男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 11月 01日

1523

【体験レポ】商売っけのないHPだけど新宿の超名店「エンドレスタイム」新庄さんレポ

手コキ風俗口コミ体験レポート

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://slow-gotanda.com/
 

HGGHPVUJ.jpg

亀頭責めを中心の手コキをいろいろ渡り歩いていますが。
専門店はやっぱり数が少ないです。
だとしたら、手コキのお店でよい女性を探すことがポイントですね。

今回のお店は、新宿にあるエンドレスタイムです。

■新宿エンドレスタイム
公式ページ: http://endlesstime.fc2rs.com/
紹介ページ: http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/shop/848

手コキにはまったころ、バラエティー豊かなラインナップの女性がいて。
値段も手ごろということで通っていました。
亀頭責めにはまってからは足が遠のいていましたが、久しぶりにHPを見て思いました。

『乳首&亀頭責めのカリスマ』
お名前は新庄さんという方でした。

うたい文句はよくあるものですが、なぜか気になってしまいました。
以前利用していた当時から値段も変わらず、一見商売っ気のないHP。
そんなわけで、今回は新庄さんのレポートです。


-このレポートを読んでる人におすすめのお店-
http://www.chacha-1.com/

予約から準備まで

お店に電話すると、店員の男性が対応してくれます。
女性の指名と時間を伝えます。
指名料はなく、100分14000円。
この後利用したホテルも4000円しないので、トータルでもリーズナブルですね。

待ち合わせ場所は歌舞伎町のはずれのコンビニ前。
到着の連絡をして数分後。
女性が走ってやってきます。

「おまたせしました」
来た女性は40前後ぐらいの、主婦のような女性です。
スレンダーでほんわりした話し方の新庄さんは、それだけで期待感たっぷりです。
ドSなタイプではないかなあと、ふと思うのでした。

近くのホテルへ二人で入ると、少し雑談です。
「だいぶ寒くなってきましたね〜」
「もうそろそろ服装に迷いますね」
「そう、コートも着たらいいのか悩みます」

料金を渡すと、シャワーを用意してくれますので体を流しに行きます。
シャワールームはすりガラスで新庄さんが動いているのがうっすら見えます。
照明が暗めに落とされ、ドキドキしながら部屋へ戻ると、黒い下着姿で迎えてくれます。

最初の印象通り、スレンダーですが胸も女性らしい感じ。
ベッドの用意もしてくれていて、準備万端です。

始まり〜亀頭責めへ

雑談の中で亀頭責めが好きであることは伝えていました。
「まずは軽くだけマッサージしますね〜」
裸でうつぶせに促されると、新庄さんはそっとタオルをかけてきます。

きゅっと、首から背中をもみほぐされる。
的確で力強く、その手が腰から足へ降りてきます。
「マッサージの仕事をしてましたから」
その施術にも納得です。

一通りほぐされると、新庄さんはタオルを取ります。
そうして指がそっと伸びてきて、首筋から背中を指先で撫で上げてくるのです。

「う、んーー」
ぞくっとするフェザータッチに、ぶるっと震えます。
構わず新庄さんの指先は背中から脇までうごめいている。
くすぐったくも甘い快感が、体をぞくっとさせるのです。

「ふふ、気持ちいいですか?」
指先で優しく愛撫されると、体をくねらせてしまいます。
さわさわと指が体を這いまわり、背中を撫でるとその快感が一層強くなる。
思わず体をのけぞらせて、「ああっ」と喘いでしまいます。

新庄さんの指は、肌を舐めあげるようにうごめくと、次第に下半身へと向かいます。
お尻を撫でて、さらにその下へ。
太ももの付け根を撫で上げると、かすかに玉を撫でます。

「うぐ、んん」
喘ぐ恥ずかしさに声を飲み込もうとしますが、心地よさに声が漏れてしまいます。
「体がぴくぴくしてますね〜」
そうして玉への刺激を両手の指で始めます。

「んんーーー、うう・・・」
指先の刺激に、腰が浮き加減になります。
それを待っていたかのように、新庄さんの指先が差し込まれます。
玉をからめとり、焦らすように太ももを撫でる。
『もっと、奥を触って・・・』
心の声を見透かすように、指先がサオをからめとります。

「はあ、ああ・・・」
待ちに待った刺激に、サオがビクンと動きます。
両手で包まれたサオ。
その片方の掌が、亀頭を包んでいく。

先走りの汁が垂れる亀頭を、体液のみでこすりあげます。
「ここがもう濡れている〜」
そういうとぐりぐりと軽く亀頭を刺激してきます。
もう片方の手は、玉をまさぐってくる。

「あぐう、ううーーー」
うつぶせの状態ですが、腰だけがいびつに浮き上がってしまいます。
さらに強い刺激を求めて、サオが充血する。
形を確かめるように新庄さんはサオを一度ぎゅっと握ると、解放します。
「じゃあ、仰向けになってください」

