西川口マーメイド 川崎回春性感マッサージ倶楽部 男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2017年 12月 04日

122

【実録風俗業界8】店舗責任者候補に昇格した話

小野妹子

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://slow-gotanda.com/
 

UNOLCOAV.jpg

新店舗OPENへ向けて、転機

新人3名をレギュラーメンバーへ昇格させ、柳沢マネージャーからも一目置かれるようになった頃
面接時に話されていた新店舗OPENの日も近付いてきていた。
入店当時は3ヶ月後に、という話であったが、他店舗の売上立て直し等で忙しかったせいで、私が入店して既に半年程経っていた。
ちなみに新店舗の店長は、軌道に乗るまでは柳沢マネージャーが兼任し、その後責任者候補の人間に引き継がれるのだという。

そしてある日、業務が終わり帰ろうとした所を、マネージャーに呼び止められた。
『ちょっと今から時間いいかな?話があるんだけど…その前に何処かご飯食べに行こうか』
と、連れて来られたのは24時間営業の居酒屋であった。

居酒屋で軽く食事をとりつつ、私は自ら切り出した。
「それで、お話というのは…」
あぁ!そうだった!という様な顔をしてマネージャーは答える。
『うん。来週から新店の方に配属になるから、また暫くの間は俺と一緒に仕事してもらうことになるんだけど』
タバコを短く吸い、少し眉を顰めながら、こちらに向き直して続けた。
『店長やってみる気は無いかな?』

衝撃だった。まだ一年も勤めていない私が、こんなにも早く店長候補として選ばれるなんて思ってもみなかった。しかし…
「い、いやでも、俺まだ分からない事とかいっぱいありますし…」
咄嗟に出てきた言葉は、こんな情けない言葉。
ここまで成り上がるために様々な事をしてきた私であったが、いざ目の前にそのチャンスが訪れると
嬉しさよりも不安の方が先に沸いてきたのだ。
『じゃ、まだやめとく?』
少し口元を緩めながら意地悪そうな笑顔を浮かべてマネージャーは喋る。

何を弱気になっているんだ俺は!ここで逃げ腰になってどうする!
今やらなければ、次にいつチャンスが巡って来るか分からないじゃないか!
心の中で自分を鼓舞し、私は真っ直ぐに彼の目を見つめ答えた。
「いえ!やらせてください!」

私はこの日から店長候補として、ヒラスタッフから役職者としてキャリアアップしたのだ。

新店舗OPEN後

新店舗での業務をこなす様になり、一緒にいる時間が増えた為、私は柳沢マネージャーとの会話が増えた。
今まで少ししか話す機会がなかった彼と、仕事についての話が出来る時間が増えた事は、当時の私にとってこれ以上ない幸運であった。
若くして巨大グループの幹部になった男のノウハウを一番近くで直接指導して貰える上に
他の幹部への紹介をしてもらったり、よく食事にも連れて行ってもらったり、彼は本当に良い上司であった。
しかしながら指導を受ける上で、彼の人間性に危険を感じる事が多々あったのだがそれはまた別のお話。

ともかく、ここから私の責任者としての風俗人生が始まるのであった。


文│小野妹子

世界のあんぷり亭
男の潮吹き専門店 五反田回春堂
イマジン東京
プライベートボックス

このコラムを書いた人

小野妹子

元風俗店勤務。19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者に。以降エリアマネージャー等を経験し、諸事情により退職。その後別グループにてFCの店舗展開。風俗業界の闇を少しでも多くの方々に知ってもらう事が出来ればと考えます。現在25歳。男性。

小野妹子

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店