男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 12月 16日

623

構造にも違いがある!?様々なハンドオナホールの構造を知る!

大江セパタクロー

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://kanazawa.ssks.jp/pc/
 

XSEWZJUF.jpg

ハンドオナホールを選ぶ場合、一体何を基準にすれば良いのでしょうか?素材や価格などが挙げられますが、最も重要と言われているのが「構造」です。ここでは、意外と知られていないハンドオナホールの構造とその特徴を紹介します。

オーソドックスな貫通タイプ

定番の貫通タイプは、ダイナミックな刺激を亀頭に与えてくれます。バキューム感は他のタイプに比べると少ないですが、先端が突き抜けることもあり、気持ち良いだけでなく開放感もあります。内部の隅々まで洗うことができ、お手入れもしやすいのが特徴です。

複雑な刺激を楽しむスパイラルタイプ

スパイラルタイプのオナホールは、本物のアソコのような複雑な刺激を楽しむことができます。ネジ穴のような内部構造になっており、通常のオナホには無いウネリを感じるのが特徴です。ちなみに、設計が粗悪なスパイラルタイプの製品は気持ち良さが半減するため、大手メーカーの良質な製品で試すようにしましょう。

膣を再現した二重構造タイプ

内部と外部で異なる素材を使用しているのが二重構造タイプのオナホです。挿入時にキュっと締まるのが特徴で、膣圧を感じることのできるタイプです。本体は比較的硬い部類に入りますが、内部は通常のオナホ同様柔らかい素材を使っています。どっしりとした重量感のあるタイプで、名器と呼ばれる製品が多いのも特徴です。

自身のペニスが丸見えのクリアタイプも人気です。ペニスの動きを視覚的に捉えることができるため、一般的なオナホよりも興奮できると言われています。オナニーファンはもちろん、ゲイの方にも人気のタイプです。

今回紹介したのはごく一部であり、他にも様々な構造のハンドオナホールが存在します。構造一つで感度が大きく異なるため、オナホ選びで悩んでいる方は、色々な構造の製品を試してみることをオススメします。


文|大江セパタクロー

HAND BITCH
神奈川出張マッサージ委員会
池袋痴女性感フェチ倶楽部
プライベートボックス

このコラムを書いた人

大江セパタクロー

大江セパタクロー

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店