中身はぶちまけられ、クローゼットの扉は無造作に開け放たれていました。ベッドのマットレスと布団が、なぜかベランダに放り出されていました。

彼は全身から力が抜けるのを感じ、よろめきながら室内へと入って行きました。
枕元の棚に置いてあった、キャバクラ嬢の彼女から誕生日プレゼントにもらった腕時計が無くなっていました。クローゼットの中を確認すると、最近買ったばかりのスーツと、人気ブランドのダウンジャケットが見当たりません。彼は重たい溜め息をつきました。

最後にタンスの一番上の引き出しの中を覗いたとき、彼はへなへなとその場にくずおれてしまいました。


「結局、300万円のことは、怖くて警察にも話せなかったんだって」

ユンさんは「どうしようもない」といった感じで肩をすくめると、立ち上がって服を着始めました。彼女の体から保湿クリームの甘い香りが漂ってきました。

彼の部屋が荒らされていたのは、デリバリーの中国人エステ嬢が窃盗団を手引きしたからだろうというのが、警察の見解でした。彼は普段から自宅マンションの鍵などをテーブルの上に置きっぱなしにしていたといい、それを見ていたエステ嬢が、彼がシャワーやトイレに入った隙に鍵型を採っていたのではないか。そのエステ嬢も窃盗団のメンバーである可能性が高く、鍵型を採る道具や技術を持っていたのではないか、ということでした。

300万円の話を漏らしてしまった彼は、窃盗団にとって恰好の標的となってしまったわけです。結局、300万円の札束といっしょにタンスの引き出しに入れてあった銀行の預金通帳とキャッシュカードも盗まれてしまったそうです。

あの札束がなぜあんな場所に隠してあったのか。以前に起きた抗争事件と関係があるのか。
すべては謎に包まれたままですが、中国エステの裏には何だかとてつもない闇があるような気がして、怖くなってしまいました。

「男ってみんな同じよね。女に優しくされるとすぐ調子に乗るんだから」

帰り際、ユンさんはそういうと、鼻筋にしわを寄せてくすっと笑いました。
人通りのほとんどなくなった夜道を歩きながら、そのときの彼女の笑顔を思い出した私は、不意に背筋に冷たいものを感じてしまいました。

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

なかぞの

1977年、大阪府生まれ。大学卒業後、某省の地方局に入局するも肌に合わず退官。塾講師、酒屋の配達員、デリヘルの事務スタッフなどの職を転々としつつ、文芸同人誌に参加しながら小説やエッセイを執筆。商業誌の新人賞でも入選経験あり。足を踏み入れるとスリルを味わえそうな怪しい街並み、怪しいビルの風俗店を探し歩いている、しがない浮き草稼業の物書き。

なかぞののすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい