西川口マーメイド 男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 09月 21日

15820

【体験レポ】公式HPが謎すぎる五反田亀頭磨きの名店『もしもし亀よ亀さんよ』いずみ嬢レポ

手コキ風俗口コミ体験レポート

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://pochafuzoku.com/yokohama2/
 

YTGGZWLZ.jpg

手コキの風俗は、かなりたくさんのお店があります。
しかしその中でも、亀頭責めに特化したお店は少ないです。

調べていく限りでは、五反田に4店舗ほど。
それ以外の地になぜ無いかはいまだ謎です。

その4店舗の中でも今回利用したお店は、一番新しいです。


-このレポートを読んでる人におすすめのお店-
http://www.imagine-tokyo.com/

もしもし亀よ亀さんよ

公式ページ: http://gotanda-kitou.com/
紹介ページ: http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/shop/447


亀頭責め専門店4店舗は比較的それぞれが印象的です。
その中ではある意味一番わかりやすさを押している感じですね。

お店へ連絡すると、待ち合わせはホテルの前を指定されます。
ホテルを予約してくれるのでありがたいですね。
値段も比較的安価なので、そういう意味で安く利用できます。

そうしていると、スマホに連絡が入ります。
嬢からの連絡を受けながらホテルを覗くと、嬢が現れます。
名前はいずみさん。お店のプロフィールだと43歳と書かれていますが、年齢はおおむね間違いないでしょう。

ZWMPPEZF.jpg

http://gotanda-kitou.com/profile?lid=6


スレンダーなタイプで、陰のある人妻といった雰囲気です。
「こんにちは〜」と、優しい感じの声で、会話をエスコートしてくれます。

今回の利用は80分で通常13000円のところを割引1000円で利用です。
不思議と亀頭責め店は値段もリーズナブルなところがありがたいです。

ホテルに入りシャワーを浴びてくると、いずみさんがスケスケのコスチュームで待ち構えています。
このお店のスタンダートスタイルで、乳首もあそこも丸出しの、かえって裸よりいやらしく魅せてきます。
服を脱ぐとスレンダーなスタイルが際立ちますね。
43歳という年齢ですが、肌の張りがあり、お尻はきゅっと締まっていて好印象です。

さて、シャワーを浴びてベッドへ横になると、両手両足が大の字で拘束されます。
このお店の拘束は紐で手首を太ももに固定するタイプがありますが、今回は体を一切隠せない体勢での拘束。
足が開かれた間に座り、いずみさんがサオと玉をいじります。
そうして、サオと玉をひもで器用に縛るのです。
サオと玉の拘束で血流がコントロールされるのか、激しく勃起しています。

プレイ開始

いずみさんは、私の足の間に座ると、手にローションを垂らしてよくなじませます。
「ゆっくり責めていくねぇ」というと、濡れた指先で玉を撫でるのです。

「う、うう・・・」
思わずうめき声が出てしまいます。縛られて感度もあがっているのかな?

その間にもいずみさんの手が玉を撫でながら、少しずつ上がってくる。
サオを濡らしてくると、そのまま亀頭を包み込んでくる。
甘ったるい感触で、手でなめとられているようです。

腰をぷるぷると震わせていると、「敏感になっているね!」と嬉しそうに怪しく微笑みます。
そうして亀頭を包み込んで、ちゅぷちゅぷと擦りあげてくるのです。

「ああ、ううーーー」
お腹にずんと響く辛いほどの快感。
くちゅくちゅといずみさんの手が亀頭を這いまわってくると、思わず腰を突き出してしまいます。

「気持ちいい? 気持ちいいの?」
そう微笑みながら、亀頭を両手でピストンするようにつかみあげて上下させます。
亀頭からサオへ降りてくる強烈な刺激が、全身をびりびりと震わせるのです。

いずみさんは責める位置を変えるため、僕の太ももに座ります。
そうするとむき出しのあそこが触れてくるわけで。
その興奮を楽しむ間もなく、亀頭がねじりあげるように刺激されます。

体を震わせて暴れそうになりますが、両手両足が拘束されているので動けません。
「あっぐ、うーーー」
「はは、気持ちいいのぉ」
今度は亀頭を圧迫するかのように、揉みしだくような刺激。
腰を快感に突き出しますが、いずみさんの手に押し付けてさらなる快感を与えてくるのです。

これだけの快感ですが、亀頭責めの快感は簡単に射精に結びつかないのですね。
それをわかってかいずみさんは手首をくねらせて亀頭を擦りあげてくる。
僕は快感にのたうち回って、「あぐ、ううう!」とうめき声をあげるだけです。

そんな快感をひたすら大観させてくれた後、いずみさんは僕の胸の上に背中を向けて座ります。
いずみさんのあそこが胸へ張り付き、ほとんど完全むき出しのきれいな背中とお尻が向けられます。
そうして今度は責められ方が見えない亀頭責め開始です。

「ああ、いいーーー」
ぞりぞりと亀頭が責められているのですが、見えないので次にどんな快感が来るのかわかりません。
いずみさんは片手をうしろへ回すと、僕の乳首をぐりぐりといじめてきます。
もう一方の手はそのまま亀頭を嬲るように、激しく刺激してくる。

「うぐぐぐ、うう!」
いずみさんはふふっと笑うと、両手で亀頭をピストンしてきます。
じゅぽじゅぽといういやらしい音が室内に響きます。
激しい快感に思わず逃げたくなりますが、拘束されていて、快感の奴隷となるだけです。

激しい責めにハアハアと息を切らせていると、いずみさんは胸から降りて、体を寄せてきます。
そうして私の乳首をじゅるじゅると柔らかな舌と唇で卑猥に吸い建てます。
「きもひいい?」

亀頭は手で責められたままです。
乳首をレロっと舌でなめとられるのが見え、亀頭を責める音との2重奏に頭がおかしくなりそうです。
敏感な二つの突起を同時に責められて、体をくねらせますが、拘束されているのがもどかしい。

ひたすら二つの快楽神経を責められる。
乳首を舐められて亀頭をまさぐられて。
それでも絶頂へは行けない。
イケない快楽をひたすら楽しんだのでした。

フィニッシュ

そうしてようやく拘束が解かれます。
「四つん這いになろうか」
言われるがままに僕は四つん這いの体勢を取ります。

いずみさんは僕のお尻に体を押し付けるような体制で、股の間に手を差し込んできます。
そうして玉とサオを両手で握りしめ、たっぷりのローションを垂らした両手の感触を与えてきます。

そのまま亀頭を両手でまさぐってくる。
しかし先ほど以上に強い快感でじゅぷじゅぷと責めてくるのです。

「あぐぐ、いい!」
「ふふ、気持ちいいの?」

じゅぷじゅぷと亀頭を両手でまさぐってくる。
そうしていると、湧き上がってくるものが。
「いっちゃう!」

「まだ時間あるよ」
そういってなかなかいかせてくれません。
すでにさんざん寸止めのごとく快感を与えられているので、激しく吐き出したい気持ちになるのです。
『ああ、いかせて!』

「いっちゃう!」
「まだまだぁ」
そういいますが、寸止めされるごとに高まってくるものが。
「ああ、だめ!」


いずみさんの両手がぐりっと最後のひと押しを亀頭へ伝えた瞬間。

どっぷ、どぷん。
白い液体を四つん這いの体勢で吐き出しているのでした。

「ああ、刺激が強すぎたね」
そういっていずみさんはすべて絞り出すようにサオを根元からしごきあげます。

「う、うう!」
射精後で敏感になった亀頭を触られて、その直後の責めに体を震わせるのでした。

総評

値段、テクニックと考えると、とても満足した経験でした。
ホテル代を入れても16000円程度で、十分すぎますね。
亀頭責め自体が楽しめる人とそうでない人が分かれるらしいですが、自分にとっては大切なお店になりそうです。

もちろん、再度の訪問をしたいと思っています。


体験レポート もしもし亀よ亀さんよ|読者投稿 :久保


↓↓↓マニアックスライター陣がネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

HAND BITCH
ももいろCLUB
プライベートボックス
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

手コキ風俗口コミ体験レポート

読者様から投稿された手コキ風俗の口コミ・体験レポートを掲載しています。

手コキ風俗口コミ体験レポート

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店