男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2017年 07月 25日

587

ええ!風俗嬢歴20年の綾もびっくり!性病予防効果のあるローションがあった!

藤村綾

こんなローションが欲しかった!

 風俗愛好者の皆様もさながら、風俗嬢のあたしにも嬉しいローションがあることを知った。なにせ、風俗には絶対に欠かせないアイテムのローション。その成分に性病を防ぐ物質が入っているというから驚きだ。

 風俗嬢になってからというものローションとの付き合いが至極長いが、時代と共に、ローションも進化し、アナル専用ローションだの、最後に洗い流さなくて良いローションだの、ヒアルロン酸入りローションまであるのだから、この性病を防ぐローションが出現してもまるでおかしくはない。

 なぜこのローションを知ったかというと、ネットでの口コミからだった。

なにが性病を防ぐ成分かというと、『次亜塩素酸水』

 この『次亜塩素酸』は各ウイルスを除菌する作用があるそうだ。

 次亜塩素酸水の解説はこちらを見てほしい。( http://jiaensosan.com/

 実は風俗には欠くことができない『イゾジン』これは気休めでその実、病気を防ぐ代物ではない。けれど、イゾジンは『殺菌』をうたっているので信者も多いが、もし、風俗業界にて忠実にイソジンでのうがい、グリンスでの殺菌消毒が行われているのならば、病気など散乱するわけがない。けれど、風俗遊びにおいての病気の回避はかなり難しいと言える。なにせ女性は男性と違い、自覚症状がないため、定期的に性病検査に行っていても、潜伏期間があるため、病気の反応がそのときの検査で出ないときもあるのだ。

 あたしは『クラミジア』と、『淋病』になったことがあるが、判明の経緯はそのとき付き合っていた男性からの指摘だった。

「なんかさ、俺、チン◯から膿みたいなのが出できて、おしっこをするとき、痛くてさ、泌尿器科に行ってきたんだよ」

 男は真っ先にあたしを疑り、お前も検査に行けよ。と、まくしたてた。目の前が真っ暗になるとはまさにこれ。あたしが風俗の仕事をしていることを知らなかった男。結局あたしは風俗の仕事を自白し、その男と別れることになった。

 病気になると、男女の中も壊れてしまう。特に男性は痛みと熱を伴う。リスクがかなり大きい。病院に行くのも恥ずかしい上、病院代もかさんでしまう。

後悔しても遅い。

 あたしは風俗の仕事をしているからこそ気をつけていたのに。後悔しても遅い。

 男性器をまじまじ見れば病気かどうだかわかるのだが、いかんせん、病気ってやつは、どこからともなく襲ってくる。どこだろう。思いつく形跡がないのがこわい。

 このようなこわい目に合わないためにもこの画期的なローション(JKローション)をぜひ共広めたいと思う。

 口に入れても無害だし、(フェ◯をするときたらせばいい)手コキで使用するにも安全で安心。

 性病を気にするお客さんも多い。風俗遊びで『お土産』を貰ってしまうお客さんは何回でも貰う。(貰いたくないが)

 このようなことを防ぐためにもぜひとも『JKローション』を使って欲しい。

 あたしも購入し使っている。使用感は普通のローションとなんの遜色もない。通販での販売だが、きちんと梱包がなされている。ローションは無害だが、『JKローション』は無害の上、病気の回避、そして何と言っても安心して風俗の仕事に臨めるという魔法の代物だ。

販売サイトの「美女子チョイス」( http://bijoshi-choice.com/
クーポンコード「145154」を利用すると誰でも10%割引で購入できる。

 女の子ももちろん、男性のお客さんでも躊躇なく使って欲しいと思う。お客さんの方が率先して自ら『JKローション』を出してきても、この時代、むしろ女の子に敬意を払われるだろう。きっと。

 風俗遊びはセーフティーマナーである。

 (文・藤村綾)


マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


名古屋性感回春エステ エルミタージュ
快楽天国・スローハンズ
回春性感マッサージ倶楽部
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

藤村綾

あらゆる風俗に従事してきた謎の風俗嬢ライター。『俺の旅 』ミリオン出版 コラム連載。 趣味 読書。

藤村綾

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店