男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 01月 19日

591

元祖ハメ撮りはアノ有名な監督ではなくて男優だった

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.momohan.com/
 

ttt.jpg

シリーズ「タツオのAVのぞき見隊」

元AVカメラマンの工藤タツオが撮影現場で見たおもしろエピソードをお届けするコラム

❑タツオのAVのぞき見隊のまとめ
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/tag/22


ハメ撮りで一世を風靡したM西監督という人がいたけど、覚えてるかな。

この人がハメ撮りの元祖のようにいわれているけど、実はもっと前にハメ撮りをした人がいるんだ。

でも、その人は監督ではなく男優だったけどね。
ハメ撮りの第一号なのに、なぜこの人が有名にならなかったかというと、単にタレント性がなかったから。

やっぱりM西監督はタレント性があったんだよ。児童福祉法違反で業界から消えたのを残念に思っている人も多い。

あれがなかったら、もっと活躍できた人だったのになあ。

本当の元祖ハメ撮り

ところで、元祖ハメ撮りの男優は、監督の指示でカメラを持ってセックスしながら撮影したわけだ。

あ、この監督って、M西監督とは別人ね。

その様子を同時にプロのカメラマンも撮っていて、編集でつないで面白い作品にしようというわけだ。

しかし、実際にカメラを担いで撮りながらセックスするのは簡単ではない。

なにしろ、当時のカメラはバッテリーまで入れると10キロくらいあるからね。担いでるだけでも大変なんだよ。

余談だけど、あのカメラは1000万円くらいする。だから、もし撮影中に落としでもしたらえらいことになる。

M西監督はこのカメラを担いでハメ撮りしていたから、インパクトがあったんだ。

だけど、元祖ハメ撮りの男優はテレビ用のカメラを持たせてもらえなかった。

プロ用カメラでは無理

なぜって、落としたら困るのと、重くて長く持っていられないからだ。

M西監督は、もしかしたら実際はあまりハメてなかったのかもしれないな。

やっぱり、撮るのとハメるのと両方やるのは難しいよ。どっちかでないと(笑)

面白い映像を撮るには10キロのカメラでは大変だから、男優のハメ撮りは家庭用のカメラを使っていたんだ。

そのため、画質が悪くて出来がよくなかった。それで3本くらい撮ってすぐやめちゃったんだよ。

そしたら、あのM西監督が急にハメ撮りを始めて有名になっちゃった。

もしかしたらパクったのかもしれないけど、別に特許じゃないしね。文句を言える話ではない。

結局、元祖ハメ撮りの男優はパッとしないまま終わってしまった。

男優が撮影するって新しい

もしあのとき、いまのような小型で画質のいいカメラがあったら、あの男優ももっと売れていたかもしれない。

それにしても、男優にカメラを持たせてハメ撮りしようというアイデアはかなり斬新だったと思うよ。

だって、現在までそんなAVはほとんど出てないもんな。

でも、それを考案した監督も、特に有名になることもなかった。
やはりタレント性の問題だろうね。

いい作品を作るのと、自分が画面に出て話題になるのは違うからね。

いっそ他の監督もやってみればいいと思うけどできないのは、やはりM西監督のような押しの強さがないからかな。

つきまとう不運

ところで、あの元祖ハメ撮りの男優はあれからどうしたんだろう。

かなりイケメンだったんだよ。ちゃんと俳優養成所を出た人で、演技力もしっかり身についていた。

テレビドラマの準主役の話が決まっていたけど、何かの理由でドラマのスタートが延期になった。

急にスケジュールが空いたので、知人に誘われてちょっとだけAVに出たらそれが発覚してテレビの話が消えちゃったという、運のない人だった。

AV出演歴のある俳優はもうテレビでは使えないからね。

元祖ハメ撮りの「栄誉」もM西監督に奪われちゃったし、この人はつくづく運がない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)

名古屋性感回春エステ エルミタージュ
快楽天国・スローハンズ
ニュークリスタル
回春性感マッサージ倶楽部

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店