男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2015年 09月 18日

12102

【健全店エロ】銀座リンパサロンで亀頭露出!その後別室で土下座させられた件

松村鋼太郎

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.kyoto-moekyun.com/
 

150918-0002.jpg

健全店エロの記事を次々に上げている私ですが、いつもその絶妙なエロ加減を堪能できているわけではありません。何もない建前のお店でエッチな体験を求めて行動するのですから、時にかなりやばい状況に陥ってしまうリスクもまた存在しています。

今回紹介するのは、これまでの健全店エロの経験の中で、最大級の失敗談です。危うく通報されるところでした。でも、色々考えてみると、先方のトラップのような気がしています。

銀座にあるリンパサロンの罠

好評いただいているリンパマッサージのお店とは別のサロンでの出来事になります。今回のお店のほうが有名で、検索するとこちらのほうがヒットしますね。今から10年以上前のお話です。

当時から健全店エロの虜になっていた私ですが、このお店もすぐさま検索して、予約することになりました。一応以下のことを確認します。

・男性向けのコースがある(女性が施術)
・下着は自分のを持参(つまりエロいパンツを履いて受けられる)
・完全個室である(ハプニングが期待できる)

いずれも条件クリア。いざ予約です。場所は銀座の一等地にあります。相当儲かってますね、これは。

エロい手つきのリンパマッサージなのですが・・・

落ち着いたサロンで、接客も丁寧です。担当したのは35歳くらいの人でしょうか。当時の私からしたらお姉さんですね。それもまた、いいのかなぁと思っていました。

施術はウルトラローライズのビキニで受けました。何かあれば、ペニスがはみ出ますので、私のM心はいつものように満たされるはずです。

マッサージは、例のお店と比べると力は弱め。でも、オイルでじっくりとリンパを流していきます。当然、鼠径部も念入りに刺激するため感じてしまいます。

「あっ・・」情けない喘ぎ声が出てしまいます。

「大丈夫ですよ、力が強かったら言ってくださいね」

お姉さんはやさしく話してくれていました。そのはずでした。

何かが変わる!?その瞬間

鼠径部をマッサージされていくうちに、私のM心もマックスになっていき、程なく大勃起。ブリーフから亀頭が出てしまいます。ここまでは予定通りでした。

すると、お姉さんの顔が冷たく、軽蔑のまなざしに変わりました。

「いつもこんなパンツ履いているんですか?」
「彼女っているんですか?いないですよね〜」

なにこれ!?

空振りというか、思いっきり叩きつけられた感じで施術は終了。お会計に向かったのですが・・・。

「松村さん、こちらに来ていただけますか」

と別室に通された私は・・・!

烈火のごとく怒られる

「あなたは何をしたのかわかっているのですか?」

部屋にいたのは責任者っぽい女性。やはり35歳くらいでしょうか。この人が店長?

怖いお兄さんはいなかったのですが、とにかく徹底的に詰められます。

「あなたはお店を間違っているのではないですか?」
「自分のしたことを振り返ってください」
「通報してもいいんですよ」
「どう理由をつけるのですか?」

確かにペニスを出してしまいましたが、自分から出したわけではないですし、その場でオナニーを始めたわけでもありません。あくまで「不可抗力」のはず。

でも、それを許さない勢いがありました。「あなたのような人は初めてです!」

さらに続きます。

「こんなことをして『先生』に申し訳ないと思わないのですか?」
「『先生』は非常にショックを受けています。こんな破廉恥なことをされて。ウブな『先生』はそんなことを経験したことはないんですよ!」

国家資格でもないマッサージのお姉さんを『先生』って・・。そっちの方が詐称ではないですか。それに30代半ばの人をウブって。そんな。

と思ったわけですが、何とかしてこの場を乗り切らないといけません。

まさに無条件降伏

通報されてはたまりません。もうひたすら謝るしかないと判断しました。

思いっきり土下座!。人前で土下座をしたのは人生で初めてでした。

「申し訳ございません!」ひたすら頭をこすりつけます。

言い訳をしても傷が深くなると思ったので

・わざとではない
・下着はいつもこのような物しか履かない
・こういうマッサージは初めてで、気持ちよくなってしまった

この3点だけを述べて、ひたすら謝ります。

10分くらい土下座をし続けたのち、ようやく店長の様子が落ち着いてきて、

「もうこのようなことはしないでください。あと、もう来ないでください」

と事実上の出禁宣言を食らいましたが、特に写真を撮られたり、身分証明書のコピーを撮られることなく解放されました。もちろん罰金などもありません。そのあたりは、風俗よりも緩やかなようです。

「ありがとうございます!本当に申し訳ございませんでした!」

深々と頭を下げて何とか乗り切りました。いやー、危なかったです。こういう危機は健全店ではこの時だけです。ただし、それ以降私のアタックが弱くなったかといいとそうでもなくて、ここのコラムで書いてあるようにさらにエロの幅が広がっていくのでした。

教訓「自己責任」



ご自分の書いた記事を当サイトに掲載してみたいと思った事はありませんか?

テーマはなんでも結構です。風俗ユーザーとして、風俗嬢として、風俗店スタッフとして、または風俗とは関係なくても様々なコラムを掲載いたします。下手くそでも大丈夫です!公式ライターさんもみなさん最初は素人ライターでした。

■コラム投稿フォーム
https://goo.gl/forms/r1W8LPL8ZZtT2ii03

何度も面白いコラムをご投稿くださる方には、報酬の発生するライター登録をお願いさせていただく場合もございます。お気軽にご投稿ください!

 

メンズエステ

男の潮吹き専門店 五反田回春堂
快楽天国・スローハンズ
池袋痴女性感フェチ倶楽部
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

松村鋼太郎

院卒のお堅い丸の内のサラリーマン。日本の裏経済にも精通しているが、そんな特技は一切活かさずエロネタ一辺倒。M気質で健全店でのエロスを追求したがるド変態野郎。

松村鋼太郎

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店