はあーっと息を吐きながら仰向けになります。
「じゃあ、いよいよ責めていきますね」
新庄さんは僕の開かれた脚の間に座ると、自分の足を僕の足に載せて動けなくします。

両手にたっぷりのローションを垂らしてなじませると、玉をみゅるっと撫で上げてヌラヌラにする。
「ふぐっ、うー」
喘ぎ声に構わず、玉をぬらぬらにし終わると、再びローションを足して両手を濡らす。
その手が、サオにぎゅっと伸びてくる。

一度サオの表面全体を濡らすと、片手は根元をぎゅっと抑え込みます。
行き場を失った血液で最大限まで勃起するサオ。
その赤黒くはれ上がった亀頭を、掌で包み込みます。

ぐりぐりと、亀頭への強烈な摩擦。
ローションで緩慢にされていますが、その体液のようなぬめりが快感神経を直撃します。
「あああああああーーーーー!」
悲鳴のような声が出てしまいます。
サオの根元を絞られてそそり立たされたサオの先、敏感な亀頭が柔らかい手の肉で押しつぶされます。

レバーを握るように、ぐりぐりと亀頭を責め立てる。
亀頭に火が付くように熱い快感がほとばしり、腰まで快感が突き抜けます。
「あああぐぐぐぐぐぐぐーーーー」
腰に響く刺激に、思わず腰を突き出しますが、さらに新庄さんの手に擦り付けるだけです。
さらなる快感に一瞬で頭が真っ白になります。

亀頭をまさぐる手が、今度はピストン運動。
亀頭だけを、巧みにピストンしてきます。
じゅぷじゅぷと卑猥な音が響き渡ります。
「ぐぐ、熱い、熱い!!」
「おちんちん感じてるんですか? ふふ、変態ちんぽ」

むっちゅむっちゅと亀頭をピストンされ続けると、腰が止まりません。
本能的に腰を振りあげ、手で作られた穴に深々と突き上げてしまいます。
強烈な快感ですが、亀頭だけの刺激では簡単に行けません。

新庄さんは僕の姿をちらちら見ながら、怪しい笑みを浮かべます。
優しいドS。そんなところでしょうか。
「ふふ、こんなに腰をふっちゃって」

さらにはサオを自分の方へ倒し、そそり立つ方向からいびつに曲げます。
軽い苦しみのような感覚ですが、新庄さんの手が今度は逆手に絡みつきます。
ぐりぐりと、ねじりあげるような動き。
その苦しみがスパイスになったように、先ほど以上の強烈な快感です。

「あああああああああーーー」
ぐりぐりと亀頭をねじりあげられると、内臓まで響くような快感です。
感じている様子を見て、手は止められません。
サオを捻じ曲げられているので腰を動かすこともできず、快感に狂わされます。

時間の感覚が飛ぶほどの快感に、じっとり額に汗をかきます。
どのくらいの時間ねじりあげられたのか。
サオを解放すると、今度は両手でサオ全体を包み込みます。
両手でのサオ全体をピストンするのです。

「あぐーいいいーーー!!」
「はは、また腰動かしちゃって、変態!」
腰を再び狂ったように両手の濡れた穴に振りあげます。
騎乗位で責められるようにしているのが、理性を焼き溶かします。
感じることしか考えられず、振り上げ続けてしまいます。

何度か、仰向けの体勢でこの責めを繰り返されると、新庄さんが言います」
「じゃあ、四つん這いになってください」

はあはあしながら言われるとおり四つん這いに。
そうすると新庄さんは僕のお尻とサオを見る位置に体を寄せます。
そうして、濡れた両手を股に差し込んでくると、片手でサオの根元を抑えます。

この体制での亀頭責め?
そう思うが早いか、もう一方の手が亀頭をまさぐります。
ぐりいっと、濡れた手が亀頭をひと撫でする。
「ぐうっ!」
角度が変わってこれまた強烈な刺激。

新庄さんの掌が、後ろから亀頭を摩擦してきます。
じゅるじゅるとローションで滑らかになった刺激が与えられる。
「ぐうううううー、いいーーー!」
「ふふーやらしいちんぽ!」

新庄さんは僕の背中にもたれるような体制になると、腰の横から手を差し入れてきます。
角度が変わってぐりぐりと亀頭を刺激されると、その甘ったるい刺激に腰を突き上げ、両手に力が入らなくなる。
「あーー気持ちいいーー」
頭をベッドに伏せるようにして、腰だけが浮き上がった状態。
亀頭はねじりあげるように掌の肉で刺激されています。

「はうっ、うう・・・」
思わず腰を突き上げますが、新庄さんの体で止められます。
じゅぷじゅぷと差し入れられた指先で亀頭がねじりあげられる。
さらに手の形を変えて、後ろからピストンの刺激を与えられる。

よだれが垂れそうになるほど、声をあげて喘ぎ続ける。
その刺激が強すぎて、窮屈な体制なのに湧き上がってくるものを感じます。
「いっちゃう!」

新庄さんは一度亀頭を解放しますが、角度を変えて再びとらえてくる。
腰に響く快感。
「ぐああああああーーー!」
亀頭責めでの寸止めです。
射精感が遠のき、再び内臓を触られるような快感。

