西川口マーメイド 川崎回春性感マッサージ倶楽部 男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2017年 10月 06日

558

【出会い系】相互オナニー+手コキで萌える!週4自慰でイく45歳・結婚歴ナシのオンナ

中川デイブ

XLQAHZRX.jpg

「セックスよりも、オナニーの方が気持ちいい」という話しは男性からよく聞きますが、それは女性にとっても同じで、なかには「自慰行為の方が、数倍イイ!」と言う女性も多いみたいです。
今回は「出会い系」で会った,オンナがまさにそのタイプでした。

キーワードは「40代~」「メル友」、 仕事をしながらノンビリとやるのが私流

「出会い系」のサイトやアプリを使った出会い形態が、現在では主流です。テレクラのような即時性の緊張感はないですが、その分、女性側が慎重になれていいんじゃないですかね。“割り切り”は別として、やはり普通のOLや主婦にとっては、会う事自体が冒険なわけですから。

そんなわけで私は、プロフ欄には希望する年代は「40代~」で、「まずはメル友から」とか、安パイなメッセージを入れています。それで、ある程度慣れてきたら直アドでやり取りをする、といった具合ですかね。よく「LINE IDを教え合って大成功!」みたいな体験談を見聞きしますが、私の場合は原稿を書きながらやっている事が多いので、頻繁にメッセージを送ってこられても対応しきれないんです。それで、「ならいいヤ」とばかりに、ブロックされるのがオチです。

そんな事情があるとは知らずに「このオジサン、あまりガツガツしてない」と思ってくれたら、もう作戦の第1歩は成功したと見ていいでしょう。後は、飲みに行くか昼間ならお茶に誘えば、だいたい会う事は会ってくれます。

「チンチンではイけない」と、 性癖についての悩み相談!?

こうして、ノンビリとしたメールのやり取りで会う事になったのがヨシミさん(仮名・45歳・介護職)です。
彼女は、何となくフワフワとして掴み所のない雰囲気をかもし出しています。居酒屋に行ったのですが、肴がなかなか決まらなくて店員のバイトがイライラしてるのがミエミエな程ののんびり度合いです。

見た目はクレオパトラのような髪型で黒髪。体型は本人曰く「胸はナッシング」というかハト胸ですが、ヒップはそこそこ張っていて、いい熟し具合です。太ってはいませんが、アスリート系が少し入っています。
そして、特筆すべきなのは、その顔立ちなのですがナント、タレントで現東 貴博夫人の安 めぐみに似ているんですよ。

そんな彼女が45歳の現在まで独身とは、何か理由があると思うのは私だけではないはずですよね。ストレートに聞いてみると、
「知り合ってから、付き合い始めるまでが長いんだけど実際に付き合うのは2年くらい」で、「別れた後も10年は引きずってる」んだとか。
そういう男が過去に2人いたんだって。分かるような、分からないような……。

「でも、今日はそういう話しをしに来たんじゃないんです。実は悩みがあって」とヨシミさんは話しはじめました。
「実はオナニーばかりしていて、チンチンだと感じなくなっちゃったんです。これで、いいのかなぁって。週に4日はやってるっていう感じなんです」
彼女は普通の声で、まるで世間話しでもするように話しています。お酒が飲めず、烏龍茶なので、酔っているからではなく、あくまでフツーに。隣のテーブルのオバサングループが聞き耳を立てています。

私は興味が湧いてきたので「男の人と試したんだ?」とか「どういう風にヤってるの?」と、わざと隣の席に聞こえるように聞いてあげましたよ。
「やだぁ、ここじゃ答えられないわよ。ホテル行こ、ホテル」と言い残して、自分はスタスタと先に出ていってしましました。
私は「じゃぁ、彼女がそう言っていますのでお先に」と、お隣さんに言って追いかけました。

実地で試すヨシエさんの躰は、 確かにチン棒君ではダメだった

まずは、一緒に風呂に入ってから、私はベッドで彼女にキスをしてから貧乳→マンコと順にペロペロしていきます。
「ここまでは、凄いイイのぉ~。でも、入れられても全然感じないのよぉぉ~」
「じゃぁ、試しに入れてみるね」と、私はチン棒君をねじ込みます。彼女は経験が少ないうえに出産経験がないので、締まりはイイのですが、デルタ全体が硬い感じがします。それでも、濡れたマンコの中でチン棒君をグリグリさせてたら、もう限界。先にイっちゃいました。

「やっぱりダメだったぁ。あんなに頑張ってもらったのにぃ」と、しょんぼりしています。
「こっちが下手だったんだよ。悲しい顔しないで。見ててあげるから、いつもみたいに自分でヤってみて」と、優しく言うと彼女は最初こそ恥ずかしがっていましたが、掛け布団の縁をマンコの割れ目と平行に当てて、強くゴシゴシと擦り出しました。
「友達はローターとか電マとかバイブを使うように言うんだけど、これが1番~、あぁ~、見られてると特に感じる~」

彼女は途中で枕をお股に挟んだり、乳首を摘んだりしながら「あぁ~、あぁ~」と大声を挙げています。
その姿を見ていたら、私のチン棒君も蘇ってきました。「あなたのセンズリ見せて、お願いだから見せてぇ」と叫んでいるので、わざと大きなストロークで竿をシゴき出しました。その姿に刺激されたのか、彼女は私のチン棒君を思いっきり掴んできました。
「ピクピクしてるところを手に感じて、精子が出る瞬間を見るのが好きなのぉ。そろそろ出そう?一緒にイこうっ」

彼女は右手には私のチン棒君、左手は自分のマンコの縁から土手を擦っています。
「行くよ!よく見て!」私は2発目を手コキで発射しました。
「あ、あ、あ、」と彼女もイった様子です。

以前の私だったら「ホテルまで行って、やらないなんて勿体ない!」と、自分を責め立てていた所でしょうが、この夜は違いました。想像以上の快感が“クセになるかも”と思ったのでした。


文|中川デイブ


■「中川デイブ」の掲載媒体一覧
http://www.jukujo-fuzoku-joho.com/columun_list/760
http://www.debusen-fuzoku-joho.com/columun_list/444
http://www.anal-fuzoku-joho.com/columun_list/323
http://www.hitozuma-fuzoku-joho.com/columun_list/558
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/columun_list/1785


↓↓↓マニアックスライター陣も使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

世界のあんぷり亭
快楽天国・スローハンズ
ニュークリスタル
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店