男性機能鍛錬道場 マーガレット 名古屋水着密着回春エステ ステージ4

2016年 03月 04日

2153

【はみだし商社マン第7話】ヤクザが会社にやってきた!帰国後に入った不動産会社の倒産劇。

チリペッパー小田

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://fukuoka.slow-hand.jp/pc/top.php
 

YVSVXUVN.jpg

シリーズ連載「はみだし商社マンの破天荒人生」

あり得ないほどの破天荒さで綴る、元一流商社マン、超ポジティブライターの自由すぎる人生。バブル期からホームレス期をメキシコでの11年の生活で経験!犯罪に巻き込まれて逮捕あり、帰国後は絶頂の大金持ちから地獄へ直行。笑いと涙の人生。

❑シリーズはみ出し商社マン記事一覧
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/tag/85

❑前回までの話し
【はみだし商社マン第6話】さよならメキシコ、犯罪者の街フアレスから命をかけた国境越え
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/116956

帰国直後いきなりのフルーフォール~バブル全盛期六本木の商社に入社~そしてまさかの暴力団乱入倒産

決死の覚悟でなんとか日本に舞い戻った私。

ちょうどそのころの日本はバブルが始まったばかりでしたので、生活していくための仕事探しは実に簡単でした。そのころにはメキシカンDNAが大量に注入されていた私。自由奔放な生き方は確立されていましたので、サラリーマン大国の日本でもそのスタイルを変えるつもりは一かけらもありませんでした。

そんなバブルの真っただ中で人生をおう歌していた私でしたが、「いきなりそれかい!」という事件に巻き込まれるこまれることに・・・

バブル全盛のころM商事の職歴は「ゴールドの免罪符」、選んだ会社は六本木の商社

自分自身がサラリーマンに向いているとは、まったく思っていませんでしたが、食べるためには仕方がありません。見た目の人当たりの良さや、人の心を読んで「他人から好かれる私」を演じるのはお手のもの、過去の経歴を生かして小さな会社ですが不動産会社に就職することにしました。

JDMVCDDC.jpg

▲ちょうどこの明治屋の裏にその会社はありました

当然ながら私が選んだのは規模は小さくても、「わがまま勝手」が一番しやすそうな会社です。ちょうどその条件を満たす会社を見つけることができました。六本木の明治屋の裏に本社を構える、「岡崎興行」という不動産を中心に扱う会社です。海外にも支店をおいて、貿易事業を拡大していく事業部で求人をしていたわけです。

私自身メキシコでは、M商事の社員であったことに感謝の気持ちなど持ったことなどありませんでした。ところが面接に当たって、履歴書の項目にこの超大手商社の名前を書くだけで、まるで水戸黄門の印篭のような効果を発揮したわけです。英語やスペイン語にも問題ありませんし、貿易実務の経歴も十分です。向こうからすればのどから手が出るほど欲しかった人材に見えたはずです。

もちろん即決で採用が決まりました。仕事さえできれば女にだらしがない、人の言う事を聞かない自由人でも問題はありません。そして仕事の初日から思うぞんぶん自由奔放さを発揮した私でした。

海外自由出張、会社のゴールドカードでマカオ遊び~社長秘書との不倫。さっそくの金、女、ギャンブル浸りの幸せな自由人の日々

その会社の社長はジャガーを乗り回す、まさに不動産バブル全盛期を代表するような人物でした。人に好かれるための演技は私の得意技です。直属の上司である部長などを飛ばして、すぐに社長のお気に入りになることに成功しました。

その会社の海外事業部門は、香港、フィリピン、そしてタイに支店を持っていました。M商事に比べればちっぽけな会社です。とにかくトップダウンの「ツルの一声」的な不動産会社でしたので、そのツルにさえ気に入られれば、「チリは別格」という社内の空気を作り出すことは簡単でした。

海外事業といっても具体的にまだキチンとした商取引も始まっていない状態。私の上には一応「部長」の肩書きを持つ人物がいましたが、とても温厚な方で、私が何を言っても「ノー」ということはありませんでした。そうなればこっちのものです。特に用事もありませんでしたが、まだ取引きも始まっていない海外のクライアントとアポを取って「勝手に海外出張」を繰り返すようになっていきました。


もちろん会社名義のゴールドカードを持って行きますので、あとはもう私のやりたい放題です。まずは香港に飛んで、そこを起点としていろんな国に行くわけですが、ほとんどが女遊びやギャンブルのための出張でした。

AIPGGRJE.jpg

▲ まずは香港で美味しい中華を味わうのが楽しみでした

NQDOFCZL.jpg

▲香港と言えば毎回訪れていたマカオ

当時の社長の秘書を務めていたのが、アラサーのきれいな女性でした。今でもしっかり覚えています。入社した日から、彼女は当然私のターゲットとしてしっかりロックオンされていたのは当たり前です。そして一ヵ月後には不倫関係に・・・彼女は既婚者だったのですが、メキシカンな私には関係ありません。

