男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 03月 24日

6429

AVカメラマンの乱交パーティ潜入ルポ

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://relaxia1.com/kurashiki/
 

XFRRXREA.jpg

シリーズ「タツオのAVのぞき見隊」

元AVカメラマンの工藤タツオが撮影現場で見たおもしろエピソードをお届けするコラム

❑タツオのAVのぞき見隊のまとめ
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/tag/22

AVの企画モノで、乱交パーティ風のビデオはたまにあるが、本物の乱交ビデオが出ることはまずない。

しかし、一度だけ本物の乱交パーティビデオが流出したことがあった。

それを撮影したのは、僕の知人でカメラマンのA氏。

業界にありがちな話

A氏もAVカメラマンだけど、彼はテレビのグルメ番組なんかの撮影もやっていた。

業界によくある話で、テレビの仕事だけでは食っていけないから、AVも撮っていた。

当時は、テレビのカメラマンでもこういう人が結構いたよ。
いろんな人がいて面白かったっけ。

特に、年配のカメラマンはみんなフィルム上がりでさ。

フィルム上がりって、要するにビデオではなく、テレビでもフィルムで撮影していたってこと。

最近のテレビドラマはほとんどビデオだけど、昔はアクション物や時代劇は必ずフィルムで撮っていた。

ビデオよりフィルムのほうがシャープに撮れるから、やっぱり迫力が違う。

フィルムのほうが「画面に厚みがある」なんて言ってたな。

そういうフィルム上がりの人は、何から何までこだわりが違っていた。

いろいろ面白いエピソードがあるけど、そういう話は、また機会があれば書くことにする。

A氏の乱交パーティ参加の目的

A氏に話を戻すね。

彼は、趣味で乱交パーティに参加していた。

乱交パーティには単独で参加するものと、カップルで参加するものがあるらしい。

単独で参加するほうは、主催者が女の参加者を用意している。

つまり、仕込みってことだ。
その分、料金も高くなる。

乱交パーティにも面白い話があるから、また今度書くことにする。

ちなみに、A氏はどっちのタイプの乱交パーティにも参加していたらしい。

A氏はあるとき、参加した乱交パーティに、家庭用のビデオカメラを持ち込んだ。

そして、
「撮影テープをダビングしてみんなに配る」

という名目で、参加者全員に撮影することを了承してもらったそうだ。

しかし、A氏の本当の目的は、乱交パーティの映像をAVビデオにすることだった。

つまり、流出だ。

みんなの了解を取ったA氏は、堂々と撮影することができた。

プロのカメラマンが撮った、本物の乱交パーティの映像はすごかったぞ。

企画モノの乱交とはまるで別物だ。

A氏は、その迫力満点の乱交映像を制作会社に持ち込んで、ビデオ化して販売したんだ。

だましたA氏の末路

もちろん、出演者の顔にはモザイクを入れてある。
A氏は、これに味をしめて何度も乱交パーティを撮影したらしい。

そして、ある時不審に思った乱交仲間から問いただされて、流出がばれてしまったんだ。

仲間がおかしいと思ったのは、A氏がいつも無料で全員にダビングしたテープを配っていたからだ。

10人以上いるメンバーに、毎回タダで配るんだからね。
どう見ても気前がよすぎる。

最初は無料で喜んでいたメンバーたちも、しだいに疑いの目を向けるようになった。

なぜ無料なの?
どこでダビングしてるの?
撮影した元テープはどうしたの?

矢継ぎ早に質問され、やばくなったA氏は姿をくらました。

僕はA氏のことを知人と言ったけど、単なる顔見知り程度だから念のため。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)

名古屋M性感ルーフ倶楽部
快楽天国・スローハンズ
池袋痴女性感フェチ倶楽部
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店