2019年注目の健康法『朝オナニー』とは?なぜ女性にモテる事に繋がるのか?その納得の理由!

風俗・下ネタ・裏情報。一緒に下世話な投稿コンテンツを広めましょう

2019年注目の健康法『朝オナニー』とは?なぜ女性にモテる事に繋がるのか?その納得の理由!

大人の雑学

オナニー

葵四ツ葉【ヌードカメラマン&風俗男優】 793 2019/05/13

皆様ッ!こんにちは男優・ヌードカメラマンの葵です!!
アダルトライフいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、上の画像を見て”むらむら”したりしますか?
可愛いですよね!『穂高結花』さん

さて…今回はいつも書いている
『ヌードモデル撮影の実態」や『エロイプ潜入』や『引退AV女優の今』
ではなく、なんだか最近よく耳にする不思議な健康管理方法についてです。

それが…『朝オナニー健康法』です。

どういうことなのか早速みて逝って見ましょう!


【貴方はオナニーをいつしていますか?】


タイミングはもちろん人それぞれですが、データでは多くの人が夕方以降と答えています。
学校や会社の帰宅後だったり、家族が寝静まった夜。
一日の締めくくりとして行ったり、女性の場合は寝る前にする人が多いようです。


【夜型から朝型へチェンジするだけでいい事だらけ!】

【写真:葵四ツ葉 モデル:MISAKI】

ほとんどの人が夜に行っている「オナニー」を朝行うと何がいいのか?
簡単に要点を箇条書きにしていきます。

・朝型人間の生活スタイルが手に入る
・朝から幸せな気持ちになれる
・すぐにシャワーを浴びれる
・時間に余裕ができる

それだけでは有りません。さらに細かくご紹介していきます。


【女性の前で緊張しなくて済む!これぞモテる男性の特徴】


モテル男の特徴。それは女性の前で落ち着いていられる事。
『朝オナニー』をすると女性の前で落ち着いた気持ちでいられるという効果があります。

痴漢常習者に毎朝オナニーをさせるだけで
通勤ラッシュの電車の中での抑制に効果があるとも言われています。

『朝オナニー』をすると女性の前でリラックスすることが出来ます。
今まで夜にオナニーをしていた時間を別の事に使えて有効活用にも繋がります。

朝は特にムラムラしたり、女性のシャンプーの香りやフェロモンにやられ
つい下心が出てしまいやすい時間であり、女性は男性の気持ちを見抜きます。


【オナニーをしたばかりの男性を女性は見抜く?!】


女性は男性よりも嗅覚とフェロモンを嗅ぎ分けるのに優れています。
男性が「オナニー」をした後の独特の匂いに敏感だというデータがあります。

基本的に、それを女性に気づかれるのは良いことではないとされています。
ですが、実際には女性にとって気になる存在という認識を与える効果もあります。

特に好きな相手や、最低でも嫌いな相手じゃなければ悪い気はしない人が多いようです。

『朝オナニー』をした男性が近くに居れば、見抜く女性は少なくないのです。

そして、それが女性への誘惑に繋がる可能性も秘めているのです。


【健康的で健全なオナニーもやりすぎは注意!】


『朝オナニー』で気をつけなければならないポイントもあります。

それは”体力の低下”です。
早起きをして「オナニー」をすることは”200m”走ったときと同等の運動になります。
さらに射精の後の満足感とけだるさで二度寝の危険性もあります。
一日中、疲れが残っていると感じた場合はすぐに辞めたほうが良いでしょう。

適度な「オナニー」はエクササイズにもなります。


【仕事も出来る。モテる。痩せる。三文の得】


『朝オナニー』をすることで…

女性に緊張しない・フェロモンで誘惑→女性にモテる
女性に緊張しない・集中力が増す→仕事が出来る→女性にモテる
健康的な習慣・適度な運動→痩せる→女性にモテる

たかが「オナニー」されど「オナニー」なのかも知れません。

私が今回、様々な資料やデータを読んで一番注目スべきだと感じたデータがあります。

それが…男性がいやらしい事を考えている瞬間を女性は見抜く 事です。
そしてそれは、女性にとって嫌悪感に繋がり恋人候補からの離脱に繋がるのです。

女性の前で落ち着いて、紳士でいられる。実はコレが一番の利点だと思います。

それだけでも試してみる効果はあると思います。

最後まで読んでくださって有難うございました。

コラムニスト:葵四ツ葉 

この記事を書いた人

葵四ツ葉【ヌードカメラマン&風俗男優】

ヌードカメラマン、元M性感スタッフ、高級ソープご案内。現風俗専門の男優。葵です。
風俗店様からのご依頼を受けて絡みあり、発射ありの男優を務めています。
風俗スタッフ時代のこぼれ話や、豊富なAV&映画のオススメ情報をお届けいたします!!

葵四ツ葉【ヌードカメラマン&風俗男優】のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい