西川口マーメイド 男性機能鍛錬道場 マーガレット 世界一弱い男塾

2018年 07月 09日

113

「彼女の人生は間違いじゃない」は何で面白いのか

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://okutsuma.com/
 

SCFDFUQA.jpg

2017年、「彼女の人生は間違いじゃない」という日本映画が公開されました。2018年にはDVDやブルーレイも発売され、レンタルも解禁となっているようですが、密かに(一部で)人気を集めている作品なのです。ここでは「彼女の人生は間違いじゃない」の人気の理由、面白さについて、お話していきます。

デリヘル嬢の物語なんだけど異質

この映画は、2015年に廣木隆一という、小説家にして映画監督、俳優でもあるという非常に多才なアーティストによって著された小説を、彼自身が自らがメガホンをとって映画化したものなのですが、「彼女の人生は間違いじゃない」という小説は、そもそもそ廣木監督の処女小説でもあったので、そういった意味では、もともとのアイデアから映像化まで、廣木節といいますか、廣木監督の世界観をみっちりと詰め込んだ、密度の高い作品である、ともいえます。廣木監督は、1982年に「性虐!女を暴く」というエッチな映画で世に出た方で、その後も夥しい本数の映画をリリースしてきた方なのですが、ピンク映画を手掛けていただけに、人間の本質の描き方は堂に入っていて、かつ核心をついている、と思われるものです。こういった背景もあって、デリヘルを取り扱ってはいるものの、かなり異質な印象を受けます。

福島のいま

舞台となるのは東京は渋谷のデリヘルなのですが、ここにいくつかの今どきかつ普遍的なエピソードが散りばめられています。渋谷のデリヘルに異質な感触をプラスしている主な要素を端的にいうと、それは「福島」です。主人公の女性は、福島の事件から5年経った2017年現在も、諸々の事情を整理できないでいるように見えます。主人公の女性は、いまいま現在の福島の仮設住宅に、父親と二人で住んでいて、普段は(今現在の福島の)市役所に勤めているのだけれども、週末の休みの日には、高速バスを使って東京に出てきて、デリヘルで仕事をしています。「デリヘルの仕事をやりたい、やらないといけない」といったセリフを話す場面もありますが、その真意は一回映画を見ただけではつかみきれません。といいますかこの映画は、問題提起はするものの、なんら答えを示すには至っていない、と言い切っていいくらいに、デリヘルにも福島にも、具体的な解決策は示していません。

人間のカオスな感触を可視化した映画

なんといいますか、デリヘルで働く女性、従業員やマネージャーの男性、お客さん、それぞれの肉親、現在の渋谷と福島、それを見る東京という記号のような場所、深夜バス、夜明け、復興途上で打ち捨てられているように見える田んぼや畑など、これらが「人間のカオスな感触」という漠とした印象を与え、なおかつ混然一体となって画面せましと暴れまわり、観るものに後ろめたい問題意識を投げかけるというこの映画、デリヘル好きなら一見の価値ありです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


男の潮吹き専門店 五反田回春堂
日本ハイレグ愛好会
池袋痴女性感フェチ倶楽部
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店