男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2015年 08月 03日

1194

第8話「大井町ピンサロB店」小規模店への人事異動で稼げるようになった!

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://lkglove.com/
 

36353934_76a51aac43_o.jpg

※写真と本文は関係ありません by Dmitry Kichenko
https://www.flickr.com/photos/dmitry/36353934/

<風俗業界、転がってみました。-元風俗嬢の泥臭い転身->

❑前回までの話し
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/41741


S店に入店し三ヶ月ほど過ぎた頃でしょうか。なかなか本指名のお客様を獲得できず、日々の焦燥感に襲われモチベーションも下がりっぱなし。連日連日フリーのお客様の肉棒をしゃぶり、狂ったようにカラ名刺デコレーションに没頭するだけの日々…。泣かず飛ばずでもうわたしが泣きそうだよ…というところに突然、異動指示が出ました。

S店には複数の系列店があり、わたしが行くことになったのは大井町のB店。B店はS店に比べてだいぶ小規模な店舗で、ボックス席の数はS店より遥かに少ない六席のみ。せっかく慣れたお店から移ることの面倒さや、売れないが故の島流しのような罰を受けている気がしてちょっと嫌な感じではありましたが、力のない嬢には決定権なんてありません。

わたしはS店を去ることとなり、翌週からB店所属のピンサロ嬢となりました。

大井町駅から徒歩五分、小さな小さなピンサロです。

異動前に感じていた不安は幸いなことにほぼ当たることはなく、思いのほか居心地の良いB店にすぐに落ち着いてしまいました。集まった嬢や黒服さんたちはみんな同じタイミングで複数の他店舗から異動してきていたようで、ほぼ全員が初対面。

在籍嬢の年齢は幅広く、十代の新人大学生から三十路オーバーのベテランお姉様たちまでいらっしゃいました。どちらかと言うと風俗業界の長いベテランお姉様タイプが多かったように思います。多少お局のような雰囲気はありましたが、お話してみれば何でも教えてくださるし、プライバシーに土足で踏み込んでくることもなく適度に放っておいてくれる、嫌みがなく頼りがいのある素敵なお姉様たちでした。また若い子は若い子でしっかり挨拶のできる良い子ばかり。人間関係の良好なお店でありました。夜の世界によくイメージされるような派閥やトラブルも、ほとんどなかったのではないでしょうか。

ここまで良いことばかり申し上げると若干嘘っぽくなってしまいますが、当時のB店は本当に和気あいあいと営業しておりました。

稼げるようになりました!

異動して変わったことといえば、五反田S店では本当に泣かず飛ばずだったわたしがなんとB店で本指名のお客様を獲得し始めました。前述の個性豊かなお客様たちに出会うことができたのもこちらのB店です。

小規模店のため在籍嬢が少なく、競争率が低いから写真パネルで選ばれる率も上がる。また土地柄、お住まいやお勤めが大井町近辺であるお客様も多かったようで、リピートしていただきやすかったのでしょう。またこちらは個人的な感想ですが、嬢の外見レベルは五反田S店に比べ若干低めのようでした。キャバクラ嬢のように煌びやかな完全武装に励むタイプの嬢はあまりおらず、どちらかと言うとそれなりの外見に加えて、もてなし上手な女の子が多かったように思います。平たく言うと、わたしには相性の良いお店だったようです。

もちろんそれに比例して、一日に稼げる金額もグッと上がりました。わたしは練馬区に住んでいたので通勤は少しばかり面倒になりましたが、これだけ稼げるのならば文句などひとつもありません。

さらば、カラ名刺内職の日々。さらば、貧乏神。わたしは大井町へ、お金を稼ぐ旅に出ます。


文|カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

名古屋性感回春エステ エルミタージュ
HAND BITCH
回春性感マッサージ倶楽部
イマジン東京

このコラムを書いた人

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気連載シリーズ。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店