再び新庄さんは体を放すと、今度はサオをぐっと後ろに引き出す。
しっぽのようになったサオを片手で抑えると、その先っぽをつかんでねじりあげる。
カリ首から先の、亀頭だけが掌に隠れてねじるようにぐりぐりと刺激される。

「ああああああーーーーーーーーー!!!」
亀頭だけで魂を取られそうな快感の爆発。
悲鳴のような喘ぎ声をあげますが、新庄さんの手は止まることなく刺激してきます。
「ふふ、感じてるー」

優しくも強い刺激。
亀頭の粘膜を舐るように責め続けられます。
顔をあげて四つん這いの体勢の下から除くと、生き物のように亀頭をむさぼる掌が。

そのままひたすら引き出された亀頭をねじりあげられる。
「熱い、亀頭が熱い!」
「あつあつねー」
「解けちゃう!」
「大丈夫、こんなに固くなってるから!」

永遠ともいえる時間を、四つん這いの体勢で角度を変えて絞られ続けるのでした。

フィニッシュ

その後、仰向けと四つん這いをさらに一度ずつされます。
背中にはじっとり汗をかき、何度もいきそうになりながら寸止めです。
新庄さんは僕の汗や滴り落ちるローションも気にせず、密着しながら責め続けます。

そうして再び仰向けへ。
何度目かわからないいびつに曲げられたサオの先の責め。
新庄さんは自分の方へ曲げたサオをじっと数十センチの距離で見つめて、亀頭をぐりぐりと責め立てます。

「あぐーーううーーー」
両手でピストンしてくると、快感で疲れているのが嘘のように、本能に任せて腰を振りあげてしまいます。
さらにはねじりあげるような動き。
息も止まるような快感が腰を貫きます。

しかし、何度もの寸止めで限界を超えている亀頭が悲鳴をあげます。
「あぐぐ、ううーーー」
「そろそろいきたい?」

その質問を待っていたように答えます。
「うん、いきたい!」
ぐりぐりという動きから、新庄さんは手の形を変えて亀頭をピストンしはじめます。
片手でサオをそそり立たせて。
じゅぷじゅぷと卑猥な音を立てます。

ピストンは激しくなり、亀頭の限界を超えた刺激が、そこにたまったものを押し上げてくる。
じゅぷじゅぷという音の先に、上がってくるものを感じて、腰にぎゅっと力が入る。
「いっちゃう!!」

それでも止まらない亀頭をピストンする手。
その手が亀頭の先を覆って刺激すると。。。

ドクン、ドクン。
熱い液体が吹き上げますが、亀頭を覆っている手で押しとどめられます。
それでも手は止まりません。
亀頭を精液のローションで刺激し続けます。

ドクン、ドク、ドク。
ローションに混じり、白い体液で亀頭をこすられ続ける。
ほとんど精液は流れ出ましたが、手は止まりません。

「ああ、あああああーーー!」
新庄さんは怪しい笑みのまま、亀頭をまさぐり続けます。
すべて吐き出したのに熱い亀頭。

「ぐあああああああーーーー!」
その喘ぎ声も飲み込まれて、最後まできつい快感を与えられたのでした。

総評

終わった後も、新庄さんは腰をふき取った後、足をマッサージしてくれました。
突っ張っていた足は筋肉痛でしょうが、少し軽減しそうな気がします。

その後シャワーを浴びて一服した後、一緒にホテルを出て終了です。
不思議なことに、あれだけ感じさせられたのに疲労感よりも満足感がたっぷりです。
その心地よさのせいか、まだもう一度搾り取られても対応できそうな下半身。
かえって思い出して、再び自分でしてしまいました。。

エンドレスタイムは専門店ではありませんが、全体的にレベルは高いです。
値段もこの界隈でも相当安い部類に入るでしょう。

今回の経験は、亀頭責め◎、マッサージ◎。
値段も◎ですね。

何度も経験したくなるカリスマの亀頭責め。
満足度100点の経験でした


体験レポート エンドレスタイム|読者投稿 :久保


この体験レポートは当サイトユーザーから投稿された口コミ体験レポートです。感想は投稿者の主観になりますので、興味がある方は是非ご自分でお確かめください。

■体験レポート一覧
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/tag/2



手コキ風俗マニアックスでは、ユーザーの皆さんからの口コミ体験談を募集しています!

■投稿フォーム
https://goo.gl/forms/kwnZ8zBBKKp6xgaG3

投稿されたレポートはサイトに掲載いたしますが、特に参考になる口コミ体験談は、「ライターコラム」コーナー( http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/new-list-blog)にも掲載される場合がございます。ライターコラムにハンドルネームで掲載された場合は謝礼が発生いたします。

お気軽にご投稿ください!

世界のあんぷり亭
名古屋性感回春エステ エルミタージュ
イマジン東京
プライベートボックス

このコラムを書いた人

手コキ風俗口コミ体験レポート

読者様から投稿された手コキ風俗の口コミ・体験レポートを掲載しています。

手コキ風俗口コミ体験レポート

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店