この時は本当に「きっと天国はこんなところに違いない」とまで思ったほど、自由気ままな、一般では絶対にありえないサラリーマン生活を送っていたわけです。

何故かここでも「現金運搬係り」に指名されたワタシ

不思議なもので、人から信用されるような演技ではだれにも負けない私です。別に私は人をだますような悪人ではありませんので、その点は誤解しないでください。(笑)演技という言葉が適切でなければ「人生の立ち回りがうまい」、要領のよさでは人並み外れた能力を持っているようです。

半年もするとなぜか社内の経理の責任者から、銀行へ行って現金を持ってくる役を頼まれるようになりました。なんといってもバブル全盛期です。「ちょっとお金をおろして来てくれる?」そのちょっとが、毎回千万単位なわけです。ほとんどが 5千万でしたので、まるでメキシコ時代にやっていたことと同じです。自分でもなぜか笑ってしまうような偶然です。

❑【はみだし商社マン第3話】賄賂5,000万円を持ってメキシコ税関を突破!エリート商社マンの裏仕事
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/91877


GBJGKKAE.jpg

▲私が通いつめた六本木のMS銀行

同じ六本木にあるMS銀行まで歩いて行くわけですが、一人でそれだけの大金を持ち歩くのは気持ちのいいものではありません。任せる方の会社もどうにかしていたと思います。普通なら安全性を考えて少なくとも二人で行くでしょう。それだけ金銭感覚がマヒしていた時代であり、会社だったのかもしれません。

ある朝「全てが10分で崩れ去った」日本で一回目のフリーフォール!なんとニュースステーションのトップで久米さんがうちの会社の名前を連呼!

そんなパラダイスのような会社での生活を楽しんでいた私ですが、「すべてが消え去る」日が本当に突然やってきました。出社すると席に座っている人はだれもおらず、社内全体が混乱していました。

そこに顔を出した副社長の一言は今でもはっきり覚えています。

「ヤクザがくるからみんな10分以内に帰れ!!!」

その瞬間社内にいた全員が固まってしまいました。もちろん私も同じです。全く状況も把握できないまま、「もうヤクザがこっちに向っているから!」ただそのの言葉だけを繰り返す副社長でした。その時に感じたものは恐怖心以外何もありません。下手をすると命まで狙われかねない、そのくらい殺気を帯びた雰囲気でしたので、そのまま会社を飛び出すしかなかった訳です。

もちろん社長の姿はありません、すでに身を隠していたのでしょう。会社から出る時に副社長が独り言のように「銀行にだまされた」と言っていたのを今でも鮮明に覚えています。

それにしても日本に戻っていきなりの特大「フリーフォール」です!
分かりやすく言えばその瞬間から無職になったわけですから、さすがのポジティブ超人の私でさえ何を考えていいのかもわかりませんでした。

そして家に帰ってニュースを見ると何とあの「ニュースステーション」のトップニュースでうちの会社の映像が流れているではありませんか!!久米さんが解説をしていましたが、千億単位の負債を抱えているというから驚きです。まあ全国ネットの有名ニュース番組で流れるくらいですから、相当な規模の倒産だったのでしょう。

そしておカネが回らなくなったので、グレイゾーンのところからの借り入れも相当あったにちがいありません。

そんなことよりいきなり振り出しに戻ってしまった私の人生、また新しいさすらいの旅が始まってしまったわけです。


文| チリペッパー小田



ご自分の書いた記事を当サイトに掲載してみたいと思った事はありませんか?

テーマはなんでも結構です。風俗ユーザーとして、風俗嬢として、風俗店スタッフとして、または風俗とは関係なくても様々なコラムを掲載いたします。下手くそでも大丈夫です!公式ライターさんもみなさん最初は素人ライターでした。

■コラム投稿フォーム
https://goo.gl/forms/r1W8LPL8ZZtT2ii03

何度も面白いコラムをご投稿くださる方には、報酬の発生するライター登録をお願いさせていただく場合もございます。お気軽にご投稿ください!



手コキ風俗マニアックスでは、ユーザーの皆さんからの口コミ体験談を募集しています!

■投稿フォーム
https://goo.gl/forms/kwnZ8zBBKKp6xgaG3

投稿されたレポートはサイトに掲載いたしますが、特に参考になる口コミ体験談は、「ライターコラム」コーナー( http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/new-list-blog)にも掲載される場合がございます。ライターコラムにハンドルネームで掲載された場合は謝礼が発生いたします。

お気軽にご投稿ください!

HAND BITCH
男の潮吹き専門店 五反田回春堂
イマジン東京
池袋痴女性感フェチ倶楽部

このコラムを書いた人

チリペッパー小田

誰もが羨む総合商社に入社するも、駐在先メキシコにて嫌気がさして退職。トラブルからメキシコ司法に追われる身となる。帰国後、風俗・AV・ダイヤルQ2・出合い系・催眠術とあらゆる裏ネタを仕事にしたために、絶体絶命の窮地を何度も迎えるもなぜか毎回生き返る不死鳥なオヤジ。

チリペッパー小田

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店