西川口マーメイド 男性機能鍛錬道場 マーガレット 世界一弱い男塾

2018年 06月 11日

172

【実録風俗業界32】天才に振るい落とされる従業員達

小野妹子(元風俗店長)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.nkg-clinic.net/
 

VUGFLERH.jpg

風俗店スタッフの現状

一般的な風俗店のスタッフの給与は、一日働いて1万円というケースが多い。
名前の知れた有名なグループであっても大体これぐらいが相場である。
ただ一つ違うとすればその就労時間だ。

風俗店のスタッフの就労時間は約10時間〜12時間とされており、休憩時間という概念はほとんど存在しない。
客足の遠のいている時間帯、要は暇な時間を利用して各自休憩や食事を取るといった形で、労働基準など存在しないに等しい。
さらに事務所と女性待機の場所が一緒になっている店舗の場合、休憩もろくに取る事は出来ない。
待機場所にキャストがいる状態で、スタッフが休憩するのはタブーとされているからだ。
風俗嬢は完全歩合給である為、仕事がついていない間は給料が発生しない。
そんな状態でスタッフが休憩している光景を目の当たりにすれば、キャストから店舗へのクレームに繋がる事は容易に想像出来るだろう。
スタッフはそんな状況下で仕事を強いられる事が多い職種なのだ。

一般の店では考えられない待遇

高杉が出店した店舗は、こういった風俗店では当たり前とされている労働環境をひっくり返していた。
スタッフは3交代制で8時間の労働、日給は12000円という高待遇である。
また残業を余儀なくされた場合は、1時間につき1200円が残業代として日給に加算される様になっていた。

一般的な会社で、それなりの地位を持つ方にとっては大した金額に思えないかもしれないが、風俗店スタッフにとってこれは衝撃的な金額である。
役職などにも一切付かず、週6日勤務で月30〜35万もの給料を手にできるスタッフは業界でも珍しい。

求められる仕事量の多さ

しかし給与待遇が良いというのには理由があった。それは辞める人間の多さである
高杉自身が非常に優秀であり、恐ろしい程のスピードで仕事をこなしていく人間であった為、そのスピードについていける人間は少数だったのだ。
給与の高さに惹かれて入店してきたスタッフ達はことごとくその仕事量についていけず辞めていった。

『一般企業なら普通の仕事量だよ』と高杉は言う。
しかし仕事の速さに自信があった私ですら、その仕事量についていくのは苦しいものがあった。
独立を考えているからこそ食らい付いていけたものの、ただスタッフとして働こうと考える人間にとっては苦痛とも言える仕事量だろう。
結局、売上が安定する3ヶ月の間に辞めた従業員は10名を超えていたのだった。
幸いオープン当初のメンバーはそれぞれが独立を考えている人間であった為、3ヶ月が経った今でも残っている。

必死になってキーボードを打ち込んでいる新人スタッフを横目に、私はコーヒーを口に運ぶのだった。


文│小野妹子


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

有頂天
名古屋M性感ルーフ倶楽部
ニュークリスタル
池袋痴女性感フェチ倶楽部

このコラムを書いた人

小野妹子(元風俗店長)

元風俗店勤務。19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者に。以降エリアマネージャー等を経験し、諸事情により退職。その後別グループにてFCの店舗展開。風俗業界の闇を少しでも多くの方々に知ってもらう事が出来ればと考えます。現在25歳。男性。

小野妹子(元風俗店長)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店