西川口マーメイド 男性機能鍛錬道場 マーガレット 世界一弱い男塾

2018年 01月 10日

433

ネットで話題の前立腺マッサージはもともと医療行為だった

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://unpretei.com/
 

KBTVGLCG.jpg

最近、ネットで前立腺マッサージが話題になっている。

前立腺マッサージで得られる快感はドライオーガズムといって、射精を伴わない最高レベルの快感なんだってさ。

これに対して、普通の射精で得られる快感がウェットオーガズム。

ネットでは前立腺マッサージのための「エネマグラ」という器具まで売られていて、多くの人が密かに使っているようなのだ。

「ドライオーガズムってすごいぞ」という噂が流れれば、使ってみようという人が増えるのは当たり前のこと。

しかし、前立腺マッサージで快感を得ようとしても、有効なポイントを探るのが難しくて、思うようにはいかないようだ。

もともとは前立腺肥大の検査のための方法

ところでこの前立腺マッサージは、もともと検査として行われていたのをご存知だろうか。

前立腺マッサージは、前立腺肥大などの病気を調べる方法として行われていたのだけど、これをやると気持ちいいというので密かに広まっていったようなのだ。

風俗で前立腺マッサージを始めたのは、泌尿器科の看護師が最初だというけど、もちろん本当かどうかはわからない。

前立腺マッサージのやり方は、ネットで調べれば詳しい解説動画が出てくる。

しかし、このような動画は前立腺マッサージ専門の風俗店のサイトにもあるから、興味があるならチェックしてみるといいだろう。

動画では、前立腺マッサージを施された男が気持ちよさそうな声を上げている。

もちろん、本当に気持ちいいのか演技なのかはわからないけどね。

ところで射精を伴わない快感って、どんなものだろうと興味が湧いてくるよね?

だって、ほとんどの人が経験したことないんだから。

この前立腺マッサージというのがいつ頃からあるのかわからないけど、僕がカメラマンをやっていた当時、それらしいビデオを見たことがある。

それは、制作会社の編集室でたまたま見たビデオだけど、裸で四つん這いになった男に、女が背後から何か黒っぽい器具を挿入するという、見るからに奇妙なものだった。

日本ではかつてアナルはタブーだった

そのときはアナルセックスのビデオかと思ったけど、どうも違うような気がする。

もしかすると、あれは前立腺マッサージのビデオだったのではないかと思うけど、20年前にすでに前立腺マッサージがあったのかはわからない。

ビデオでは、黒っぽい器具を挿入された
男が、「ああっ、おおっ」と、大げさに声を上げていた。

もしかすると、これだけなら演技かもしれないけど、この四つん這いになった男の脇腹が、ときどきブルブルッと震えるんだよ。

あれはちょっと演技ではできないから、やっぱり本物の前立腺マッサージだったのかもしれない。

もしそうだとすると、前立腺マッサージ物のハシリということになるけど、そのビデオがどうなったかはわからない。

もし残っていれば、かなり貴重なビデオだと思うなあ。

そういえば、昔はアナルをいじったりアナルセックスをするAVに、嫌悪感を持つ人が少なくなかった。

その理由として挙げられるのは、日本人があまりアナルセックス物を好まないこともあるけど、実はもうひとつ大きな理由があった。

それは、世界的なエイズの蔓延。

最近はエイズといわずにHIVということが多いけど、当時このエイズは、ホモがかかる病気だといわれていた。

つまり、エイズはアナルセックスから感染すると信じられていたために、いつの間にかアナルセックスに対する嫌悪感とも恐怖感ともつかないものが生まれてしまった。

しかし、実際は男女のセックスでも感染するから、いまとなってはデマとわかっているけど、当時は多くの人がそう信じていたんだ。

前立腺マッサージは海外では盛んらしいけど、日本が後れを取った形になっているのは、アナルに対するこのような嫌悪感があったせいなのかもしれない。


文|清水照美


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


世界のあんぷり亭
有頂天
ニュークリスタル
もも色商事

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店