西川口マーメイド 男性機能鍛錬道場 マーガレット 世界一弱い男塾

2018年 05月 13日

171

【実録風俗業界28】新しい風俗グループの立ち上げ

小野妹子(元風俗店長)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://k-diamond.net/
 

FTAQULGZ.jpg

新グループ立ち上げの誘い

『禁煙席で!』
家の近くのファミレスで落ち合う事になった私達は、丁度駐車場で顔を合わせた後、店舗へ入った。

『ごめん俺タバコ嫌いなんだよね(笑)』
「あ、はい…」
溜息が出そうなのを堪えて、私は席に着く。

『えー、じゃあ改めまして、高杉です』
「小野です、宜しくお願いします」
軽く会釈をして形式的な挨拶を済ませると、高杉は話を切り出した

『早速なんだけど、新しく風俗グループを立ち上げようと思ってて、手伝ってくれる人間を探してるんだよね!』
「なるほどです…それで何故俺なんでしょうか?」
引っ掛かっていた疑問を彼に投げかける。高杉は湯気の立ったコーヒーに数度息を吹きかけてから少し口をつけた後、唇を拭きとって話を続ける。

『会長さんとは昔からの中でさ、面白い人材が丁度グループを抜けた所だから声かけてみろって言われたんだよ』

私が選ばれた理由

「面白い…ですか?」
『だって会長に反発して、しかも金払ってまでグループ抜けたんでしょ?笑。普通風俗の仕事辞めるのに金払う奴なんていないって!笑』
「自分なりのケジメのつもりだったんです(笑)あのグループの方にはたくさんお世話になりましたので」

金を払わずに辞める人間が多い事なんて知っている。風俗業界なんてそんなものだし実際に辞めていった人間も沢山見てきた。
それでも私は過去の自分と決別する為、あんなやり方を二度としない為に、自分への戒めとして金を払うという行為を選択したのだ。

『たぶんそれが会長の目に留まったんだろうね。あの人から推薦って珍しいし』
『…で、どうかな?考えてみない?』
返答を急かす様に高杉は私に問い掛けてくる。少し俯いて考えていると、さらに彼は続けた。

一緒に仕事をするメリット

『小野君が考えてた事も聞いてるよ。キャストの扱い方についてで悩んでたんでしょ?』
「あ…はい。働かせ方というか、管理にあたる部分で自分のやり方は間違っていると思っていました。」
『いーじゃんそれ!!』
「は?」

急に肯定的な態度をとる高杉に驚き、つい口から失礼な言葉を発してしまう。いけないいけない…
『グループ立ち上げで最初は俺が責任者として店を切り盛りするけど、後から出店する店舗はフランチャイズとして小野君に任せるからさ』
『フランチャイズ店に関しては全部小野君の方針で店舗経営をして貰って構わないよ』
「ほ、本当ですか?」

思わず私は聞き返す。
『売上からロイヤリティは貰うけど、それ以外は君の好きにしてくれて良いよ。君の望む理想的な店舗が創れると思う』
願ってもない条件だ。キャストを大切にするやり方で経営を安定させる事が出来れば、業界に新しい風を吹き込む事が出来る。
風俗で働く事が破滅の道を辿る事にはならないという証明が、どっぷりと闇に浸かる前にキャストを救い出す事が出来る。

「わかりました。やらせてください」
『OK!じゃあ契約成立という事で!』
差し伸べて来た手を取り、握手を交わす。高杉の手は思ったよりも大きかった。


文│小野妹子


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


日本ハイレグ愛好会
名古屋性感回春エステ エルミタージュ
プライベートボックス
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

小野妹子(元風俗店長)

元風俗店勤務。19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者に。以降エリアマネージャー等を経験し、諸事情により退職。その後別グループにてFCの店舗展開。風俗業界の闇を少しでも多くの方々に知ってもらう事が出来ればと考えます。現在25歳。男性。

小野妹子(元風俗店長)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店