男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2017年 05月 10日

1067

【体験レポート】亀頭磨きを売りにした五反田の老舗『となりの芝生』あんなさん

久保陽一

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.momipara.com/
 

HJGHIBAR.jpg



久しぶりに五反田にきて予約をします。
「もしもしー、となりの芝生です」
女性の受付の場合が多いのですが、今回も女性が対応してくれました。

予約をしたいことを伝えると、予約時間とコースを聞かれます。
今回は80分13000円のコースを選びました。
亀頭磨きは結構快感が強いので、このぐらいのコースを選ぶことにしています。

待ち合わせ場所はホテルの前。
ホテルは予約を取ってくれるので楽ですね。
少し前にリニューアルしたのできれいなエントランスです。

そうしていると非表示で連絡が入ります。
それに応答していると、嬢が迎えてくれます。

今回の嬢は「あんな」さん。
エキゾチックな雰囲気で女性らしい体つきの女性です。
案内されるとホテルが予約されているので、チェックインもスムーズです。

プレイ

部屋に入るとシャワーを促されます。
軽く流してきて戻ってくると、あんなさんはスケスケのコスチュームで迎えてくれます。
ここはHPどおり。
視覚的にも刺激を与えるわけですね。

「じゃあ、まずは仰向けになってください!」
促されて仰向けになると、嬢は僕の脚を開いて間に座ります。
そうして、取り出してあるロープを手にするのです。

あんなさんにきゅっと玉をつかみあげると、そこにロープを這わせます。
玉を巻き上げるようにして、サオごと縛り上げます。
慣れた手つきで手足も縛られ、完成です。

仰向けに拘束された姿。
サオを縛られているので、それだけでそそり立ってしまいます。
最後に目隠しをされて、視界が奪われます。

「最近いつこういうお店を利用しましたか?」
「しばらく行ってないですね」
「じゃあ、ゆっくりしていきますね」

そういうと、ローションが手になじまされる音が響きます。

くちゅくちゅという音がすると、玉にぬるっとした刺激が与えられる。
ローションで濡らされたサオを握ると、その先っぽに手があてがわれる。

ずり、ずりと亀頭が磨くようにこすられます。
腰からぞくぞくするような感覚に、たまらない快感が湧き上がります。
「ああ、うう!」

あんなさんは手をさらにぐりぐりと動かします。
手のひらで亀頭が包まれて、撫でられる感触。
それだけなのですが、腰が震えるほど感じてしまいます。
「うぐ、あうう!!」
「強いですか?」
「・・・ううん、大丈夫・・・」

さらに亀頭をぬちゅぬちゅとピストンされる。
視界が奪われているのですが、その分敏感になった神経で、快感をむさぼるようにするのです。
亀頭を撫でる動きが強くなってきて、思わず腰を突き上げるようにしてしまいます。
しかし巧みに体をコントロールしているのか、その手は離れません。
ぐりぐりと亀頭の表面がヌルヌルの感触で撫でられ続けます。

「がっ、ああ!!」
がくがくと腰を突き上げて喘ぎ声をあげまくる。
刺激にたまらなく体をよじらせますが、手と太ももが結ばれているので動けません。
快感にひたすらなじられるように、ベッドに貼り付けられるのです。

「あぐう、気持ちいい!」
途中、サオに巻かれたロープをとるあんなさん。
「じゃあ、パンスト試していきましょうか」

かすかに目隠しの間から見えるのは、右手にはめるパンスト。
そこにローションが垂らされる。
そのヌルヌルのパンストで一度サオをこすりあげると、ぐりっという感触で亀頭を撫でてきます。

かっと熱くなるような感触。
先ほど以上にびりびりと亀頭に響く刺激に、亀頭が熱い快感で満たされます。
「熱い、熱い!」
あんなさんはそれでもかまわず、亀頭を撫で上げてきます。
再び視覚が失われて感触だけですが、亀頭を溶かすような熱い刺激。

じゅるじゅるとローションが感触を和らげますが、網目の刺激が亀頭へまとわりつきます。
「ぐわわーーーー。うーーー」
強い快感に声にならない声を出し続けます。

焼け付く刺激が突如甘いねっとりした刺激に。
パンストをしてない方の手で亀頭を撫で上げるらしく、手の柔らかい感触が、刺激の色を変えて亀頭を溶かすのです。
「あふ、うっ!」
刺激の変化に再び腰を突き上げます。

パンストのざらざらした刺激と、手のねっとりした刺激。
その感触に時々いきそうになりますが、あんなさんはいきそうになると手を止めてしまいます。

何度もとなる感触。
途中目隠しを外してもらってみると、その刺激がさらに増してくるのです。

フィニッシュ

「じゃあ、そろそろ」
あんなさんはそういうと、パンストを手から取って両手で刺激してきます。
じゅぷっとローションの感触の両手でピストンしてくる。

「ああ、いっちゃう!」
それでも手は止まらない。
そうして体をビクビクっと震わせると。
どぷっと、精液を吐き出すのでした。

「直後責めは大丈夫かな?」
あんなさんはそのままサオを抑え込んで亀頭を撫で上げてきます。

「あぐ、ああっ!」
いったばかりの亀頭がびりびりと刺激で腰まで刺激する。
その感触に、手が止まるとすっかり脱力するのでした。

となりの芝生のような亀頭責め店は、まだまだ数が少ないです。
それでも、長年運営してきた功績もありますし、頑張ってほしいですね。

パンストの刺激もそうですが、このお店はコスチュームも独特。
縛りというのも画期的な感じで、ほかのお店も真似しているようです。

次回行くのを楽しみに。


文│久保陽一

名古屋性感回春エステ エルミタージュ
快楽天国・スローハンズ
池袋痴女性感フェチ倶楽部
プライベートボックス

このコラムを書いた人

久保陽一

手コキ風俗との衝撃的な出会いから、一貫して手コキ風俗一筋。最近は亀頭への刺激がお気に入り。手コキの良さを広めたいです。

久保陽一

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店