男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 01月 18日

11271

【体験レポ】裏マカオ風俗紀行『そうだ、打令1に行こう!』~ソープ編~

裏マカオの覇王

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://nk-mermaid.net/
 

こんにちは!裏マカオの覇王です。

前回は18サウナについて紹介( http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/90672
)しました。

今回は、ソープ編です。マカオの風俗と言えばサウナですが、実はソープも人気があります。サウナほどの知名度やインパクトはありませんが、風俗好きであればもしかしたらソープの方が好きなのではないかなと思います。ちなみに、私は日本での風俗も大好きですが、マカオではソープ派ですね。今回のマカオ旅行でもソープに行ってきたので、体験談含めてご紹介します。

通なら知っているマカオのソープを一挙紹介

マカオでのソープと言えば、この二つです。

・打令1(ダーリンワン)
・打令2(ダーリンツー)

他にもありますが、サウナと違って数も少ないので、最早ダーリンの一人勝ちです。サウナとの違いを説明しますと、そのサービスに違いがあります。サウナは、どちらかというとエンターテイメントなので、その分プレイの質に不安定さがあります。その点、ダーリンはプレイ専門なので、極上のサービスを受けることができるのです。

注意点として、ダーリン2はあまりお勧めしません。私も何度か行きましたが、断然ダーリン1ですね。もしかしたら、客がとれる嬢がダーリン1に集まっているのかもしれません。この辺りは、是非一度ご自身の目で確かめてみてください。

ダーリン1に行ってみた

MGMのカジノで勝負した後、タクシーに乗りました。マカオのタクシーでは「ダーリン1」と言えば、まず間違いなく分かってくれます。最初は、私も半信半疑でしたが、あまりにダーリンに行く客が多いのか、今まで一度も伝わらなかったことがありません。そして、ものの10分でダーリンに到着。ちなみに、マカオの中心地であるセナド広場からも歩けます。場所が分かりにくいので、お勧めはタクシーですね。

さあ、着きましたよ!

soap1.jpg

▲ここが大通りから小道に入る箇所(セナド広場方面)


soap2.jpg

▲大通りからこの看板がせり出しています


soap3.jpg

▲なんともそそられる看板


soap4.jpg

▲私を乗せたタクシーの運転手が、紹介料でももらっているのかな(笑)


無愛想な店員の対応を受けて中に入ります。

soap5.jpg

▲受付通過してすぐではなく、少しビルの中に入ります


さあ、3階に着きました。エレベーターが空いた瞬間から、ディスコのような照明で嬢達が雛壇にいます。この雰囲気と匂いが堪りません(笑)すぐに、オバちゃんが対応してくれました。以前は、大変愛想の良いオジさんが長らく案内係をしていたのですが、オバちゃんに代わっています。なんだか寂しさを感じながら、雛壇の向かいにあるソファに着席。

雛壇を眺めるのもまた一興

30人ほどの嬢が並んでいて、皆が一様に目配せなどして誘ってきます。これまた最高(笑)雛壇は3段ほどになっており、手前がモデル。その奥がモデル以外の嬢になります。私が着いた当初は、モデルが4名いましたね。しかし、モデルは基本的にスルーすることに決めています。確かに吉原の高級ソープにいてもおかしくないレベルの美女で、尚且つモデル体系です。しかし、なんだかツンとしているんですよね。私は、愛想の良い嬢が好きなので、笑顔を振りまいている嬢の中からタイプを選びます。ちなみに、嬢の値段は以下の通り

・モデル:約2000香港ドル(約32,000円)
・その他:約1700香港ドル(約27,000円)

サウナよりは安いですが、それでも日本の一般的な風俗と比べれば高い。しかし、体験価値の高さと、嬢の質、海外での高揚感を理由に、私は気持ちよくお金を使います。今回は、2段目辺りで笑顔を振りまいてくれた中国人の女性を選びました。これまで色んな国の風俗を経験しましたが、個人的には中国人の女性が最も美しく最もセクシーだと思っています。もちろん、マカオにそういう女性が集まっているからというのは分かるのですが、各国の風俗嬢を比べても中国人女性が一番だなと思っています。そのため、今回も始めから中国人女性を選ぶつもりで店に着ました。

受付のオバちゃんに嬢の番号を伝えると、カウンターで料金を支払います。その後、嬢と手を繋いでプレイルームに向かいます。そして、部屋に到着。内装は基本的に日本のソープと一緒です。ベッドルームと浴室の境目が無い感じの部屋です。こういうのは、大変エロくて好きですね(笑)

日本の風俗では味わえない濃厚プレイの数々

さて、プレイ開始。風呂にお湯を溜めている間に、全身を重ねてくるマッサージ。うつ伏せなのですが、肌の感覚で嬢のスタイルの良さが伝わってきます。直視で裸体を見るよりも、想像する裸体の方が興奮するんです。うつ伏せなのに、ビンビンだから息子が行き場を失って痛い(笑)股間が爆発寸前のところで、風呂場へ移動します。ここからが本番。泡風呂の中で体の至るところを、なすりつけてくれます。全身を胸や股間で舐め回してくれたかと思えば、パイズリからのフェラです。風呂場でのフェラは俗に言う「潜望鏡」ってやつですね。もう吸い付くような舌使いが匠の技でした。恐らく、初めてダーリンに行った人は、この風呂場でのプレイで驚くのではないかなと思います。風俗好きな方は、一度は経験してほしいです。

早く入れたくてどうしようもない状況から、体を拭いてベッドでマッサージ。そして、マカオお得意の「アイス&ファイア」です(笑)もういいよと思いつつ、おもしろいからやってもらいます。そして、再びビンビンMAXになったところで、SEXが始まります。嬢に「コンドーム着ける?」と聞かれました。もしかして、「いらない」と言えば生もあったのかもしれませんね。私は断然着ける派なので、装着してもらいました。

その後、プレイ開始。マカオの風俗で残念なのは、「喘ぎ声が日本語」と「キスNG」ってところでしょうか。これは、嬢によりますしイケメンなら話は別かもしれませんが、私は高確率で上記の二つが揃います。まあ、その他が日本の風俗を凌駕しているので、それでも私は行きますけどね。そして、騎乗位、バック、正上位と経て、大満足のダーリンが終わりました。

値段は高いですが、その分コスパは高いと思いますし、日本にはない非日常を味わいたい方は是非ともダーリンに行ってみてください。


体験レポート|裏マカオの覇王

世界のあんぷり亭
快楽天国・スローハンズ
イマジン東京
池袋痴女性感フェチ倶楽部

このコラムを書いた人

裏マカオの覇王

ギャンブルと裏風俗を愛する覇王。主要な覇権地域は鶯谷・神田・マカオ。中国マッサージ・韓デリなどの日本の裏風俗に詳しい。

裏マカオの覇王

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店